【婚約指輪人気ランキング】ブランド別に紹介!婚約指輪の種類や予算相場について | 東京の結婚式・結婚式場 ホテル椿山荘東京【公式】

二人のための結婚準備応援 For Wedding.

ご結婚を間近に控えたお二人とご家族の皆さまのために。

【婚約指輪人気ランキング】ブランド別に紹介!婚約指輪の種類や予算相場について

結婚の証としてプレゼントされる婚約指輪(エンゲージリング)は、一生大切にする宝物のような存在。だからこそ、女性は、納得のいくステキなリングに出会いたいと考えているはずです。

この記事では、婚約指輪の予算の相場に加え、種類なども徹底解説します。どんな指輪をプレゼントしてもらいたいか考えている女性はもちろん、プロポーズを控えている男性も必見です!

数あるジュエリーブランドの中でも特に人気の高いブランドをピックアップし、ランキング形式で人気商品のご紹介もしています。ぜひ参考にしてください。
(2016年12月ホテル椿山荘東京調べ)

婚約指輪と結婚指輪の違い

最初に、婚約指輪と結婚指輪の違いについて理解しておきましょう。

◇婚約指輪(エンゲージリング)
婚約を決めた証として男性から女性へ贈られる指輪が、エンゲージリングです。結婚に際して指輪を贈る習慣は古代ローマ時代からあったと言われ、日本では戦後に習慣として定着しました。

基本的に華やかなデザインで、日常的に身につけるのに向かないデザインもあり、パーティーや会食、記念日など特別な日に身につける方が多いようです。

◇結婚指輪(マリッジリング)
結婚式の際に式場でお互いに贈り合う指輪です。婚約指輪は女性だけのものですが、結婚指輪は男女両方身につけます。

結婚の際に指輪を交換する習慣は、ヨーロッパでは13世紀には定着していたそうです。日本では大正時代に広まりました。

婚約指輪と違いシンプルなデザインで、基本的には毎日身につけるものです。

婚約指輪の予算相場はどれくらい?


これから婚約指輪を準備する方は、予算の相場が気になるでしょう。実際どれくらいなのか、調査レポートから解説します。

◇婚約指輪の平均相場はいくら?

「ゼクシィ結婚トレンド調査」によれば、2019年の婚約指輪の平均予算は全国平均で35.5万円、首都圏で36.8万円。婚約指輪の平均相場が30万超えであることは間違いなさそうです。分布を見ると、最多は30万円以上40万円未満で3割近く、ついで20万円以上30万円未満が2割程度で、数パーセントですが100万円超えの方もいらっしゃいます。(「ゼクシィ結婚トレンド調査2019調べ」)

◇給料の1.5ヵ月分の額の指輪を贈る男性が多い
一昔前までは、「婚約指輪は給料の3ヵ月分」というダイヤモンド会社の広告コピーが浸透していました。しかし、現在収入との関連性を見ると、給料1.5ヵ月分相当の金額の指輪を贈るケースが多いようです。個人の収入には幅があるので、婚約指輪の予算相場も柔軟に考えたほうが良いかもしれません。

ショップの婚約指輪のボリュームゾーンは20〜30万円台、10万円台から揃っていますので、カップルそれぞれの事情に合わせてセレクトできます。

婚約指輪には5つの形がある


婚約指輪のデザインは、大きく分けて5種類あります。それぞれの指輪の特徴などを解説しますので、あなた(お相手)のお好みを見つけてください。

◇ソリティア
婚約指輪としてポピュラーなのが、ソリティアです。4本か6本の立て爪で一粒ダイヤモンドを支えており、ダイヤモンドが一番美しく見えると言われています。

構造上ぶつけたり引っかけたりしやすいので、着けるシーンは考慮しましょう。爪なしデザインもありますので、普段も身につけたい方や引っかけなどのトラブルを避けたい方はそちらがおすすめです。

◇エタニティ
均一な形のダイヤモンドがリングに途切れず並べられており、eternity(=永遠)という名前の通り、永遠に途切れない愛を表現していると言われています。リングをくるりと1周するエタニティと、半周するハーフエタニティがあります。

