WEDDING

結納をする理由とは?結納の基礎知識

結婚準備のカテゴリー「結納品」記事イメージ
日本独特の婚礼の慣習「 結納 」
しかし近年では、価値観の多様化により、結納を簡略化するケースや、また結納を行わずに両家の顔合わせで済ませるケースなど
結納の在り方も大きな変化を見せています。
結納は日本の風土が育んだ素晴らしい婚礼のセレモニーです。
ひとつひとつに深い意味が込められ、それを理解することは結婚への新たな決意につながるでしょう。
結納とは何か、なぜ結納をした方がいいのか。
結納の意味を正しく理解し、ふたりの結婚をより意義深いものにしてはいかがでしょうか。

 

結納の意味を正しく理解しよう

結納とは、その漢字が示すとおり「 結び、納める 」と書きます。
ここで結ばれるものは、結婚する新郎新婦だけでなく、その両家を意味しています。
つまり結納とは、「 結婚する両家が結ばれ、一つに納まる」ということ。結ばれる家と家とが、お祝いの品を交換することを意味しています。

品川神社権禰宜の川辺 徹( かわべ とおる )さんは、結納の意義についてこう説明されています。
『 1人の男性と1人の女性が出会い、「 縁 」が働き、ふたりが共に生きていく「 結婚 」という実は結ぶ。日本人は昔からこの「 結び 」を大切にしてきました。「 結び=生(む)す」です。結びから、新しい魂の力が生まれてくる』と。
なにかとなにかが結ばれたところには新しい魂が宿り、そこから命・力が生すと考えられてきました。
両家の縁を結んで納める、それが結納なのです。

次に、結納の歴史をひもといてみましょう。
結納は、4~5世紀に仁徳天皇の皇太子が結婚されたとき、贈り物( 納采 )を贈られたことがルーツとされています。
これが宮中儀礼の「 納采の儀 」となりました。それが時代を経て、「 結納 」として庶民にこの儀式が広まったのは江戸時代の後期の元禄の頃と言われ、一般家庭にまで定着したのは明治時代に入ってからと言われます。
当時は見合い結婚が多かったことから、新郎新婦の両親をつなぐ「 仲人 」がまとめ役となり、両家を行き来して結納を行っていました。
そして昭和の中頃になると住宅事情の変化により、ホテルや料亭などで、両家の家族や親戚が一堂に会して結納が行われるようになっていきました。

このような背景から、現在行われている結納は大きく3つのスタイルに分かれます。

【 正式結納 】
伝統的なスタイルで、仲人が新郎新婦の両家を行き来し結納を交わす結納です。仲人は男性側から結納品を預かり、それを女性側へ届けます。
女性側は仲人をもてなし、男性側への受書( 結納品を受け取った領収書的なもの )と結納品を仲人に届けてもらいます。
関東では正式結納では、結納品は9品目が正式と言われています。

【 略式結納 】
仲人が両家を行き来することなく、ホテルや料亭で結納を行います。
この場合、男性側だけが結納品を用意し、女性側は受書だけを用意するのが一般的です。仲人立てる場合と立てない場合があります。

【 顔合わせ(食事会)】
結納品を用意せず、新郎新婦の両家が顔合わせすることで結納に代えます。
通常は食事会となり、記念品の取り交わしにとどめます。

 
結納のいわれなどについては、こちらの記事も参考になると思いますので、ご一読ください。

結納とは
https://hotel-chinzanso-tokyo.jp/wedding/for-wedding/prepare/engagement/yuinou01.html

結納はした方がいいの?

結婚準備のカテゴリー「結納品」記事イメージ

日本人の生活慣習の変化により、結納も正式結納ではなく略式結納が主流になり、さらには食事会を結納の代わりに行うケースも多くなりました。
結納をしない新郎新婦の意見としては「 面倒だし負担になる 」、「 本人の気持ちが大事 」などがあります。
しかし、それも含めて「 儀式として意義が感じられない 」という意見が大半でしょう。

時代や地域などにより、結納の儀式はさまざまな形があります。
しかし、その精神は昔もいまも変わりません。結納を通して結婚式までのふたりの気持ちや関係性を再確認することにあります。
また新婦側のご両親にすれば、大切に育ててきた娘さんが、嫁ぐ家から誠意を感じれば安心できるというものです。
結納の奥底とには、日本ならではの「 思いやりの心 」が息づいているのです。
具体的に結納をした方がいい理由を3つ紹介します。

(1)結納は両家の結婚の正式な約束になる
結納は、日本の歴史が背景にあるおごそかな儀式です。そのため、家と家がお祝いの品を交換します。
儀式をすることで、「 結婚 」という約束が正式に取り交わされたことを意味します。

(2)結納は家同士の結びつきが強くなる
結納が両家の顔合わせとなります。食事をともに取ることで、両家のコミュニケーションが円滑になります。
また結納の一連の儀式を執り行う中で、両家の人となりも理解できます。今後上手にお付き合いしていく上での参考になるでしょう。

(3)結納は地域の伝統文化を感じる場になる
結納は日本独自の婚礼文化ですが、同時に各地域に独自の伝統も根付いています。
郷土で守り継がれてきた文化に触れられる滅多にない機会と言えるでしょう。
今まで育んでくれた郷土への感謝の心も深まること間違いありません。

 

結納をする場所はどこがいいの?

