WEDDING

人前式とは?挙式の流れと特徴について

結婚準備のカテゴリー「挙式-人前式」イメージ
結婚の誓いを神仏にするかわりに、ゲストに証人になってもらうスタイルの人前式。
「絆」を大事にした、形式にとらわれないおふたりらしい自由な式にできるのが人気の理由です。

 

人前式とは?

人前式とは、その言葉通り、「人=列席者」に対して、結婚の誓いをする挙式のことです (キリスト教式、神前式は、それぞれ「神様」に対して結婚の誓いをするもの)。
自由なスタイルが魅力の人前式は、宗教上の事情や、ふたりらしいセレモニーを希望するカップルに好まれているようです。
人前式のポイント

・会場、設営を決める
・司会者を立てる
・立会人を依頼する
・進行を決める

*比較的自由が許される人前式でも、やはり、人生の大切な節目の儀式に変わりはありません。
*会場を選ぶ際には、くだけすぎることのない、挙式にふさわしい場所を選びましょう。
 ゲストの顔ぶれによって、式次第も変わってくる場合がありますのでご注意を。
 たとえば、友人や親族中心であれば、アットホームに。仕事関係の方も列席するのであれば、厳かな雰囲気も取り入れるなどです。
*進行や、誓いの言葉に、ふたりならではの内容を盛り込めば、オリジナリティ満点になること間違いなしです。

人前式の魅力

宗教色がなく、アットホームで自由な雰囲気にできるのが人前式の魅力です。
進行を自由に組み立てることができ、お二人らしさを表現することができます。ゲストの皆様に誓いを立て、承認してもらうということで、新郎新婦にとっても、ゲストの皆様にとっても思い出深い結婚式となることでしょう。

人前式の演出

・ブーケセレモニー
ブーケとブトニアの起源と言われる、中世ヨーロッパの物語を再現するブーケセレモニーは人前式の人気の演出の一つです。

・お水合わせの儀
和の人前式を希望する新郎新婦には、日本伝統の「お水合わせの儀」を取り入れるのもおすすめです。

・キャンドルリレー
列席の皆様にキャンドルの炎をリレーしてもらい、新郎新婦のところまで炎が届いたら、願いを込めて封じ込めるというセレモニーです。全員参加型の演出を希望の方におすすめです。

人前式の演出について詳しくはこちらから

人前式ができる会場

ラボ 人前式の会場でおすすめなのが世界的なデジタルアート集団「チームラボ」とホテル椿山荘東京がコラボレーションした、新しいスタイルの人前式「Camellia and  Butterflies for Eternity」です。
ホテル椿山荘東京の椿と花々と蝶をモチーフにした、幻想的な挙式空間です。
 

人前式をするにあたり、注意したいこと

人前式の挙式会場を決める

人前式イメージまず、ふたりで挙式の内容やイメージをよく話し合ってから、会場を探します。
人前式=カジュアルと考えられがちですが、やはり、挙式は新しい人生の出発点となるけじめの場。その点を忘れずに、ふさわしい会場を選びましょう。
挙式と披露宴を同じ場所で行う場合、会場内にバージンロードを設置するなど、特別な演出も可能ですので、希望は何でも担当者に相談を。

人前式の進行

人前式イメージ人前式は、式の進行をふたりが決めていくということが大きな特徴です。進行を考える際には、挙式としてのけじめや厳かさは損なわないようにすることが大切。どうしたらよいかわからない場合は、キリスト教式や神前式の式次第を参考に、誓いの言葉などを考えてみるのもおすすめです。
また、人前式では、進行役が必要になります。自由な演出だからこそ、進行役は非常に重要なポイントとなりますので、慎重に選びましょう。プロの司会者に依頼するのも一案です。

立会人代表は、ふたりをよく知り、さらに、人前式のスタイルに賛同してくださる方に依頼しましょう。立会人代表には、他の立会人である列席者全員にふたりの結婚を宣言し、承認をいただくという役目があります。司会者、立会人代表とは、よく打合せをして、当日はスムーズに式を執り行うことができるようにしたいものです。

式次第一例

結婚準備のカテゴリー「挙式-人前式」記事イメージ

関連コンテンツ

結婚準備

結婚式をお考えの方へ

プラン

プランのイメージ

挙式の時期や人数、スタイルによりさまざまなプランをご用意しています。

披露宴

披露宴のイメージ

人数やお好みの雰囲気にあわせて、披露宴会場をご提案いたします。