WEDDING

美しい!キレイ!ウエディングを引き立てる料理のポイント

結婚準備のカテゴリー「料理-トレンド」記事イメージ
素晴らしいウエディングを、笑顔のゲストとともに祝う披露宴。
参加していただいたゲストに感謝の思いを込めて振る舞う料理は、結婚式のもうひとつの主役と言っても差し支えない存在です。
そんな結婚式の料理選びのポイントを分かりやすくご案内します。

 

料理ジャンルの選び方

結婚式の料理は、大きく分けて 「 フランス料理 」などの洋食や「 日本料理 」などの和食のジャンルが多く用意されています。
また、教会式の結婚式ならフランス料理、神殿の和装婚なら日本料理と、挙式と披露宴のイメージを同一にするおふたりもいます。

なお最近では、フランス料理に和のエッセンスを取り入れたり、日本料理にステーキを取り入れたりと、
リクエストがあれば柔軟に受け入れてくれている結婚式場がほとんどです。
ウエディングプランナーに相談するなどして、ふたりの理想のウエディング料理像に近づけましょう。

ただし注意点もあります。
自由が過ぎてさまざまなジャンルの料理が混在しすぎると、せっかくの料理のイメージや統一性がぼやけてしまいます。
あくまで基本の料理ジャンルはキープそや上で、細部をアレンジするようにしましょう。

 

ゲストの年齢層や顔ぶれに配慮する

フェア

料理ジャンルを選ぶとき、ゲストの年齢層や顔ぶれに配慮することも大切です。若いゲストが多ければ洋食、シニアのゲストが多ければ和食といった
感じです。
ただし場合によっては、料理のジャンルよりも味付けの方に配慮するのもいいでしょう。
ゲストに若者が多いときは「 こってり風味 」、シニアが多いときは「 あっさり風味 」と、世代にマッチした味覚に配慮することも料理コースを選ぶ際のポイントになるでしょう。

 

食物アレルギーに配慮する

結婚準備のカテゴリー「料理-トレンド」イメージ ゲストによっては、食物アレルギーの人がいらっしゃる可能性もあります。
特に、小麦粉や甲殻類に対するアレルギーには慎重に対処しましょう。
また直接の食材でなくても、エキスや出汁といった調味料類もアレルギーの対象になることもあるので、注意が必要です。
最近では、アレルギー対策として個別に別料理を提供することは珍しいことではありません。
ただし、当日いきなりの料理変更は難しいものです。
事前に召し上がれない食材などを聞いておきましょう。

 

箸を用意しておくと何かと喜ばれる

料理がフレンチのフルコースでも、人によっては料理を箸で召し上がりたいゲストもいらっしゃるでしょう。
特にシニアのゲストには、フォークとナイフの使い方に不慣れだったり、「 フォークとナイフはかた苦しい 」と感じる人がいらっしゃる可能性も
あります。
そんなゲストに配慮する意味でも、箸は用意しておくと喜ばれるでしょう。
 

やっぱり高級食材は取り入れたい!

結婚準備のカテゴリー「料理-フランス料理編」記事イメージ ハレの日の食べ物といえる結婚式の料理。
お祝いの気分を華やかに盛り立てるには、やはり特別な素材は使いたいものです。
そういった意味でも、フォアグラやトリュフといった普段あまり食べる機会のない高級食材は、結婚式には欠かせない食材といえます。


 

その土地の特徴ある料理でもてなす

遠方から参加するゲストが多い場合、結婚式を挙げるご当地の郷土料理などでおもてなしをすると、料理に旅行気分が加わり、個性が際立ちます。
郷土料理そのものでなくても、特産品の野菜や魚介類、ブランド牛など特産の食材を料理にアレンジしても良いでしょう。
また、おふたりの出身地域の食材を取り入れるのも良いものです。
 

季節感のある演出は日本人の美しい食の感性

結婚準備のカテゴリー「料理-日本料理」イメージ フレンチでも日本料理でも、ウエディングを挙げる季節を意識した演出は、四季の風情を愛する日本人をしてはぜひ取り入れたいものです。
魚介類や野菜などに季節の食材を取り入れるのはもちろん、季節の食用花をあしらったり、
桜の花びらやモミジなどを添えたりするだけで、季節の情緒がグッと高まります。

新郎新婦の思い出の料理を取り入れる

新郎新婦に思い出の料理があれば、その料理をコースの一部に取り入れるのも一興です。
司会者にそのエピソードをアナウンスしてもらえば、思い出をゲストと共有できます。
特にそういった料理が思い浮かばない場合は、デザートに新婦の好きな食材を組み込むなど、さり気ない演出でも
ゲストの心に残るものになるでしょう。

 

カジュアルなパーティー形式の結婚式なら、ブッフェスタイルで

フォーマルな結婚式の披露宴のほかに、最近ではよりカジュアル志向のパーティー形式や、いわゆる「 1.5次会 」の結婚式も増えています。
そういった結婚式では、席を固定していない場合も多いため、自由に飲食ができるブッフェスタイルになることが多いです。
ブッフェ形式の料理は、コース料理よりもはるかに自由度が高くなります。
取り分けがしやすく、カジュアルな雰囲気を演出しやすいです。

 

料理自体を結婚式の演出に

結婚準備のカテゴリー「料理-トレンド」記事イメージ

披露宴の料理は、素晴らしい演出にもなります。
例えば、オープンキッチンを完備した会場なら、シェフの調理するさまを目の前で見ることができるので、ライブ感覚満点です。
美しい料理を締めくくるデザートタイムは、演出の宝庫!デザートブッフェは見た目も美しく、インスタ映えもバッチリ。
そのまま席を立ってホワイエなどで楽しんだり、または炎を使ったダイナミックなデザートの演出もゲストに喜んでいただけるでしょう。

 

結婚式場が主催する見学会や試食会は要チェック!

ブライダルフェアで見るべきポイント イメージ 結婚式場選びで会場を訪れるときは、結婚式場が主催する見学会や試食会を利用しましょう。
実際の披露宴会場などで、どんな料理が提供されるのかチェックできる場です。
どんなネット情報やカタログよりも、この目で見て舌でチェックした味にはかないません。
料理の味はもちろん、料理を引き立てる食器やスタッフのサービス、施設の雰囲気やホスピタリティなども要チェックです。
シチュエーションが料理の味わいや満足感を、何倍も引き立ててくれます。

 
結婚式は料理でもゲストに感謝の心を伝えたいものです。
もちろん、一番大切なことは「 おもてなしの心 」。招待するゲストひとりひとりの笑顔を思い浮かべて、料理の内容を決めましょう。

関連コンテンツ

結婚準備

結婚式をお考えの方へ

プラン

プランのイメージ

挙式の時期や人数、スタイルによりさまざまなプランをご用意しています。

披露宴

披露宴のイメージ

人数やお好みの雰囲気にあわせて、披露宴会場をご提案いたします。