家族婚当日の流れとは?一般的なタイムスケジュールやおすすめの演出を紹介! | 東京の結婚式・結婚式場 ホテル椿山荘東京【公式】

二人のための結婚準備応援 For Wedding.

ご結婚を間近に控えたお二人とご家族の皆さまのために。

家族婚当日の流れとは?一般的なタイムスケジュールやおすすめの演出を紹介!

少人数で行なう結婚式のスタイルとして、家族婚の人気が高まりつつあります。しかし、家族婚はまだ認知度が高いとはいえないため、実際に参加したことがない方にとっては、どのような結婚式なのかイメージするのも難しいのではないでしょうか。
今回は、家族婚の目的や魅力をはじめ、家族婚当日の流れまでを詳しく解説していきます。家族婚の一般的なスケジュールやおすすめの演出などを把握して、最高の一日にしましょう。

目次

  • 1.家族婚で両家の懇親を深めよう!
  • 2.家族婚の流れ:所要時間とタイムスケジュール
  • 3.家族婚をより良いものにするために
  • 4.まとめ

1.家族婚で両家の懇親を深めよう!

家族婚のやり方によっては、両家の絆をより深めることができます。ここでは、家族婚を行なう目的や魅力などについて見ていきます。

◇家族婚の目的とは?
家族婚とは、家族や親族などの近親者のみで挙げる結婚式のことを指します。一般的な規模の結婚式の場合は、新郎新婦の家族や親族だけでなく、それぞれの友人や職場の同僚などもゲストとして招待します。そのため、新郎新婦が家族や親族、ゲスト一人ひとりと関わる時間はどうしても少なくなります。
家族婚であれば少人数の結婚式となるため、時間に余裕が生まれ、両家の懇親を深める機会となります。家族婚を行なう場合は、新郎新婦がかすがいの役を担い、両家を結び付けましょう。

◇家族婚の魅力
家族婚を行なうと、ほかの結婚式のスタイルを選んだ場合よりもアットホームでゆったりとした時間を過ごせます。家族婚はゲストの人数が少ない分、新郎新婦やゲストがゆっくりと歓談したり、写真を撮ったりするなどの時間を確保しやすくなります。
また、家族婚は招待人数が少ないため、引き出物や婚礼料理を用意するための費用などが抑えられます。その分、料理や会場にこだわるなど、二人の譲れないポイントに予算を使うこともできます。
家族婚の範囲は、新郎新婦の家族や親族のみとは限りません。家族婚であっても仲の良い友人を招待することは可能であるため、事前にしっかりと相談することが大切です。

◇家族だからこそ丁寧に決めたいスケジュール
家族婚は近親者で結婚式であるからこそ、丁寧にスケジュールを決めましょう。家族婚の場合、会話や会食が中心の結婚式になります。そのため、一般的な規模の結婚式で行なうような大がかりな演出を行なう必要はありません。
また、家族婚では、ゲストの顔ぶれを考えることも大切です。例えば、「祖父母など身体の自由が利きにくい親族はいるか」「お子さまはいるか」などを考慮したうえで、無理のないスケジュールを考えるとよいでしょう。
加えて、遠方から出席する親族への配慮も欠かせません。会場までの交通アクセスや開始時間の調整などの配慮することが大切です。結婚式当日に自宅まで帰るのが難しいようなら、宿泊施設の手配もしておきましょう。

2.家族婚の流れ:所要時間とタイムスケジュール

家族婚 ここでは、家族婚の一般的な流れやタイムスケジュールの一例を紹介します。

◇おおまかな家族婚の流れ
一般的な規模の結婚式と比較した場合、家族婚は全体的にゆったりとした流れになります。以下は、家族婚のおおまかな流れです。

1.受付
2.挙式
3.会食
4.お見送り

家族婚に新郎新婦の家族だけを招待する場合、受付は必要ないことが多いです。しかし、親族なども招待するのであれば、受付があったほうが良いかもしれません。受付は兄弟姉妹やいとこなど、新郎新婦と近い立場の人に依頼しましょう。また、会食からお見送りまでの時間は、2時間30分程度が目安です。会食の時間があまりに長すぎると、お子様や高齢の方は疲れてしまうおそれがあります。挙式の前後は、親族との写真撮影などが行なわれることが多いので、スケジュールにある程度の余裕を持たせておくとよいでしょう。また、司会進行役を立てておくと会食をスムーズに進められます。そして、お見送りの際にはプチギフトなどを渡しながら、お礼の気持ちを伝える場を用意するのが、一般的です。

