WEDDING

神前式とは?神前式の由来や歴史、流れについて

結婚準備のカテゴリー「挙式-神前式」イメージ
厳かな雰囲気の中で行われる神前式。
親族を中心に行う神前式は、「家」と「家」のつながりを大事にしたいおふたりにおすすめ。

 

神前式の由来とは?

結婚準備のカテゴリー「挙式-神前式」記事イメージ

現在の神社における結婚式は、明治33年、当時の皇太子殿下(後の大正天皇)のご婚儀に基づいた神前式の次第が全国各地に広まり、定着したと言われています。
神社での挙式ということが基本ですが、式次第自体は、家ごとに行われてきた挙式を参考にしています。このことからも、神前式挙式は、日本の伝統的な婚儀やしきたりを現在に受け継ぐものと言えます。

∗ 「お酒が苦手な場合は、三々九度はどうすればいいの?」というご質問をよく受けますが、口を少しだけつければ大丈夫です。
神前にお供えして清められたお酒ですので、ほんの少しでも口をつけることをおすすめしますが、それでも難しい方は無理をしないでください。

∗ 親族中心に行われる神前式は、あまりなじみがないと思われがちですが、実は、生後まもなくの「お宮参り」から「七五三」「初詣」など、神道は日本人の生活に密着しています。
そのためか、挙式後、「自分たちの肌に合っている気がして、とても落ち着いてできました」と言うカップルもとても多いんですよ。

式次第一例

結婚準備のカテゴリー「挙式-神前式」記事イメージ

難しい言葉の説名

<修祓(しゅうばつ)>

修祓(しゅうばつ)イメージ祭祀の根本とされるものは、清め祓いです。挙式の前に列席者のもろもろの災いや罪、けがれがありますならばお清めくださいという、清めの祓い。

<三献(さんこん)>

三献(さんこん)イメージいわゆる三三九度の盃事(難しくは式三献の儀という)。
雅楽の鳴る中、神様にお供えした酒を、大中小の三つの杯で各三杯(新郎→新婦→新郎、新婦→新郎→新婦、新郎→新婦→新郎の順)酌み交わします。
小杯は神への誓い、中杯は両家家族の盃、大杯はこれから関わっていくすべての方の盃を意味します。

<玉串(たまぐし)>

玉串(たまぐし)イメージ玉串は神に対する奉(タテマツリ)物です。榊の枝であり、玉串は自分自身を示し、自分を神に捧げるという意味があります。
誠心誠意を込めて奉奠します。

神前式の特徴

庭園内神殿

<厳かさ>
神前式は厳かに挙式をしたい新郎新婦にふさわしい挙式です。
雅楽の生演奏や巫女の舞いなど、格調高い雰囲気のなか、挙式を執り行います。

<家と家の結びつき>
「三献の儀」の「中杯」が両家家族の盃であることからも分かるように、「家」と「家」が固く結ばれ、結婚とともに両家の親族の絆も深いものとなるでしょう。

神殿、神社

トピックス一覧用(260px)

ホテル椿山荘東京には、ホテル内に3つの神殿があります。
・庭園内神殿「杜乃宮」
広大な庭園のなかにある独立型神殿です。最大100名様まで列席できるので、ご友人のご列席も叶います。

・「慶雲殿」
神殿への参道には鳥居を太鼓橋を構えます。伝統的な雰囲気の神殿です。

・「豊生殿」
ホテル椿山荘東京のシンボルである椿をモチーフにデザインされた創作和紙が天井に用いられ、モダンななかにも石や木の温かさを感じる神殿です。

神前挙式のご案内はこちらから
提携神社のご案内はこちらから

神前式の衣装

庭園神殿 ゲスト

憧れの婚礼衣装である、白無垢や打掛、引振袖などの和装を着て挙式に臨めるのも神前式ならではです。

「文金高島田の古典的な美しい花嫁」、「洋髪に生花でモダンなアレンジにする」など、イメージに合う衣装や髪型を探してみましょう。

和婚の衣装、髪型についてはこちらから

関連コンテンツ

結婚準備

人気記事ランキング

結婚式をお考えの方へ

プラン

プランのイメージ

挙式の時期や人数、スタイルによりさまざまなプランをご用意しています。

披露宴

披露宴のイメージ

人数やお好みの雰囲気にあわせて、披露宴会場をご提案いたします。