WEDDING

分かりやすい&喜ばれる招待状の贈り方・作り方

結婚準備のカテゴリー「招待状-分かりやすい招待状」イメージ
フォーマルにも、カジュアルにも。
招待状は結婚式の印象を左右する肝心かなめのアイテム。
「丁寧で常識のある出し方とは」
「招待状を出す前にやっておくことはある?」
結婚式準備のスタートとも言える招待状作りのポイントについてお話しします。

 

結婚や結婚式の報告はきちんと顔を見てするのが大人のマナー

いつも顔を合わせる会社の上司や同僚、親しい友人であっても、招待状を送る前にまずは直接会って結婚式を行う旨を報告するのがもっとも丁寧で喜ばれるやり方です。
その際には、披露宴にお招きしたいことを伝えて、あわせて主賓の方などへのスピーチの依頼、ご友人には受付係、余興の依頼をするといいでしょう。
遠方からお招きするゲストで、旅費は宿泊費をお渡しする必要がある方には、かかる費用を事前に伺っておくと、予算も組み立てやすくなります。

招待状準備がうまく進む段取り、気をつけるべきこと

招待状を出す枚数を確定させるため、披露宴を行うことが決まった段階で招待客リストを作成します。
ご夫婦やご家族をお招きする場合、招待状は一通(連名)で出せばいいので、出席人数よりも招待状の枚数は少なくなります。
送付先については、名前や住所を正確に把握するところから。
送る間近になって慌てて調べるとミスをしがちなので、余裕を持って確認しておくといいですね。
招待状には正式な漢字を用いるのがマナーですので、旧字や難しい漢字のお名前の方は特に注意しましょう。

※難しい漢字の例はこちらをご覧ください

招待客リストをしっかり作成しておくと、結婚式への出欠確認や席次表作り、引出物の個数確認や結婚式後の報告ハガキを作成するときなど、後々とても役立ちます。
エクセルなどの表を使って作成してもいいですし、会場によっては招待状や席次表作成の専用システムを用意しているところもあるので、ぜひ活用してみてください。

「披露宴の主催者」=「招待状の差出人」の考え方が基本

招待状の差出人を両家の父親の名前にするか、それともおふたりの名前でだすか、連名にするかについては、両家のご家族でよく話し合ってから決めるようにしましょう。
家と家の結びつきを表すものとして、おふたりだけでなくご両親も主催者という場合も多いもの。ご両親に相談することで打合せの進み具合の報告にもなるので、安心してもらうこともできます。

おふたりだけで決めることなく、ご両親にもひと声かけることで、一緒に作り上げたいという想いが伝わり、優しく見守ってくれるはずです。

■差出人名がおふたりの名前
→カジュアルでやわらかい雰囲気に。招待客にご友人が多い場合などにおすすめです。

■差出人名がご両親、または連名(ご両家のお父さまとおふたりの名前)
→フォーマルできちんとした雰囲気にするなら、ご両親の名前が最適。
親族やご新郎の家が会社を経営していて、その関係者を多くお招きする場合なども分かりやすくなります。

※両親名、両親&おふたりの連名、おふたりの名前の3パターンの差出人例はこちら

独特のルールがあり、封入物も多い招待状作りは手間がかかる

ふたりらしさを表現するものとして、ペーパーアイテムを手作りすることもあるでしょう。
当日が楽しみになるような、満足のいくものを作成したいものですね。

手作りはオリジナリティが出せる一方で、負担が大きいのも事実です。
印刷ミスや筆耕間違えなどで予想以上に時間がかかり、途中であきらめて会場に依頼するケースもあるようです。

招待状をはじめ、席次表や席札など、さまざまなアイテムがありますが、中でも招待状はルールや形式も多く、言い回しも婚礼特有のものがあります。

親しい友人だけでなく、会社の上司など目上の方へお出しするものなので、全ての方に失礼のないよう、プロのアドバイスを参考に作成してみてくださいね。

結婚準備のカテゴリー「招待状-分かりやすい招待状」記事メージ

ペーパーアイテムでふたりらしさを表現するには?

受付でお渡しする席次表や席にご用意しておくメニュー表や席札などのペーパーアイテムは、披露宴会場の雰囲気やコーディネート、おふたりのパーティテーマに合わせるのも素敵ですね。

また、席札の裏に一人ひとりにあてたメッセージを書くのも気持ちが伝わる温かいおもてなしです。ただし、書くならちょっと時間はかかるけれど、全員に書きましょう。
ゲストの中で、「あの人にはあるのに、私にはない…」なんて寂しいですものね。

また、手作りをする場合、席次表は、席の配置やゲストの方の肩書きなど、招待状同様に特有のルールやマナーがあるので、印刷前に会場の担当者に必ずチェックしてもらうようにしてください。

見落としがちな部分をクリアにしてから、印刷スタート!

親族、友人だけでなく、上司や目上の方へもお出しする招待状は、どのゲストにも失礼のないようにしたいものです。
おふたりだけで決めるのではなく、お互いのご両親への相談、会場スタッフへの確認が大事です。
素敵な一日を予感させる招待状をお送りしましょう!

関連コンテンツ

結婚準備

人気記事ランキング

結婚式をお考えの方へ

プラン

プランのイメージ

挙式の時期や人数、スタイルによりさまざまなプランをご用意しています。

披露宴

披露宴のイメージ

人数やお好みの雰囲気にあわせて、披露宴会場をご提案いたします。