もう迷わない!婚約指輪・結婚指輪の選びかた | 東京の結婚式・結婚式場 ホテル椿山荘東京【公式】

結婚準備ガイド For Wedding.

ご結婚を間近に控えたお二人とご家族の皆さまのために。

もう迷わない!婚約指輪・結婚指輪の選びかた

左手の薬指に輝く婚約指輪や結婚指輪は、結婚を望む女性にとって憧れの存在です。しかし、ご自身の結婚が決まって、いざ選ぶとなると、デザインも豊富で価格にも幅があり迷ってしまいますね。デザインやブランド、価格帯も指輪を選ぶ際に重要ですが、自分の手に合った指輪を選びたいものです。今回は、指輪を選ぶ際のポイントや注意点など、婚約指輪・結婚指輪について紹介します。

目次

  • 1.結婚指輪の基礎知識
  • 2.結婚指輪を購入するタイミング
  • 3..結婚指輪を購入する時に心がけたいこと
  • 4.結婚指輪の代表的なデザイン
  • 5.結婚指輪を選ぶ時のポイント
  • 6.結婚指輪を購入する際のポイント
  • 7.ブライダルジュエリーの購入は結婚式場と提携している専門店がおすすめ

1.結婚指輪の基礎知識

指輪

・結婚指輪とは
結婚指輪は、結婚の証として相手に贈り、日常的に身に着けるものです。
結婚式でお互いの指にはめることが多いのですが、緊張してなかなか相手の指にはめることができなくて、ハラハラする場面を見たことがある方もいらっしゃるでしょう。指輪の交換は、結婚式の中でもメインイベントの一つです。
円には「永遠」という意味があり、結婚指輪は二人の永遠の愛の象徴と言えます。
結婚指輪は日常的に身に着けるので、シンプルで飽きがこないデザイン、また作業の邪魔にならないものを選ぶ方が多いです。

・結婚指輪の歴史
結婚指輪の起源は古代エジプト時代と言われています。もともとは結婚の証ではなく、魔除けや闘いの武器として使われていました。
その後、紀元前1世紀の古代ローマ時代になると結婚ではなく「婚約指輪」として使われるようになりました。
しかし、その頃は今とは異なり、鉄の輪が贈られていました。長い時代を経て9世紀にはローマ教皇ニコラウス一世により、指輪が結婚の証とみなされるようになったと言われています。
その当時、結婚指輪は男性から女性に贈られていました。
現在のように男性と女性で交換することが定着したのは、13世紀から14世紀と言われています。日本に結婚指輪の風習が伝わったのは明治維新後ですが、すぐには定着しませんでした。第二次世界大戦後、生活様式が西洋化し結婚式が行われることが一般的となった頃に結婚指輪を交換する文化も定着しました。

・結婚指輪を持つ意味
結婚指輪はお二人が愛を誓った証であると同時に、結婚しているということを回りの人に知らせる意味もあります。
結婚指輪は左手の薬指にはめることにも意味があります。心臓から繋がるとされている左手の薬指に指輪をはめることで、永遠の愛を表すというものです。結婚指輪の中で、ダイヤモンドがついているものに人気がありますが、実はこれにも意味があります。
ダイヤモンドは世界で最も硬い物質であることから、ダイヤモンドは二人を結びつける「固い絆」を表しています。更に高い透明度のあるダイヤには「純粋な愛」という意味も込められているため、夫婦が永遠の愛を誓ったシンボルとなるのです。

・婚約指輪と結婚指輪の違い
婚約指輪と結婚指輪は、二人にとっての愛の証であることに変わりません。婚約指輪は、結婚の約束を交わした証として男性から女性に贈るものです。婚約指輪の慣習ができた頃は、婚約指輪は鉄で作られていました。婚約時に、力や強さを表す鉄の指輪を男性から女性に渡すことは、愛だけでなくその家の強さも表していたと考えられています。
結婚指輪は結婚の印であることはもちろんのこと、日常的に身に着けるため常にお互いの存在を感じるという意味もあります。結婚指輪を身に着けることで既婚であることの証になり、他の異性が近づくリスクを減らすこともできます。

2.結婚指輪を購入するタイミング

指輪

結婚指輪を購入する時期は、特に決まりやふさわしい時期はありません。結婚指輪はお互いに贈り合うものなので、お二人の都合が良いタイミングで購入するのが良いでしょう。一般的には挙式の3ヶ月から6ヶ月前に購入するカップルが多いようです。婚約指輪を購入する時期としては、プロポーズの前が一般的です。
男性がさりげなく女性の好みを聞きだしサプライズとして贈る場合と、プロポーズの後に二人で一緒に選び購入する場合のいずれかであることがほとんどです。婚約指輪と結婚指輪を一緒につけられるようにデザインされた「セットリング」を選ぶ方も増えています。
婚約指輪は日常的につける人が少なく、引き出しの中で眠っていることが多かったのですが、セットリングにすることで婚約指輪も日常的に身につけることができるため、人気が高くなっています。婚約指輪を購入する時は、結婚指輪の購入も想定して選ぶと良いでしょう。

