<受験生応援>都内受験のホテルの選び方と人気の宿泊プラン | 東京のホテルならホテル椿山荘東京。【公式サイト】

【コラム】ホテルの時間

<受験生応援>都内受験のホテルの選び方と人気の宿泊プラン

適度な緊張感を持ちつつも、リラックスして迎えたい受験本番。宿泊するホテル選びは慎重に行いたいものです。東京の大学を受験する受験生とそのご家族の皆さまに役立つ、「ホテル選びのポイント」と人気の宿泊プランをご紹介します。

目次

  • 1.東京都内の受験に適したホテルと選び方
  • 2.「立地」「快適さ」「安全」が重要
  • 3.「ホテル椿山荘東京」が受験生に選ばれる理由
  • 4.受験生応援ステイプランの内容
  • 5.各大学へのアクセスと交通の便(早稲田大学・東京大学・学習院大学ほか)

1.東京都内の受験に適したホテルと選び方

  • 受験生にとって、受験当日はこれまでの努力の成果を発揮する重要な一日。受験校へのアクセスに便利なホテルに前日入りして宿泊することで、当日の移動がスムーズになり、心にもゆとりが生まれるでしょう。

    「都内で受験する場合におさえておきたいホテルの選び方とは?」

    長年にわたって受験生の皆さまをお迎えしてきた経験から、そのポイントをご紹介します。地方にお住まいの受験生とそのご家族のみならず、関東圏の方々もぜひご参考にしてください。

2.「立地」「快適さ」「安全」が重要

  • 多くの大学を有する東京都内では、条件のよいホテルを年内から探しはじめる方が多く、人気のホテルから予約が埋まっていきます。とはいえ、安心して受験日を迎えられるよう、宿泊するホテルは慎重に選びたいものです。

    とくに、東京都内で受験する場合、受験生のホテル選びは次のポイントを参考にするとよいでしょう。

  • ・場所・立地
    受験生が宿泊するホテル選びでいちばん重要な条件は、「試験会場へのアクセスのしやすさ」です。東京都内は交通網が複雑に発達しているため、使い慣れていないと乗り換えや移動がスムーズにいかないことも。とくに、東京以外から訪れる受験生は、不慣れな場所ということもあって戸惑うかもしれません。そのため、ホテル選びでは、受験会場まで徒歩圏内、または乗り換えなしで電車もしくはバス移動できる場所というのがおさえておきたい条件となるでしょう。

    東京都内や近隣の地域にお住まいでも、自宅から受験校までの移動に時間がかかる場合や、家族と離れて落ち着いた環境で過ごしたい場合、受験会場から近いホテルに前日入りすればリラックスできます。また、ホテルから受験会場までタクシー移動できる距離であれば、多少の天候不順や交通機関の乱れがあっても安心です。

    ・快適さ
    受験生のホテル選びでは、「快適さ」も重要なポイント。受験生だけではなく、そのご家族にとっても、受験日は特別な日です。受験日まで、できるだけ心身ともにストレスが少ない環境で過ごしてほしいと願われることでしょう。便利な立地にあるホテルでも、駅や繁華街に近すぎると騒音が気になることも。「騒音で勉強できなかった」「緊張で眠れなかった」といったことがないよう、ホテル周辺の環境にも注意しましょう。

    また、室内の快適性も見逃せません。ホテルによっては、室内設備(デスクや椅子、照明など)が学習に向かない場合があります。とくに、ホテルの客室の照明は、あえて暗めに設定されていることが多いため、デスクライトの貸し出しがあると便利です。翌日の受験に備えて、快適な睡眠が得られるベッドやリラックスできる環境が整っているとよいでしょう。そのほか、ご家族からの連絡や情報をチェックしやすいよう、部屋でWi-Fiが使用できるか確認しておきましょう。

    ・食事(朝食)
    ご家族にとっては、受験生の食事も気がかりな点のひとつ。試験前に頭と体にしっかりと栄養を届けるためにも、朝食は大切です。朝食付きの宿泊プランであれば、朝食を購入する手間も省けて、朝の貴重な時間を無駄にすることがありません。朝食を食べ損ねる心配がないため、ご家族も安心でしょう。

    ・感染対策・安全対策
    受験生のご家族にとって、いちばんの気がかりは受験生の健康と体調管理です。とりわけコロナ禍においては、ホテルに宿泊する際にも混雑を避け、できるだけ人との接触を少なくしたいもの。受験生が宿泊するホテルでは、ガイドラインに沿った入念な感染対策は当然のこととして、受験生に向けたいっそうの配慮がほしいところです。