普段づかいがしやすく結婚指輪との相性も抜群です。ただし、サイズ直しがむずかしく、衝撃や経年でダイヤモンドが外れてしまうリスクがあります。

◇メレ
メインに0.2~0.4カラットほどのダイヤモンド、その周囲にメレダイヤモンドがちりばめられています。華やかでデザインバリエーションが多彩です。

◇パヴェ
フランス語で石畳を意味します。リングアームに小ぶりのダイヤモンドが石畳のようにちりばめられているため、ダイヤモンドの輝きを存分に楽しみたい方にはおすすめです

ただし、エタニティ同様、デザイン上サイズ交換がむずかしく、ダイヤモンドが外れやすいリスクがあります。

◇色石
サファイア、エメラルド、ルビーなどを用いた指輪で、比較的自由度が高く個性を演出したい方にぴったり。英王室でダイアナ元妃からキャサリン妃へ受け継がれたブルーサファイアが、色石デザインの婚約指輪として有名です。

最高レベルの品質を誇る「GINZA TANAKA(ギンザ タナカ)」婚約指輪人気ランキングTOP3

「GINZA TANAKA(ギンザタナカ)」は、日本有数の歴史あるブランドのひとつ。
ブライダルリングのデザインには、いつまでも色褪せない、年齢を重ねても変わらず愛せる、普遍性を追求しています。
■ブランド公式サイト → GINZA TANAKA(ギンザ タナカ)

■第1位 Précieuse(プレシューズ)
フランス語で「かけがえのないもの」を表したリングは、ふたりだけの“愛の花”として、大切な出会いを祝い、これからのかけがえのない人生をともに育んでほしい、という願いが込められています。
プラチナ、ダイヤモンド(中石0.2ct~)
価格/193,000円~

Précieuse(プレシューズ)の商品詳細はこちらから

■第2位 Bouquet & Boutonniere(ブーケ&ブートニア)
ふたりだけの愛の誓いを「ブーケ&ブートニア」に重ねて、「結婚の神聖な誓いをいつまでも忘れず、お互いを思いやることができるように」というメッセージをリングに込めて。
プラチナ、ダイヤモンド(中石0.2ct~)
価格/193,000円~

Bouquet & Boutonniere(ブーケ&ブートニア)の商品詳細はこちらから

■第3位 Un Coeur Pur(アン クール ピュール)
リングの中心に輝くダイヤモンドは「純粋な愛情」を表し、そのセンターストーンをメレダイヤで包み込むことで、「守護」と「永遠」がイメージされています。
プラチナ、ダイヤモンド(中石0.2ct~)
価格/253,000円~

Un Coeur Pur(アン クール ピュール)の商品詳細はこちらから

豊富な品数とアフターサービスが手厚い「銀座ダイヤモンドシライシ」婚約指輪人気ランキングTOP3

約5000点もの高品質なダイヤモンドと、数百種類のリングデザインを自由に組み合わせる独自のセミオーダーシステムが、自分たちらしさにこだわるカップルに好評を博しています。日本初のブライダルダイヤモンド専門店として誕生して以来、成約者数40万組以上の実績を誇る人気店です。
■ブランド公式サイト → 銀座ダイヤモンドシライシ

■第1位 St. glare(セントグレア)
永遠の愛を誓い合うふたりに、教会の窓から差し込む光。聖なる輝きをまとう花嫁の指先のダイヤモンドは、祝福の証。教会に溢れる輝かしい瞬間をデザインした、シライシを代表する人気のソリテールリングです。
プラチナ、ダイヤモンド(中石0.2ct~)
価格/200,000円~

St. glare(セントグレア)の商品詳細はこちらから

■第2位 Ever after(エバーアフター)
童話の結び言葉「いつまでも幸せに暮らしました」を意味する婚約指輪。年齢を重ねても手をつないでいる夫婦でいたい。そんなふたりの間でエンゲージリングが象徴的に輝きます。
プラチナ、ダイヤモンド(中石0.2ct~)
価格/200,000円~

