WEDDING

結婚式を美しく締めくくる!新郎新婦の手紙&スピーチの秘訣はこれ!

プロに学ぶ 男のスピーチ術イメージ
新郎新婦の永遠の愛の誓いと、晴れやかな出発を祝う結婚式。
その中でも花嫁の手紙と花婿のスピーチは、結婚式を締めくくる重要な役割を担っています。
とはいえ、「 手紙を読むのは恥ずかしい・・・ 」「 人前で話すのは得意じゃない ・・・」と苦手意識を持っている人も少なくないでしょう。
結婚式の当日までにふたりの思いを伝えられるよう、準備をしっかりと行い、安心して当日に臨む気構えが大切です。
結婚式で「 花嫁が親御さまに送る手紙 」と「 花婿が話すスピーチ 」の秘訣をまとめました。

 

花嫁の手紙のポイント

ご新婦のお手紙レッスンイメージ 結婚式で、新婦が親御さまに読み上げる花嫁の手紙。結婚式のクライマックスとも言える、
感動の場面です。
しかし、いざ書こうと思っても「 どうやって書けばいいの? 」と
悩んでしまう人もいるでしょう。
手紙の書き方は自由です。しかしそんなときは、スピーチの「 基本的な流れ 」に沿って手紙を書いてみましょう。
それは、「 導入 」「 展開 」 「 結び 」という3つの章立てを作るというものです。
もちろんこの流れにこだわる必要はありません。
しかし、書き方に悩んだときには、大いに参考になります。
 
【 花嫁の手紙の基本的な流れ 】
( 1 )導入

結婚式に参加していただいたゲストへの感謝の言葉
「 です ・ます調 」で、ゲストに語りかけるような内容で作成しましょう。
( 2 )展開
幼少期から今にいたるまでの、親御さまとの思い出と感謝
ご家族さまに話しかけるような文体も、温かさがあっていいかもしれません。
( 3 )結び
新生活への抱負、花婿の親御さまへの挨拶
ゲストに向けて、「 です・ます調 」で締めくくりましょう。
ご新婦のお手紙レッスンイメージ 【手紙の内容はどうすればいいか】
この中で、( 1 )の導入と( 3 )の結びの部分は、考えるのが難しければ、
無理をせずにインターネットなどからの例文を参考にして作成してもかまいません。
手紙の中でもっともゲストに届けたい重要な内容は、( 2 )の展開の部分です。展開については以下のことを念頭において文章をつくりましょう。

【 誰に向けて書いているのか 】
花嫁の手紙は、親御さまに対して書かれていることがほとんどですが、
まず「 誰に向けているのか 」を意識することで、気持ちの方向がより明確になります。

【 その方( 親御さま )との思い出やエピソード 】
その方( 親御さま )との嬉しかった思い出やエピソードについて、「 そのとき自分が思ったこと 」
「 親元から巣立つ今、改めて思い返したときに感じること 」などを素直な気持ちで書きましょう。
そこから、親御さまへの感謝の言葉と、新生活への決意や抱負につながると、文章的にスムーズです。
【 手紙の長さはどれくらいがいいか 】
手紙の長さは、読み上げる時間にして2~3分がいいと言われています。
1分は400字詰めの原稿用紙1枚弱に相当するので、原稿用紙3枚( 1200字 )以内にとどめましょう。
また、手紙は一度書き上げても、少し時間をあけて読み直してみましょう( 夜に書き上げたら、翌朝読み返すなど )
そうすることで、落ち着いて客観的い手紙の内容を見つめることができます。

【 手紙は代読よりも本人が読むことが大切 】
当日は、感情があふれて「 泣いて手紙が読めなくなるかも・・・ 」と、心配する花嫁もいらっしゃいますが、
なるべく代読に頼ることなく、自分の言葉で感謝の気持ちを伝えたほうが、ゲストに感動を与えるものです。

 

花婿のスピーチのポイント

プロに学ぶ 男のスピーチ術イメージ 結婚式での花婿のスピーチには、披露宴でゲストを迎える「 ウエルカムスピーチ 」とお開きに話す「 謝辞 」の二つがあります。
それぞれの文章作りのポイントをご紹介します。