3.「ホテル椿山荘東京」が受験生に選ばれる理由

  • 「立地」「快適さ」「安全」を兼ね備えた「ホテル椿山荘東京」では、東京都内での受験に向けた「受験生応援ステイプラン」が好評で、毎年夏ごろからご予約のお問い合わせが増えはじめます。地方から受験される場合、ご家族と連泊してご利用になる方も多く、主に次の3点で使い勝手のよさを感じていただいています。

    ①大学が点在する東京の中心(文京区)に位置している
    ホテル椿山荘東京は都心(文京区)に位置しており、公共交通機関へのアクセスも良好。都内にある多くの大学まで、電車やバス、タクシー、徒歩などで短時間でアクセスできます。

    ②広大な庭園に囲まれ、リラックスできる環境が整っている
    敷地内には庭園があります。前日にリフレッシュのために庭園散策する受験生もお見かけします。自然に囲まれた穏やかな環境のなか、学習に集中する時間、心身を休めてリラックスする時間のどちらにおいてもご満足いただけます。

    ③長年にわたるサポート実績がある
    都内の歴史あるホテルとして、これまでに数多くの受験生とそのご家族にご利用いただいてまいりました。今年度はオリジナル絵馬のプレゼントなど、受験生にリラックスしてご滞在いただけるサービスをご提供しております。

    以下に当ホテルの「受験生応援ステイプラン」について、さらに詳しくご紹介します。

4.受験生応援ステイプランの内容

  • <受験生向けの客室と設備>
    ・1名様1室/2名様1室にてスーペリアルームをご利用いただけます。「受験生応援ステイプラン」の客室にはデスクや椅子のほか、デスクライトや加湿器、Wi-Fiをご用意し、学習に適した環境を整えています。シーリー社のマットレスを採用したベッドでは、快適な睡眠をお約束。朝がご心配な方は、ご要望によって目覚ましのモーニングコールを承りますので、ご安心ください。

    <安全・安心への配慮>
    当ホテルでは、老舗ホテルとしての信頼を守るべく、安全の確保とともに感染対策を入念に行ったうえで、受験生の皆さまをお迎えしています。また、万全の体調で受験日を迎えられるよう、タクシーやルームサービスのご利用など、可能な限り非接触のご滞在となるよう工夫を施しています。

    <プランの朝食と、食事のオプション>
    プランには、受験日の朝食が含まれます。レストランでのご利用のほか、ルームサービスもお選びいただけます。人との接触を少なくしたい、部屋でゆっくりと食事を取りたいといったご要望のある方はお気軽にお申し付けください。

    また、朝食は、受験会場までお持ちいただけるランチボックスに変更できます(前日21時までのご予約が必要)。朝食とランチボックスの両方をご希望の場合には、オプションにて承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

    ご要望によって、オプションで夕食もご手配いたします。メインのお料理からお好きなものをお選びいただくプリフィクスのメニューでのご提供で、こちらもルームサービスの対応が可能です。

    <付き添いのご家族のご滞在>
    受験生に付き添われるご家族の皆さまには、ご要望によって、受験生と別室でのご宿泊も承ります。また、受験日の待ち時間にお部屋をご利用いただける、4時間からのデイユースもご用意しております。試験時間をできるだけ穏やかな気持ちでお過ごしいただけるよう、客室で楽しめるDVDの貸し出しもございますので、コンシェルジュにお声がけください。

    <受験校へのタクシー利用>
    「受験生応援ステイプラン」では、都内の受験校まで向かうタクシーのご利用を、あらかじめプランに組み込んでいます。プランのタクシー利用は往路のみですが、駅から離れた場所にある受験校への移動に便利です。人混みを回避するための安全・安心な移動方法としても、どうぞご活用ください。ご利用の前日15時までのご予約でタクシーの手配は可能ですが、万全を期すために3日前までのご予約をおすすめしています。

5.各大学へのアクセスと交通の便(早稲田大学・東京大学・学習院大学ほか)

  • 前述の通り、当ホテルは都内の各大学にアクセスしやすい恵まれたロケーションにあることから、これまで多くの受験生とそのご家族にご利用いただいてまいりました。以下、とくに移動が便利な大学について、当ホテルからの移動手段とおよその所要時間についてまとめています。

  • ・早稲田大学(早稲田キャンパス)
    早稲田大学は、当ホテルから最もアクセスしやすい大学のひとつです。都電の早稲田駅に近いエリアに位置するキャンパスであれば、冠木門(ホテルの庭園出入口)よりタクシーで5分程度で到着します。例年、近いながらも、タクシーをご利用の受験生が多くいらっしゃいます。徒歩の場合は、20分程度でアクセスできます。現在、冠木門は閉門中ですが、受験生は特別に庭園からご案内し、近隣のマップもご用意し、お渡ししております。

