WEDDING

結婚式の思い出を一枚の写真に!写真婚で女優気分を

結婚準備のカテゴリー「前撮り」イメージ
一生に一度だけの結婚式の思い出を、美しい写真に記録する写真婚。
ホテルのスタジオはもちろん、館内や庭園などの素晴らしいロケーションで優雅に撮影できます。
新郎新婦のおふたりや、ご家族の幸せに満ちた表情を、写真に納めて一生の思い出に収めてはいかがでしょうか。
 

 

写真婚とは?

和装

多様化が進む、ウエディングのスタイル。
その中で「 大げさな挙式はしないけれど、結婚式の思い出は美しく残したい 」と希望するカップルが増えています。
そんなおふたりに人気のウエディングスタイルが「 写真婚 」です。

 

写真婚はこんなカップルにおすすめ!

結婚準備のカテゴリー「進行・演出」カテゴリイメージ 写真婚は、結婚式の衣裳をまとった新郎新婦の晴れ姿を、
写真に収めて記念に残すウエディングスタイルです。
写真を撮影するだけの場合もあれば、結婚式のオプションにしたり、
ご親族同士の会食の場にするなど、さまざまな活用法があります。
写真婚は、ふたりの都合さえ合えば撮影できるので、
予定が立てやすいというメリットもあります。
また当然、通常の結婚式よりもコストが抑えられるので、予算に余裕が生まれます。
( 1 )結婚式はしないけれど記念の写真を残したい
おふたりの意向や様々な事情で、結婚式は行わない。けれど、結婚の記念は残したい。
そんなときは、結婚衣裳をまとって写真を撮影すれば、一生の思い出が残ります。
再婚や子連れ婚などで、結婚式はささやかに行いたいというご意向にも、写真婚はおすすめです。
「 授かり婚 」の場合でも新婦の負担が少ない写真婚は、検討したい選択肢のひとつです。
ひとまず結婚の時点で写真を撮影し、出産後の落ち着いた時期に改めて披露宴を行うことも可能です。

( 2 )披露宴以外の衣裳を着た結婚写真を撮りたい
例えば、披露宴では洋装のウエディングドレスを着用したけれど、白無垢など和装の結婚写真も残したい。
その逆で、披露宴では和装だったけれど洋装の結婚写真も残したい。そんなリクエストにも応えてくれます。
和装では、凛々しく厳かに。洋装では、華やかに美しく。写真婚を設定することで、ウエディングの喜びを多面的に残せるのは、
写真婚ならではの特徴です。

( 3 )結婚の周年記念などで記念の撮影をしたい
結婚25周年の「 銀婚式 」、50周年の「 金婚式 」はもちろん、結婚ん1周年の「 紙婚式 」や5周年の「 木婚式 」といった「 周年記念日 」は、
ご夫婦の歩みの節目として大切にしたいものです。
そんな日の記念にも、写真婚はうってつけです。周年ごとにお子さまやお孫さまの数が増えるなど、
ご夫婦の歴史の積み重ねを記録することができます。

( 4 )前撮りで女優感を満喫したい
写真婚は、結婚式の撮影の前撮りとしても人気です。
結婚式当日の撮影では叶わない、映画のワンシーンのようなカットをじっくりと撮影できます。
もちろん、撮影するのはプロカメラマン。まるで映画のヒロインのように、撮影の中で女優感を満喫することができます。

( 5 )写真婚でご家族との絆を深めたい
結婚式の当日に撮影するご家族との写真というと、時間的な制約などから、ありがちな集合写真になりがちです。
撮影時間に余裕のある写真婚なら、大切なご家族やご親族との写真もゆっくりと撮影できます。
集合写真だけでなく、ご家族と一緒にさまざまなポーズをとるなど、撮影のバリエーションも広がり、ご家族との思い出深い一枚が残せます。

 

写真婚の場所選びのポイント

ブライダルフェアで見るべきポイント 記事イメージ

一生の記念になる思い出の結婚写真。その撮影場所を選ぶときのポイントを紹介します。

( 1 )写真婚の実績が豊富な場所を選ぶ
撮影場所が、そもそも写真婚に対応しているか。また、写真婚の実績が豊富かどうかをチェックしましょう。
実績が豊富な場所なら、スタッフが今までの経験から、最適なプランを提案してくれます。
撮影点数や衣裳など、写真婚があらかじめパッケージになったプランがあれば、分りやすく便利です。

( 2 )ロケーションの素晴らしさを選ぶ
写真婚の決め手になるのは、何といってもロケーションの美しさです。
撮影スタジオはもちろん、屋内外のロケーションなど、撮影スポットの選択肢が多い場所ならベスト。
特に写真映えするガーデンの有無は要チェックポイントです。

*写真婚で人気のロケーション
  スタジオ・チャペル・和神殿・ホテル館内・ガーデン・テラス

なお、写真婚といえど、会場の下見は行うべきです。カタログやWEBサイトなどの写真では、建物の材質や調度品といった
本当の質感はわかりづらいものです。
おふたりのイメージにぴったりな写真婚の場所を、実際に確かめてえらびましょう。

( 3 )衣裳の豊富さで選ぶ
写真婚で着用する衣裳は、自前で手配して持ち込む方法もありますが、やはり会場でレンタルした方が何かと便利なものです。
コスチュームサロンを完備していたり、ドレスショップと提携している会場を選びましょう。

( 4 )写真婚の日にはご家族との会食も
写真婚の当日は、素晴らしいウエディングの一日としたいものです。
結婚写真を撮影した後は、レストランなどで食事の時間を設けてはいかがでしょうか。
ご家族やご親族も招待すれば、立派なレストランウエディングとなります。
こういった会食もセットになった「 写真婚プラン 」を提供している会場もあるので、チェックしてみましょう。

 
写真婚プランなどホテル椿山荘東京のお得なプランはこちらより、ご確認いただけます。

(関連リンク)https://hotel-chinzanso-tokyo.jp/wedding/plan/

関連コンテンツ

結婚準備

人気記事ランキング