◇お仕度からお開きまでの家族婚タイムスケジュール例
挙式を含めた家族婚プラン(当日の写真撮影あり)のタイムスケジュール例を紹介します。お仕度からお開きまでのスケジュールは、会場やプランによっても異なります。ここで紹介するプランはあくまでも一例ですが、参考にしてみてください。

〈挙式を含めた家族婚プラン(当日の写真撮影あり)のスケジュール例〉

09:00 新婦 お仕度スタート
10:00 新郎 お仕度スタート
11:00 新郎新婦お仕度上がり

二人のスタジオ写真撮影

11:30 ご列席者ご集合

親族紹介・親族ご集合写真の撮影

12:00 挙式

フラワーシャワー

12:30 集合写真撮影
13:00 受付、ウエルカムドリンク
13:30 会食開始・ウエルカムスピーチ・乾杯
14:00 ケーキカット、ファーストバイトなど
15:50 お開き~お見送り

 

会食は以下の流れで進行します。

①新郎新婦ご入場~開式、新郎新婦プロフィール紹介
家族婚に遠方から出席するなど、なかなか会えない家族や親族がいる場合は、会食時に新郎新婦のプロフィール紹介をするとよいでしょう。このとき、新郎新婦からのスピーチもあると、新郎新婦の人となりを理解してもらいやすくなります。一般的の規模のご披露宴ですと、司会者より紹介となりますが、新郎新婦がそれぞれ紹介し合うスタイルも人気です。

    ②親族紹介
    通常、親族紹介は挙式前に行ないますが、会食時にあらためてゆっくりと紹介するのも良い方法です。親御様からおひとりずつ紹介する方法とおひとりずつ自己紹介をする方法とありますので、事前にご両家でご相談ください。

    ③乾杯
    乾杯後にお食事スタートとなります。乾杯の音頭は、事前に親族に依頼しておくとスムーズです。乾杯のタイミングは、親族紹介の前に行なっても良いため、この点は打ち合わせで相談しておきましょう。

    ④歓談タイム
    お食事がある程度進んだタイミングで新郎新婦がゲストのもとへご挨拶に回られるのもおすすめです。その際にグループごとに写真撮影をするのもよいでしょう。歓談タイムでは親族の余興なども可能です。

    ⑤ケーキカット
    ケーキカットでは、ファーストバイトなどのイベントを行なうこともできます。ケーキカットのタイミングは、乾杯の前後で検討してみるとよいでしょう。

    ⑥結びの時間(感謝の手紙~花束贈呈、両家代表挨拶など)
    感謝の手紙と親御様へ花束贈呈を行ないましょう。家族婚の場合でも、家族への手紙を読んで感謝の気持ちを伝える場を用意するのがおすすめです。家族の絆を深めるきっかけになるかもしれません。最後に両親の挨拶があり、お開き・お見送りという流れになります。

    3.家族婚をより良いものにするために

    家族婚をより思い出深いものにするためには、スケジュール構成を工夫したり、効果的な演出を取り入れたりすることが大切です。ここでは、家族婚で人気がある演出を中心にご紹介します。

    盛り上がらないかもという不安を解消するために
    家族婚は家族や親族などの小規模な結婚式であるため、式が盛り上がらないかもしれないと心配する新郎新婦は少なくありません。だからこそ、スケジュール構成をしっかりと決めておくことが大切です。式場側と相談して時間の配分などを考えておけば、結婚式を滞りなく進めることができるでしょう。
    また、家族婚が楽しいものになるかどうかは、取り入れる演出によっても大きく変わってきます。どのような演出なら家族や親族が喜んでくれるかを考えて、スケジュールを立てていきましょう。

    ◇家族婚で人気の演出例
    家族婚で人気が高い演出例を5つご紹介します。

    ①ケーキカット
    ケーキカットの演出に、家族も参加してもらいましょう。例えば、お母様から新郎新婦へ「食べ収め」の意味が込め、ケーキを食べさせてあげる「ラストバイト」、お世話になった方へケーキを食べさせてあげる「サンクスバイト」などの演出がおすすめです。新郎新婦がケーキを食べさせ合う「ファーストバイト」以外の演出も、家族婚では盛り上がるでしょう。