Ever after(エバーアフター)の商品詳細はこちらから

■第3位 Bouquet Rococo(ブーケロココ)
たくさんの言葉や想いを、ブーケに込めて、ふたりの気持ちを永遠に結んでほしい、という願いが込められています。プロポーズの言葉と共に贈られる「花束」をモチーフに、リング全体でブーケを表現しています。
プラチナ、ダイヤモンド(中石0.2ct~)
価格/230,000円~

Bouquet Rococo(ブーケロココ)の商品詳細はこちらから

日本が誇るハイジュエラー「MIKIMOTO(ミキモト)」婚約指輪人気ランキングTOP3

真珠のイメージが強い「MIKIMOTO(ミキモト)」ですが、ダイヤモンドの質もハイクラス。
日本を代表するブランドならではの丁寧な作りで、着け心地にもこだわっています。
飽きのこないシンプルで上品なデザインが人気です。
■ブランド公式サイト → MIKIMOTO(ミキモト)

■第1位 Mikimoto Mellia (DGR-1500R)
想いを重ねて咲き始めた美しい花―Mellia(メリア)。ダイヤモンドを花のつぼみに、6つの爪を花のガクに見立てたデザイン。MIKIMOTOの“M”の文字が隠されているサイドの豊かな表情も魅力。
プラチナ、ダイヤモンド(0.18ct~)
価格/200,000円台~

Mikimoto Mellia (DGR-1500R)の商品詳細はこちらから

■第2位 DGR-1052R
華やかさと可憐さを兼ね備えた美しいエンゲージリング。両サイドにあしらわれたダイヤモンドがセンターストーンを一層際立たせます。
プラチナ、ダイヤモンド(中石0.18ct~)
価格/200,000円台~

DGR-1052Rの商品詳細はこちらから

■第3位 DGR-1301R
サイドにダイヤモンドを配し、晴れの日の喜びに満ちたエンゲージリング。
小さなダイヤモンドを留める爪の裏側にまで気を配って仕上げた細工が、繊細で上品な美しさを演出。
プラチナ、ダイヤモンド(中石0.20ct~0.59ct)
価格/300,000円台~

DGR-1301Rの商品詳細はこちらから

ブライダルリング専門店「I-PRIMO(アイプリモ)」婚約指輪人気ランキングTOP3

ブライダルリング専門店で、デザインは、シンプルからゴージャスまでバリエーションが豊富。ダイヤモンド選びから仕上げまでハイクオリティなのに、お手頃価格から揃うのもうれしい。
■ブランド公式サイト → I-PRIMO(アイプリモ)

■第1位 sagitta(サジッタ)
センターダイヤモンドのサイドに矢の軌跡をイメージしたメレダイヤがあしらわれ、エターナルな輝きでふたりの絆を結びます。
プラチナ、ダイヤモンド(中石0.2ct~)
価格/216,000円~

sagitta(サジッタ)の商品詳細はこちらから

■第2位 sirius(シリウス)
シンプルで美しい、伝統的な立て爪スタイル。エンゲージリングの定番の、輝きのあるデザインです。
プラチナ、ダイヤモンド(中石0.2ct~)
価格/188,000円~

sirius(シリウス)の商品詳細はこちらから

■第3位 fomalhaut(フォーマルハウト)
センターダイヤモンドをぐるりと囲む14石のメレダイヤ。品格薫るきらめきは「王者の星」そのもの。
プラチナ、ダイヤモンド(中石0.2ct~)
価格/253,000円~

fomalhaut(フォーマルハウト)の商品詳細はこちらから

まとめ

婚約指輪の予算の相場、婚約指輪の形と人気ブランドのランキングをご紹介しました。

婚約指輪を探すとき、ダイヤモンドのグレードなどにとらわれすぎてしまい、婚約指輪としての本質を見失ってしまうことがあります。

大切なのは、おふたりの感性・直感を大切にすることです。数字や評価にとらわれることなく、「この輝きがきれいだな」「彼女にはこれが合いそうだな」など、直感や感性で「いい」と思うものを探してみましょう。

人気記事ランキング

前撮りには指輪を用意しておくべき?写真撮影時におすすめのポーズや注意点をご紹介!
結婚式の前撮りは白無垢で!白無垢の選び方やおしゃれな着こなし方を解説
最適な入籍日の決め方マニュアル!2020年で縁起が良い日を紹介