WEDDING

招待状② 招待状の作成

結婚準備のカテゴリー「招待状-招待状の作成」イメージ
招待状の作成はまず招待客リストの作成とともに、 本文の決定を。
親御さまへの相談や報告を忘れずに。

 

ゲストのリストアップ

  • 会場の最大収容人数に注意しながら、招待客リストを作成。
  • 封筒の宛名書きのために「住所」を、席次表のために「肩書き」や「ふたりとの関係」を確認しておくと、この先の準備がスムーズ。
  • 新郎側・新婦側の招待客人数や、親族、会社関係、友人のバランスも考えて。

招待状の作成

  • 招待状は挙式日の約3ヵ月前に作成スタート。
  • 招待状は、「本文」「返信はがき(私製)」「封筒」「挙式付箋」「スピーチ付箋」「地図」をもって一組となる。
  • 招待状の印刷組数は、多少の予備枚数も考慮する。ゲストの追加や、欠席連絡後に、他の方を招待する可能性も。
      なお、追加する場合は、最小印刷部数が決まっている場合もあるので注意を。
  • 印刷には通常、1~2週間かかるため、余裕をもった計画を。

*披露宴の主催者を決める
結婚は「家と家とのつながり」という考え方から、以前は、主催者は両親になることがほとんどでしたが、最近では、新郎新婦が主催する披露宴も多く見られます。

*披露宴の主催者=招待状の差出人
招待状の差出人は、披露宴の主催者の名前で作成(「本文」「封筒」)。
以下の3つの方法がありますが、両親ともよく相談を。

                        「本文」「封筒」の差出人
 ①両家両親の名前(一般には父親名)で出す―――ご両親名
 ②本人(新郎新婦)の名前で出す――――――――ご本人名(新郎新婦名)
 ③両家両親・本人の連名で出す―――――――――ご両親・ご本人(新郎新婦)連名
 
*デザインを決める

招待状のデザインを決める際には、差出人も考慮して。
両親名のときにカジュアルになりすぎたり、本人名のときにあまり堅苦しくなりすぎないように。
縦書: 和風・フォーマルなイメージ
横書: 洋風・カジュアルなイメージ
など

本文
  • 招待状のデザインが決まったら、「本文」を考える。
  • 「本文」には、結婚の知らせと、披露宴への招待の旨を記入。披露宴の日時、場所、返信はがきの返信〆切日を明記。
  • 一般に結婚式の招待状は、披露宴に招待するためのものなので、挙式の日時は記入しなくてよい。
    挙式にも参列をお願いする場合は、「付箋」を同封する。挙式の日時を本文にも記載する場合は、参列をお願いする文章を添えることもある。これは、神前式が多かった以前は、挙式の列席は親族が中心だったため。
      挙式から披露宴までの参列は、ゲストの拘束時間も長くなるので、あくまで先方の都合を考慮すること。
  • 発送月
  • 返信はがき〆切
本文例

披露宴の雰囲気によって、やわらかい文章で作成することも可能。

本文例

本文例

「返信はがき」

一般に、新郎側の招待客は、新郎両親もしくは新郎に、新婦側は新婦両親もしくは新婦に届くようにする。
出欠確認の取りまとめの都合により、どちらか一方へ届くようにする場合もある。
「返信はがき」の切手(52円)は、招待状のセットには含まれていないので、自身で用意を。
招待状を手渡しする場合でも、「返信はがき」に切手を貼ること。
招待状には、慶事用の切手(52円・82円・92円)を使用する。

 

返信はがき

「封筒」

差出人は、主催者の名前(「本文」と同じ)にする。

「付箋」

「本文」に記載していない内容や、一部の人にだけ伝えたい内容を付箋に記入して同封します。

  挙式付箋    「本文」は、披露宴を案内するもの。
          挙式への参列をお願いする方へは、「挙式付箋」に記し同封する。
  スピーチ付箋  「主賓祝辞」「乾杯の発声」をいただく方へはあらかじめ口頭でお願いをした上で、
          覚書として「スピーチ付箋」にその旨を記し同封する。
          友人のスピーチ・余興は、進行の時間配分にもよるので、おおまかな進行の打合せ後に、
          お願いするほうがベター。招待状と同時に送らなくてもよい。

付箋

関連コンテンツ

結婚準備

結婚式をお考えの方へ

プラン

プランのイメージ

挙式の時期や人数、スタイルによりさまざまなプランをご用意しています。

披露宴

披露宴のイメージ

人数やお好みの雰囲気にあわせて、披露宴会場をご提案いたします。