3..結婚指輪を購入する時に心がけたいこと

指輪

結婚指輪は普段から身につけることを考えて、つけ心地の良いものを選ぶことをおすすめします。また、長く使える飽きの来ないデザインのものを選ぶと良いでしょう。結婚指輪は夫婦で同じデザインのものをつける必要はないので、お互いに自分に合ったものを選ぶことも大切です。一生つけることを視野に入れて、後悔のない指輪を選びましょう。

結婚指輪の相場
かつて婚約指輪は給料の3ヶ月分と言われた時代がありました。現在では、婚約指輪は30~40万円前後が相場であると言われています。結婚指輪は、婚約指輪よりも少し値段が下がりお二人で20~30万円が相場となっています。婚約指輪は贈らずに、お二人とも身に着ける結婚指輪にお金をかけるというカップルもいます。
年齢に合わせて10年ごとに結婚指輪を買い替えるというカップルは、年を重ねるごとに高価な結婚指輪にすることが多いようです。結婚時の年齢が高い人は若い人よりも結婚指輪の金額が高値になる傾向にあります。婚約指輪の購入価格で最も多いのは、20~30万円です。平均すると約30万円程度です。
婚約指輪の購入価格は、年齢が上がるほど金額も高くなる傾向にあります。年収別による購入価格には違いがなく、年収400万円未満、400~600万円未満、600万円以上のいずれも婚約指輪の購入価格で一番割合が多いのは20~30万円となっています。

4.結婚指輪の代表的なデザイン

指輪

ブライダルジュエリーは常に女性の心を魅惑する新しいデザインが登場します。その一方で、いつまでも変わらない普遍的な美しさも大切です。ここでは、新鮮さと普遍性を兼ね備えた3つのジュエリーデザインを紹介します。

・ソリティア
フランス語の「ソリテール(単独)」が語源のリングです。デザインは、リングの真ん中にダイヤモンドの宝石を1粒装飾し、6本または4本の爪で留めた婚約指輪の王道といえるものです。余計な装飾がなく、高さがあり石が目立つので、きらめくダイヤモンドの輝きを最も美しく見せてくれるデザインです。

・メレ
フランス語で「小粒石」と意味するリングです。センターストーンの周囲に散りばめられた、小粒のサイドストーンの組み合わせが特徴的。ゴージャスで華やかな雰囲気を醸しだしてくれます。ひと口にメレといってもさまざまなデザインがあり、石の配置によって、時には上品に、時にはかわいらしい雰囲気を、さまざまな表情を演出してくれます。

・エタニティ
英語で「永遠」を意味するリングです。リングの外周には同一サイズの宝石が埋め込まれているのが特徴。宝石が途切れなく並んでいることから、永遠の愛の象徴とも言われています。婚約指輪としても結婚指輪としても兼用できるほか普段つけもできるオールマイティな指輪として人気です。石が全周に配された「フルエタニティ」と、石が半周に配された「ハーフエタニティ」の2種類があり、フルエタニティはゴージャスな華やかさ、ハーフエタニティは可憐な雰囲気を演出してくれます。

5.結婚指輪を選ぶ時のポイント

結婚指輪は日常的に身につけるものなので、デザインはもちろんですがつけ心地や機能性にもこだわって選びたいところです。普段からアクセサリーはあまり身につけない方に分かりやすく、結婚指輪を購入する際のポイントをご紹介します。

・手の大きさや形に合うデザインを選ぶ
好みのデザインであっても、手の大きさや形によっては似合うものとそうではないものがあります。自分の手に似合うものを見つけるためには、試着をすることが一番です。手が小さい、指が細い方は華奢なデザインのリングが向いています。指の細さが強調されて、より美しい手元を演出してくれます。
手が大きい方は、リングに幅がありボリュームのあるデザインの結婚指輪が似合います。指の長さが強調されて手の大きさが和らぎ綺麗に見えます。指が短い方には、ウェーブラインの指輪が向いています。縦のラインができて、指先が長くすっきりとした印象になります。指が太い方には、リング全体にボリュームがあるデザインの指輪が似合います。リングが目を惹きつけるため、指とのバランスが良く華やかさを演出してくれます。
関節が太い方は、幅広のデザインのものがおすすめです。リングが主張するタイプのものは、節を目立たなくしてくれます。指輪選びで迷ったら、ショップのスタッフに相談するとよいでしょう。大勢の人の手を見てきているプロなので、的確なアドバイスをしてもらうことができます。

・指輪のサイズを採寸する
指輪のサイズは、お店できちんと採寸することが一番です。将来の体型の変化を気にして大きめのサイズを選ぶ方もいらっしゃいますが、後悔する方が多く見られます。女性の場合、妊娠中は体重増加によって一時的につけられないこともあります。しかし、産後しばらくすると再び入るようになります。後からサイズ直しもできるので、0.5号刻みでしっかりと採寸して購入することをおすすめします。心配な方は、サイズ直しにかかる費用や時間についてあらかじめショップスタッフに訪ねておくとよいでしょう。