    ②フォトラウンド
    フォトラウンドとは、新郎新婦がテーブルをまわりながらゲストと写真撮影をするという演出です。家族婚の場合、新郎新婦がラウンドしながら撮影すると、家族・親族と会話をする時間も取りやすくなります。

    ③新郎新婦の生い立ち映像制作
    家族や親族と一緒に写っている思い出の写真を使うことで、今まで過ごしてきた日々を一緒に振り返ることができます。また、映像が会話のきっかけになるなど、両家の懇親を深める手助けになるかもしれません。

    ④フラワーガール/リングボーイ
    フラワーガールとは、バージンロードで花束を持って、花嫁を先導する女の子のことです。また、リングボーイは挙式で新郎新婦が交換する指輪を運ぶ男の子のことです。フラワーガールもリングボーイも結婚式では人気の演出です。ほかに、乾杯係をあえてお子様に依頼してみるのもよいでしょう。結婚式に幼いお子様が協力してくれると、式自体がとても和やかなムードになります。

    ⑤お子様をお披露目する演出も
    授かり婚や出産後の家族婚であれば、新郎新婦のお子様をお披露目するのもよいでしょう。

    4.まとめ

    家族婚は、家族や親族を中心とした少人数で行なう結婚式です。少ない人数だからこそ、ゆっくりと交流する時間が増え、両家の懇親を深める機会となります。
    また、家族婚を盛り上げるためには、出席してくれる家族や親族に楽しんでもらえるような演出を考えることが大切です。取り入れる演出やタイムスケジュールなどの打ち合わせをしっかり行なって、幸せな一日を過ごせるよう工夫しましょう。お身内だけのアットホームな挙式をお望みなら、ホテル椿山荘東京をご用命ください。

    インスタ 幸せを発信中

    関連コンテンツ

    家族婚の魅力は演出にあり!身近なゲストならではの演出アイデア9選
    家族婚当日の流れとは?一般的なタイムスケジュールやおすすめの演出を紹介!
    ロマンチックな結婚式ならナイトウエディングがおすすめ!メリットや注意点を解説
    幸せな結婚を願う「サムシングブルー」とは?意味や上手な取り入れ方
    感謝と感動を伝えるムービー演出のいろは
    「海」をテーマにした結婚式のアイデア
    「星」をテーマにした結婚式のアイデア
    ゲストを楽しくお出迎え! ふたりらしさが光るウェルカムボード10選
    お母さまに贈る「ありがとう」の想い。おすすめの演出&アイテム集
    【最新版】結婚式・披露宴の人気演出一覧|定番からサプライズ演出まで
    アットホーム婚で伝えよう!お世話になった方への感謝の気持ち
    披露宴とは?盛大な披露宴からアットホームな披露宴まで進行例
    もう迷わない!BGMの選びかた
    もう困らない!結婚式の写真撮影
    結婚式で受付やスピーチをお願いされたときは?
    自然の温もりにあふれたラスティック・ウエディングとは?
    披露宴・二次会をさらに思い出深く!新郎新婦を祝福する「 余興 」
    いくらくらいが良いの?ご祝儀の相場を知りたい
    開放的な庭園付き結婚式場の魅力って?
    結婚式を美しく締めくくる!新郎新婦の手紙&スピーチの秘訣はこれ!
    キャンドルを使った ウエディング演出&コーディネート
    四季ごとにお似合いの結婚式のスタイルって?

    人気記事ランキング

    ハツコエンドウ ウェディングスに聞いてわかった!トレンドを押さえておしゃれなお色直しにする方法
    がらりと雰囲気が変わるお色直しは、新郎新婦だけではなくゲストのムードも一気に……
    今話題のマイクロウエディングとは?マイクロウエディングのメリットや成功させるコツを解説
    近年人気を集めているマイクロウエディングをご存知でしょうか?多くのゲストを招いて行なう……
    3密を回避!コロナ禍における結婚式の挙げ方を徹底解説
    当たり前のように行なわれていた結婚式もここ半年で大きく変化しています。ここではその変化を具体的に見ていきたいと思います。