WEDDING

結婚式の新しいスタイル!「 1.5次会 」で理想のウエディングを

結婚準備のカテゴリー「演出・キャンドル」記事イメージ
ウエディング業界で「 結婚式の新しいスタイル 」として、注目を集め始めているのが、「 1.5次会 」です。
とはいえ、1.5次会と聞いても「 披露宴や2次会と何が違うの? 」と、イメージがつかみにくい人も多いのでは?
1.5次会とはどんなウエディングなのか、1.5次会にはどんなメリットがあり、どんなシーンに適しているのか。
気になるあれこれを、具体的に解説します。
 

 

「 1.5次会 」ってどんなウエディングなの?

実は、「 1.5次会 」というウエディングには、はっきりとした定義はありません。
強いていえば、「 披露宴ほど、格式ばったウエディングにはしたくない。2次会ほどカジュアルにもしたくない 」
そんなニーズから生まれたウエディングスタイルの総称といえます。
いわば、フォーマルとカジュアルをミックスした「 いいとこ取りのウエディング 」というわけです。

 

1.5次会にはメリットがいっぱい!

笑顔メイン

1.5次会には、今までのウエディングにはないメリットがたくさんあります。

【 たくさんのゲストが集うパーティーウエディング 】
披露宴では、会場の大きさや予算の都合などで、招待できるゲスト人数に限りがあります。
そのため、披露宴に参加できなかった方のために、2次会を開催する必要があります。2次会はあくまで「 おめでとうパーティー 」です。
しかし近年、「 結婚式からたくさんの人に参加していただき、祝福してもらいたい 」と願う新郎新婦が増えてきました。
そんなニーズに応えられるのが、1.5次会です。
そういう意味では、1.5次会と言うよりも「 パーティーウエディング 」と言った方がしっくりとくるかもしれません。

【 品格を保ちつつ、個性豊かな演出ができる! 】
通常の披露宴では、フォーマルな格式を保つ必要があり、自由で個性的なウエディングにすることは困難です。
その点、1.5次会なら品格を保ちつつ、個性豊かなオリジナルの演出でゲストをもてなすことが可能です。

【 コストをおさえてウエディングができる 】
結婚式にかかるコストが気になる場合でも、1.5次会スタイルはひとつの選択肢となります。
会費制にして、おおよその参加人数が事前にわかっていれば、全体の予算を想定でき、具体的なプランを立てやすいというメリットもあります。
①演出を工夫する
派手な演出をおさえて、予算の中でアレンジすることもできます。
会場や衣裳、音響などは通常の披露宴と同じなので、格式の高さや雰囲気は何ら変わりません。
②肩肘張らず、オリジナルな人前結婚式に
たとえば、チャペルや神殿での結婚式ではなく、1.5次会の中で「 人前式 」を行えば、品位を保ちながら程よくカジュアルで和やかな雰囲気の中で、ゲスト全員に祝福されながら結婚の誓いを立てることができます。
③料理のグレードを選べる
1.5次会であれば、お料理をブッフェなどのカジュアルスタイルにすることもできます。
パーティー形式の場には、気軽に食べられるフードやドリンクのほうが向いています。
④引出物をプチギフトに
ご祝儀制の披露宴で用意するゲストへの引出物が、1.5次会では必須ではありません。
ゲストへのプチギフトは、自分たちに合ったオリジナリティあふれるギフトを選んで、感謝の気持ちを伝えましょう。

【 海外ウエディングのアフターパーティーに 】
披露宴を補充するアイテムとしても、1.5次会は活用できます。
例えば、海外ウエディングをする場合、その場に参加できるゲストは限られます。
行きたくてもいけなかったゲストのために、帰国後に改めてお披露目の場を設ける。
そんなアフターパーティーには、1.5次会がうってつけです。

【 親族の会食とパーティーの二部制に 】
ご家族やご親族の少人数の会食をした後、同日に友人を中心とした1.5次会を開催するような「 二部制 」を設定するカップルも少なくありません。

 

1.5次会はどんな服装がいいの?

結婚準備のカテゴリー「演出・個性」記事イメージ

【 新郎新婦の服装 】
1.5次会は、ゲストへの大切な結婚のお披露目の場です。できることなら、ウエディングドレスやタキシードをまとって
ゲストをお迎えしたいものです。
もし、すでに海外などでウエディングを行っている場合は、そのときに着用したドレスを着て、雰囲気を再現するのがいいでしょう。
さらに、海外ウエディングの挙式ムービーを1.5次会で上映すれば、まるでゲスト全員が海外ウエディングに参加したような
気分に浸ることができます。

【 ゲストの服装 】
ゲストの場合、フォーマルすぎず、カジュアルすぎずといったセミフォーマルを意識すれば間違いはありません。
 

1.5次会は会費制?それともご祝儀制?

一般的なウエディングでは、披露宴はご祝儀制、2次会は会費制が慣例です。
1.5次会の会費には、決まったルールはありません。実質は披露宴でも、形式張ったスタイルにはしたくないという理由で、1.5次会を選択される
カップルもいらっしゃいます。
また逆に、なるべく会費を抑えて多くの人に来ていただきたいというケースもあります。
おふたりやご両家の意向から、ご祝儀制か会費制かを選択しましょう。

 

1.5次会の料理はブッフェ?それともコース?

結婚準備のカテゴリー「料理-トレンド」記事イメージ 1.5次会の料理は、立食または着席形式のブッフェ料理、または着席形式のコース料理のどちらかとなります。
にぎやかなパーティー風にしたいなら、ゲストが動きまわれる立食がおすすめです。
また、品格さを重視したいなら、落ち着ける着席形式がいいでしょう。
なお結婚式場のプランによっては、ブッフェ料理の設定しかない場合もあります。
しかし差額などを支払えばコース料理に変更できたりもするので、
気軽に問い合わせてみましょう。

 

1.5次会にぴったりの会場って?

for-wedding お知らせイメージ

1.5次会のウエディングを成功させるカギは、会場選びにあります。
「 フォーマルすぎず、カジュアルすぎず 」という線引きは、意外と難しいもの。
披露宴に近いゴージャスさを求めたいなら、専門式場やホテルが良いでしょう。
逆に料理やカジュアルさを優先したいなら、レストランが候補となります。

ホテルや専門式場などの会場は本格的な結婚式会場なので、本物の披露宴のような演出も可能。
フォーマルにもカジュアルにも寄せることができる、絶妙なバランスを醸し出しています。
会場によっては、ガーデンが併設された会場や、プライベート性が高いワンフロア会場、またライブ感覚あふれるショーキッチン付きの会場など、
さまざまな選択肢からチョイスが可能です。
また、ゲストの更衣室や美容室、宿泊施設などの付帯施設の充実さも、レストランにはないホテルならではの魅力と言えるでしょう。



 

関連コンテンツ

結婚準備

人気記事ランキング

結婚式をお考えの方へ

プラン

プランのイメージ

挙式の時期や人数、スタイルによりさまざまなプランをご用意しています。

披露宴

披露宴のイメージ

人数やお好みの雰囲気にあわせて、披露宴会場をご提案いたします。