WEDDING

婚約について

結婚準備のカテゴリー「婚約・結納」イメージ
「婚約」期間のない「結婚」はありません。
まずは恋人同士としてお付き合いをはじめたり、お見合いを経て正式に結婚の意志を伝えて、それから「結婚」となります。
今回は、そんな「結婚」と「婚約」の違いをご紹介します。

 

「婚約する」とは?

婚約に、法的・社会的に決められた形式はありません。
カップルが結婚の約束をして、家族や職場の方々へその旨を表明し、社会的に了承していただくことが「婚約する」ということです。
結婚に対して自覚や責任を持ち、結婚の約束をより確かなものにするために、結納や食事会を開くことが多いようです。

また日本の法律では、「結婚」は「婚姻」と呼ばれ、夫婦である事を意味しています。
「婚姻届」を役所に提出することで成立し、このような変化があります。
・夫婦で新しい籍をつくり、名字が同じになる
・夫婦として生活・扶養・同居・相続などの義務と権利が発生する
・夫婦としての様々な権利が与えられる
これに対して「婚約」は、あくまで結婚を前提とする約束をしている状態であるので、上記のような法律上の夫婦ではなく、まだ「婚約者」という他人なのです。

婚約のいろいろ

・結納をする
・両家で顔合わせの食事会をする
・婚約式を行う
・婚約パーティを開く
・婚約通知状を出す(最近では、メールや電話での報告が多い)
婚約のかたちにはさまざまなものがあります。ご両親ともよく相談し、ふたりらしいスタイルを見つけましょう。

関連コンテンツ

結婚準備

人気記事ランキング

結婚式をお考えの方へ

プラン

プランのイメージ

挙式の時期や人数、スタイルによりさまざまなプランをご用意しています。

披露宴

披露宴のイメージ

人数やお好みの雰囲気にあわせて、披露宴会場をご提案いたします。