    ・早稲田大学(戸山キャンパス)
    西早稲田方面に位置する早稲田大学戸山キャンパスは、ホテル正面玄関よりタクシーでわずか15分程度の場所にあります。早稲田大学のように、敷地が広く、離れた場所に複数のキャンパスがある場合は、学部によってアクセスにかかる所要時間が異なるため注意が必要です。あらかじめ、キャンパスマップで受験会場の位置を把握しておくことをおすすめします。

    ・東京大学(本郷キャンパス)
    東京大学(本郷)は、ホテル正面玄関よりタクシーでのご移動が便利です。東京大学の赤門前まで20分程度で到着します。公共交通機関をご利用の場合は、バスにご乗車いただくと乗り換えなしで移動できますが、タクシーに比べると時間がかかります。バスの場合、ホテルから徒歩7分の「鶴巻町」から30分ほど乗車したのち、「本郷三丁目駅」で下車。さらに、徒歩5分で赤門前に到着します。

    ・学習院大学
    学習院大学は、ホテルのすぐ前の目白通りをまっすぐ進んだ通り沿いにあり、当ホテルからアクセスしやすい位置にあります。タクシーをご利用の場合、ホテル正面玄関より7~8分ほどで到着します。公共交通機関の場合は、バスのご利用で「ホテル椿山荘東京前」より学習院大学最寄りの「目白警察署前」まで7分ほど。下車後、徒歩約1分で学習院大学のキャンパスに到着します。また、徒歩のみで向かわれる場合は、目白通りをまっすぐ進んでいただくと、25分ほどでアクセスできます。

    ・日本女子大学
    日本女子大学を受験される方にとって、当ホテルはもっともアクセスのよい立地といえるでしょう。ホテル前の目白通りをまっすぐ10分ほど歩くと、両側に日本女子大学附属のさまざまな施設が見えてまいります。タクシーをご利用であれば、当ホテルの正面玄関から5分ほどで到着します。公共交通機関をご利用の場合には、当ホテルの最寄りの「ホテル椿山荘東京前」からバスにご乗車ください。「日本女子大」までの所要時間は5分ほどです。

    ・お茶の水女子大学
    お茶の水女子大学の受験生にとって、当ホテルは受験会場にもっとも近い宿泊施設といえます。受験当日の移動時間を少しでも短縮したいとお考えの場合には、当ホテルの「受験生応援ステイプラン」のご利用が便利です。タクシーなら所要時間は5分ほど、徒歩でも約15分でアクセスできます。

    ・その他都内大学
    タクシーのご利用時間を20~30分まで広げると、アクセスしやすい大学がさらに多くなります。受験校までのスムーズなご移動に、「受験生応援ステイプラン」をどうぞご活用ください。

    ●東京理科大学神楽坂キャンパス 約15分(タクシー、以下同)
    ●東京大学本郷地区キャンパス 約15分
    ●東京女子医科大学河田町キャンパス 約15分
    ●中央大学後楽園キャンパス 約15~20分
    ●立教大学池袋キャンパス 約15分~20分
    ●学習院女子大学 約15分
    ●東洋大学白山キャンパス 約15分
    ●法政大学市ヶ谷キャンパス 約20分
    ●上智大学 約20分
    ●順天堂大学お茶の水キャンパス 約20分
    ●大妻女子大学千代田キャンパス 約20分
    ●明治大学駿河台キャンパス 約20分
    ●武蔵野音楽大学 約30分
    ●東京医科大学新宿キャンパス 約30分

  • ホテル椿山荘東京では、冬の寒い受験シーズンも、受験生やご家族の皆さまが受験当日を安心・安全に迎えられるよう、しっかりとした感染対策を講じるとともに、細やかなサービスでリラックスできるご滞在となるよう努めてまいります。「受験生応援ステイプラン」のご予約、プラン内容やサービスの詳細につきましては、宿泊予約担当までお気軽にお問い合わせください。
    (※2021年11月現在の情報です。記載の内容につきましては、予告なしに変更になる場合がございますので、ご了承くださいませ。)

ホテル椿山荘東京会員組織~四季advantage~のご案内

レストランやご宿泊、イベントなど、季節の最新情報や会員特別限定優待をメールマガジンやダイレクトメールにていち早くお知らせします。ぜひ、ご入会くださいませ。

※入会金・年会費は不要

会員のご案内はこちらから