【 ゲストを迎えるウエルカムスピーチ 】
( 1 )ゲストの皆さまへご来席の「 お礼 」
( 2 )挙式報告、披露宴のテーマ、そして披露宴に込めたおもてなしの思いなどを含めた
「 ゲストへのメッセージ 」
( 3 )これから始まる祝宴をゲストに「 皆さまへの感謝を伝える時間にしていきます 」
という「 締めのことば 」
                         この3つのお話を、わかりやすい話し言葉でゲストに伝えます。

【 締めの謝辞 】
( 1 )挙式参列をはじめ、1日お付き合いをいただいたゲストへの「 御礼 」
( 2 )披露宴の中での、ゲストの方々の具体的な例を盛り込んだ、披露宴の「 感想 」
( 3 )家庭作りの想いを込めた、未来に向けての「 結びのことば 」

特に、披露宴を締めくくる謝辞の内容は、披露宴の中で「 目にしたこと 」「 耳にしたこと 」を、新郎さま自身の言葉でどう伝えるかがポイントです。
ゲストの笑顔や、楽しい余興など、当日新郎さまがゲストに囲まれて過ごした幸せな気持ちを、そのまま素直に表現しましょう。

【 スピーチの長さはどれくらいがいいか 】
スピーチの長さは、ウエルカムスピーチで30秒~1分、謝辞で1分~2分半が目安です。
1分は400字詰めの原稿用紙で1枚弱なので、ウエルカムスピーチは原稿用紙で1枚以内、謝辞は同じく1枚~2枚半となります。

 

新郎新婦の手紙やスピーチでいちばん大切なこと

笑顔メイン

結婚式での手紙やスピーチの秘けつについて、簡単に解説してきました。
しかし、いちばん大切なことは、新郎新婦が常に「 笑顔でいること 」です。
ゲストが目にしたいのは、「 新郎新婦の幸せな姿 」につきます。
当日は笑顔を振りまいて過ごしましょう。その笑顔の最高の見せ場が、手紙やスピーチの場面なのです。

 

手紙やスピーチに困ったら、手紙講座やスピーチ講座が強い味方に!

結婚準備のカテゴリー「演出・個性」記事イメージ

結婚式の手紙やスピーチは、誰もが一生に一度の経験です。
あれこれ悩むのは当たり前のことです。手紙や挨拶で迷ったときは、「 手紙講座 」や「 スピーチ講座 」を受講するのもいいでしょう。
講師には、結婚式の司会を務めてきたプロのアナウンサーが多く、長年の経験を活かしたアドバイスを授けてくれます。

レッスン受講では、手紙やスピーチの「 文章の作り方 」を、より詳しくアドバイスしてくれます。
もちろん、作成原稿は講師が目を通し、適切な修正を加えてくれるので、安心して結婚式の当日を迎えることができます。
また講座では、「 話し方 」についても丁寧にレッスンします。
声の設定やマイクの持ち方、あがらない方法、目線の向け方など、講師がさまざまな角度から指導してくれます。
受講後も、講師とメールでやり取りができるなど、アフターフォローも万全です。

いずれにしろ、ゲストの心に届き残すお話は、決してネット上には存在しません。
うわべだけの情報や行儀の良さに頼っていては、どこかで聞いたような内容のことばになってしまいます。
講座では、文章の作り方や話し方といった技術はもちろんのこと、「 素直なままの心をいかに伝えるか 」ということを重要視しています。
だからこそ、ゲストの心に響く手紙やスピーチになるのです。

 
( 関連リンク )花嫁講座 【 公式 】東京の結婚式・結婚式場ならホテル椿山荘東京
 https://hotel-chinzanso-tokyo.jp/wedding/for-wedding/lessons/

関連コンテンツ

結婚準備

人気記事ランキング

結婚式をお考えの方へ

プラン

プランのイメージ

挙式の時期や人数、スタイルによりさまざまなプランをご用意しています。

披露宴

披露宴のイメージ

人数やお好みの雰囲気にあわせて、披露宴会場をご提案いたします。