WEDDING

パパママ婚

結婚準備のカテゴリー「進行・演出-アットホーム婚」記事イメージ
お子様と一緒に式を挙げる「 パパママ婚 」
さまざまな事情で結婚式をしなかったご夫婦が、お子さま連れで結婚式を挙げる「 パパママ婚 」
「 ファミリーウエディング 」とも呼ばれています。
近年はパパママ婚に対応した結婚式が増え、ずいぶんと開催しやすくなりました。
パパママ婚には、かわいいお子さまが一緒にバージンロードを歩くなど、パパママ婚独特の演出も可能です。

 

パパママ婚ってどんな結婚式なの?

パパママ婚は、結婚時に結婚式を挙げなかったカップルが、お子さまが産まれてから挙げるウエディングです。
結婚観の多様化により、結婚式を挙げずに入籍をするカップルが増えています。
入籍前にお子さまを授かったことで、出産を優先したり、そもそも「 結婚式は必要ない 」という理由で結婚式を挙げなかったりと、
理由はさまざまです。
そんなカップルが「 やっぱり結婚式をしたい 」とお子さま連れで行うウエディングが、パパママ婚です。
文字通り、新郎新婦ではなく「 パパとママの結婚式 」なのです。

 

パパママ婚の魅力はどんなところにある?

お子さま連れで結婚式を挙げるパパママ婚には、セレモニーとしての大切な意義や、さまざまな魅力があります。

【 親御さまに対する親孝行となる 】
愛する娘や息子の結婚式の姿をこの目で見たいのが、親ごころというものです。
どんな事情にせよ結婚式に参列出来ないことは、親御さまにとっては非常に残念な気持ちだったかもしれません。
年月が経っていようと、愛する娘や息子の結婚式に参列できることは、親御さまとしては無常の喜びと言えます。
ましてや、かわいいお孫さんと一緒のウエディングです。これ以上の親孝行はありません。

【 親子の記念写真が撮影できる 】
パパママとお子さまで結婚式に臨むパパママ婚。ママはウエディングドレスや和装を身にまとい、パパはタキシードや紋付袴を羽織ることになります。
お子さまもドレスやタキシードなど正装を着用するので、素晴らしい記念の家族写真を撮影することができます。
ファミリーの大切な思い出になるでしょう。

 

パパママ婚の本当の主役はお子さま

パパママ婚ケーキ パパママ婚の本当の意味での主役、それはかわいいお子さまです。
お子さまのお披露目会としても、パパママ婚は重要な意味を持ちます。

生後まもなくの0歳児から2歳児までなら、ママに抱っこされたりしながらの登場になります。
それ以上大きくなると、お子さまにフラワーガールやリングボーイなどで手伝ってもらうなど、結婚式の演出面で大活躍してもらいましょう。
お子さまにとっては、大好きなパパとママの結婚式のお手伝いという
貴重な体験をすることになります。



 

パパママ婚の結婚式場はお子様の年齢で選ぼう

ベビーシャワー

パパママ婚の結婚式場選びは、お子さまの年齢が重要になります。
お子さまの年齢を考慮した結婚式場選びのポイントを知りましょう。

【 0歳児 】
お子さま連れのウエディングは、お子さまの安全が最優先になります。
そのため、赤ちゃんの首がすわった生後6ヶ月以降の開催が現実的。
生後6ヶ月以降なら、ハーフバースデーを兼ねたパパママ婚もいいでしょう。
ただし、赤ちゃんの長時間参加は避けたほうがいいので、ポイントになる場面以外の時間は、別室でどなたに見てもらったり、
託児室に預けるといった配慮が必要です。

【 1歳児 】
一般的には、赤ちゃんは1歳児までにはつかまり立ちができるようになり、1歳半には歩けるようになります。
ですから、1歳児のパパママ婚は元気に動き回るお子さまが安心して行動できる、段差のない広い会場がおすすめです。
少しでも目をはなすと危険なので、常に誰かにそばにいてもらうことが大切です。
もしくは託児室を利用しましょう。

【 2~3歳児 】
2~3歳児になると、自分の意思で行動できるようになります。
特に3歳児くらいになれば、フラワーガールやリングボーイといった役割を担うことも可能です。
食事も大人と一緒に食べることができます。
同じ年齢層のお子さまをゲストに招待でき、近くにキッズスペースなどで一緒に遊べば、お子さまが退屈することもありません。
ですから比較的広めの結婚式場を選びましょう。

 

お子さまが親御さまにプレゼントするパパママ婚もある?

結婚準備のカテゴリー「ブーケ」カテゴリイメージ パパママ婚は通常、お子さまが乳幼児のときに開催するものです。
しかしユニークなパパママ婚もあります。
それは「 大人になったお子さまが、結婚式をしなかった親御さまに結婚式をプレゼントする 」というパパママ婚です。

パパとママにとっては、愛情たっぷりに育ったお子さまからのプレゼントです。
長年連れ添ったご夫婦が、この日はご家族の祝福に包まれて、新婚夫婦になります。
おじいさまやおばあさまがご健在なら、3世代、4世代が集う素晴らしいひとときになります。

 

パパママ婚の結婚式場はホテルが快適

お子さまを連れたウエディングとなるパパママ婚は通常の結婚式とは異なり、お子さまに対応した施設があるかどうかが
式場選びの重要なポイントになります。
そんなとき、候補の筆頭になるのがホテルウエディングです。
あらゆる世代の人が宿泊するホテルは、お子さまが快適に滞在するための施設を網羅しています。
おむつ替えや授乳用のスペース、ミルク用のお湯を完備するなど、ファミリーで安心して滞在できます。
前泊すれば前日からゆっくり行動でき、お子さまの体力を温存でき、お子さまが会場慣れする時間も作ることができます。

また、ホテル内には畳敷きの料亭やレストラン、バンケットなどパパママ婚に適したさまざまな会場を備えています。
人数やお子さまの年齢などを考慮した、最適な会場を選ぶことができます。

結婚式場を完備しているホテルには、多くのホテルでウエディングプランナーが常駐しています。
「 パパママ婚をしたいけれど、どうしたらいいの? 」と困ったことがあったら、気軽に相談してみてはいかがでしょうか。

( 関連リンク )ホテル椿山荘東京ウエディング ホームページ     
  https://hotel-chinzanso-tokyo.jp/wedding/
 

パパママ婚の会場選びの参考になる「 ウェルカムベビーの結婚式場 」

ミキハウス 「 ミキハウス子育て総研株式会社 」では、乳幼児連れの参列者への配慮がある結婚式場を
独自に審査し、「 ウェルカムベビーの結婚式場 」として認定しています。

「 おむつ替えスペースがある 」「 スタッフに子育て経験者がいる 」などの基準を
クリアしている会場なので、パパママ婚など新郎新婦にお子さまがいらっしゃる場合はもちろん、お子さま連れのゲストでも安心できる結婚式場です。

( 関連リンク ) ウェルカムベビーの結婚式場  
   https://wedding.happy-note.com/

関連コンテンツ

結婚準備

人気記事ランキング

結婚式をお考えの方へ

プラン

プランのイメージ

挙式の時期や人数、スタイルによりさまざまなプランをご用意しています。

披露宴

披露宴のイメージ

人数やお好みの雰囲気にあわせて、披露宴会場をご提案いたします。