結婚準備のカテゴリー「結納」記事イメージ

結納はかつては仲人を立て、仲人が両家を行き来して両家自体は顔を合わせないのが作法でした( 正式結納 )
しかし今では、両家がホテルなどで一堂に会するのが普通となっています( 略式結納 )
そのような理由から、結納を行う場所には特にルールはありません。一般的には、新婦の実家やホテル、料亭、個室のあるレストラン、結婚式場などが挙げられます。

【 結納をする地域はどこがいいか 】
結納の場所を決定する際、両家の実家の場所から考えるといいでしょう。両家の距離が近い場合は、新婦の実家や地元の料亭でもいいでしょう。
しかし、例えば東京で知り合った地方出身同士のおふたりのように、両家の距離が離れている場合は思案のしどころです。
一般的には、両家の中間地点に当たる場所か、新郎新婦がいま暮らしている地域で結納を行うのが良いでしょう。
当然ですが、距離だけでなく両家からの交通アクセスも考慮しましょう。

【 結納をホテルでするのがいい理由 】
結納は、晴れやかな婚礼の儀式。できれば格式のある場所で執り行いたいものです。その中でもお勧めしたいのは、ホテルで行う結納です。
ホテルには、なんといっても高い格式と気品があり結納の場にふさわしいでしょう。
結納のあとはホテル内の料亭やレストランで、改めて顔合わせとして食事会を開催することもできます。
ホテルであれば、空港や駅からタクシーに乗っても名前さえ告げれば連れて行ってくれるので安心です。
また結納の場には赤ちゃんから高齢の方まで、さまざまな世代の人が集まります。ですからベビーベッドを完備していたり、バリアフリーに配慮しているなど、あらゆる世代に優しい施設やサービスを兼ね備えているかなども確認したいポイントです。
遠方から参加する方なら、ホテルに宿泊すれば時間的にも余裕が生まれます。また疲れたときも自室で休憩できます。

 

結納の日取りの決め方

結納の日取りは、結婚式の3ヶ月前から6ヶ月前に行うのが一般的とされています。
そのとき、六輝のなかでもお日柄の良い日とされる「 大安 」「 友引 」「 先勝 」を選びましょう。
なお、日本では祝いごとは午前中に行う慣習があります。結納もそれにならい、午後2~3時くらいにはお開きになるよう、時間に余裕を持って予定を立てましょう。

ちなみに、六輝での良いお日柄には以下のような意味合いがあります。
【 大安 】 「 大いに安し 」を意味し、六輝のなかではもっとも良い日とされ、婚礼には最適の日です。
【 友引 】 「 凶事に友を引く 」という意味があり、祝いごとには吉となります。
【 先勝 】 「 先ずれば勝つ 」を意味し、急ぐことは吉とされます。ただし午前中は吉、午後2~6時は凶とされるので注意しましょう。

 

結納のことで迷ったら、ウエディングプランナーに相談しよう

結婚準備のカテゴリー「結納品」記事イメージ 結納は結婚と同じく、一生に一度のことです。ふたりにとって、また親御さまにとっても初めての経験でしょう。
いざ結納をしようと思っても、分からないことだらけかも知れません。
「 結婚の約束 」とも言える結納は、晴れやかに進めたいものです。
結納のことで困ったら、結婚式場のウエディングプランナーに相談しましょう。今までの豊富な知識と経験から、最適なアドバイスを授けてくれるので安心です。
また、ホテルのウエディングではさまざまな結納プランを揃えているので、その中からふたりに最適なプランを選べます。結納プランでは結納品のセットをはじめ、家族書・親族書の書き方、当日の式進行のアドバイスなども可能です。
また提携店では、ギフトカードやオーダーメイドスーツといった婚約記念品や結納返しを揃えることも可能と、なにかと便利です。

 
結納品の内容( 関東と関西の結納品の違い )、結納金の金額、結納の服装、結納後の結納品の扱いなどは、こちらの記事も参考になると思いますので、ご一読ください。

結納品について
https://hotel-chinzanso-tokyo.jp/wedding/for-wedding/prepare/engagement/yuinou02.html

関連コンテンツ

結婚準備

結婚式をお考えの方へ

プラン

プランのイメージ

挙式の時期や人数、スタイルによりさまざまなプランをご用意しています。

披露宴

披露宴のイメージ

人数やお好みの雰囲気にあわせて、披露宴会場をご提案いたします。