・婚約指輪との重ね着けができるかチェックする
近年は、婚約指輪と結婚指輪を重ね着けする方が増えています。せっかく贈られた婚約指輪を日常使いせずに、華やかな場所に行く時だけ身につけるのではもったいないですよね。婚約指輪と結婚指輪を比較すると、結婚指輪がシンプルなデザインのものが多いですが、あらかじめセットで考えておくとよいでしょう。婚約指輪と重ね着けすると、手元が華やかになり気分も上がります。

・金属アレルギーがないかチェックする
結婚指輪を購入する前に、金属アレルギーがないかチェックすることをおすすめします。赤くなったり痒みがでたりする方は、金属アレルギーの可能性があります。普段アクセサリーを身につけない方は特に気をつけましょう。プラチナやゴールドは、強度や色の調整のために少量の金属が配合されている場合があるので、注意が必要です。金属アレルギーになりにくい素材は、チタン、ジルコニウム、タンタルなどがあります。
お店によってはアレルギー用のテストリングの貸し出しを行っているところもあるので、活用するとよいでしょう。金属アレルギーの疑いがある場合は、皮膚科でパッチテストを受けることをおすすめします。

・憧れの海外ブランドをチェックする
結婚指輪は一生に一度の買い物です。憧れの海外ブランドのジュエリーを選ぶのもよいでしょう。結婚指輪はお二人の愛の証でもあるので、一生身につけることを考えて妥協するよりも本当に欲しいものを選ぶのも良いのではないでしょうか。

6.結婚指輪を購入する際のポイント

指輪

結婚指輪や婚約指輪を購入する際の大きなポイントは、デザインと価格です。自分達の予算に合ったもの、そして気に入ったデザインを選ぶ人がほとんどです。他にも結婚指輪を購入する際には重要なポイントがあります。

・保証内容
結婚指輪はお二人の結婚の証として、一生つけることになります。保証がしっかりしているものを選ぶと良いでしょう。年齢を重ねて行くとサイズが合わなくなってしまうことがあります。しかし、購入した店舗や他店舗での修理ができないと困ります。購入する前に、保証についてはしっかりと尋ねておくことと安心です。

・店舗の雰囲気やスタッフの対応
予算や自分の希望にあったデザインのものを選ぶことも大切ですが、実は購入するお店選びも重要です。接客がよくないお店や、必死で引き留めようとするお店はあまりおすすめできません。好みに合わない高額な指輪を無理に購入させられてしまう可能性があります。こちらの好みや希望をきちんと聞いてくれて、アドバイスを求めた時には親身になって応えてくれるスタッフがいるお店を選ぶと良いでしょう。
信頼できる店員さんがいるお店で購入したいものです。接客の良いお店でアフターサービスが充実しているお店であれば安心です。傷の修理やクリーニングが無料な店や、修理の金額が明確であるお店を選びましょう。

7.ブライダルジュエリーの購入は結婚式場と提携している専門店がおすすめ

ブライダルジュエリーは、一生に一度のもの。人生の記念として残される大切な品です。どこで購入するかは、慎重に検討すべきものでしょう。そんな時に有力な選択肢になるのが、結婚式場と提携しているジュエリー専門店です。結婚式場と提携している専門店でしたら、結婚式とのトータルコーディネートも可能で、特別優待や成約サービスの特典も得られます。結婚指輪や婚約指輪選びは、一生に何度とないことなので、後悔しないものを選びたいものです。素材やデザインなどにこだわってお二人の愛の証にふさわしい素敵な指輪を見つけましょう。

 

結婚式は「ゲストからも喜ばれるロケーション選び」が成功ポイント!

一生思い出に残るブライダルにするには、一生身につける指輪選びが大切です。そして、最も大切なのは素敵な指輪をつけて、参列していただいたゲストに結婚を誓う「会場選び」です。はじめは、結婚情報誌やインターネットで情報を集めて夢もふくらみますが、「式場の数が多すぎて決められない…」「式場選びの基準が分からない…」と迷子になるカップルは少なくありません。
式場選びは、お二人のためでもありますが、来場されるゲストに感謝の気持ちを伝える「場所選び」でもあります。「行って良かった…」と言ってもらえるゲストを感動させるロケーション選びが成功のポイントです。

ブーケを持つ花嫁

人気記事ランキング

ハツコエンドウ ウェディングスに聞いてわかった!トレンドを押さえておしゃれなお色直しにする方法
がらりと雰囲気が変わるお色直しは、新郎新婦だけではなくゲストのムードも一気に……
今話題のマイクロウエディングとは?マイクロウエディングのメリットや成功させるコツを解説
近年人気を集めているマイクロウエディングをご存知でしょうか?多くのゲストを招いて行なう……
結婚式クラスターは起こさせない!コロナ禍でも一生の思い出になる式作り
新型コロナウイルスの影響が無視できない昨今。結婚式を挙げるのを戸惑ってしまうカップルは多いでしょう。そこで今回は、3密やクラスター発生を回避しながら感動的な結婚式を挙げるための方法を紹介します。