WEDDING

ロマンチックなナイトウエディング完全攻略!

コスモス夜
ナイトウエディングとは、文字通り日没ごろから始まるウエディングのこと。
夕暮れの時刻から結婚式が始まり、夜に披露宴やパーティーを開催するナイトウエディングは、
夜景やキャンドルの光がきらめく実に幻想的でロマンチックな演出。
個性的でふたりがひときわ輝く結婚式ができると、人気が上昇しているウエディングスタイルです。
最近ではプランを用意する結婚式場も増えているナイトウエディング。
その魅力と、式場選びのポイントなどを説明します。
 

 

ナイトウエディングの魅力ってなに?

結婚準備のカテゴリー 進行演出 キャンドルを使ったウエディング演出&コーディネート

ナイトウエディングは、日中に開催するウエディングにはない魅力がたくさんあります。
夕暮れから日が落ちて夜になる景色の変化や、暗闇に照らされる幻想的なキャンドルなど、ゲストへスペシャルな演出を提供できます。

( 1 )ロマンチックな演出が楽しめる
ナイトウエディング最大の魅力といえば、夜のシチュエーションを最大限に生かした、ロマンチックな演出でしょう。
代表的な演出としては、キャンドルです。披露宴会場に散りばめられたキャンドルのゆらゆらとした灯火は、とても温かみのある幻想的な世界を作ってくれます。
またそれとは対照的に、イルミネーションやサイリウムといった賑やかで華やかな光彩の演出も面白いものです。

( 2 )結婚式場が予約しやすくリーズナブル
結婚式は日中に開催されることが多いので、夜間は人気の時期でも比較的空いていることも多いようです。
また専用プランを設定されている場合、費用も日中の結婚式に比べて比較的リーズナブルに抑えられることもあります。

( 3 )夜だからこそゲストを招待しやすい
夜間に開催するナイトウエディングなので、仕事で日中の結婚式には参加できないような人でも参加が可能となります。
ゲストのことを考えると平日の結婚式は参列が難しいかもしれませんが、ナイトウエディングであれば平日の開催もじゅうぶん可能です。
また、遠方から来訪するゲストは出発時間に余裕を持つことができます。結婚式の翌日が休日なら、ゆっくりと時間を過ごせるのも魅力です。

 

ナイトウエディングにはどんな式場がおすすめ?

結婚準備のカテゴリー「演出・キャンドル」記事イメージ ナイトウエディングにおすすめの結婚式場には、いくつかのポイントがあります。
どんな点を考慮すべきかを説明します。とはいえ一番大事なのは、実際に夜間に訪問してみて、この目で雰囲気確かめてみること。
カタログやスペックからは見えてこない、その式場の魅力を発見できるかもしれません。

( 1 )美しい夜景やライトアップが楽しめるか
ナイトウエディングは、結婚式場の入口からスタートしているといっても過言ではありません。
施設自体の雰囲気や美しさはもちろん、周囲の夜景やライトアップが作り出すロケーションが
素晴らしいほど、ウエディングをロマンチックに演出してくれます。
建物の中からどんな夜の風景が楽しめるのかも、大きなポイントです。
窓が大きいほど外の夜景がきらめき、ロマンチックなひとときを演出してくれます。
夕暮れどきから日没時間のたそがれタイム、日が落ちたナイトタイムなど、時刻ごとに見せる景色の移りゆく表情も要チェックです。

( 2 )美しい庭園やテラスが整備されているか
ロマンチックなムードを重視したいナイトウエディングですが、結婚式場に庭園やテラスが整備されていると、ナイトウエディングの演出は幅が大きく広がります。
ライトアップされた庭園を舞台にした開放的なガーデンウエディングや、ホワイエをライトアップしてデザートブッフェを催したりと、ナイトタイムならではのさまざまな演出が楽しめます。

( 3 )料理・お酒に自信がある結婚式場か
ナイトウエディングで提供される料理は、ゲストにとっては夕食( ディナー )になります。
また夜間なので、日中の披露宴以上にお酒も進むことでしょう。
そのため、ナイトウエディングではお昼の披露宴やパーティー以上に、料理やお酒に気を遣う必要があります。
料理にこだわりを持ち、なおかつお酒の種類も多数揃えている結婚式場がお勧めです。

( 4 )交通アクセスの良い結婚式場か
ナイトウエディングは夜間の開催になるため、当然ゲストの帰宅時間が遅くなりがちです。ですから会場のアクセスが良くないと、帰途の交通手段がなくなったり、帰宅時間を考えて早めに退席せざるをえない場合もあります。
ゲストの方がなるべくゆっくり過ごしてもらえるよう、交通アクセスの良い結婚式場を選びましょう。
また、アクセスの都合でウエディングの当日は宿泊をすることになあるゲストもいらっしゃるでしょう。
結婚式場と宿泊施設とのアクセスも考慮しましょう。

 

ナイトウエディングの衣裳

結婚準備のカテゴリー「演出・キャンドル」記事イメージ ナイトウエディングで着用する衣裳に、特に決まったルールはありません。
ただ、ナイトウエディングは格式張った披露宴よりもゲストと距離が近いパーティースタイルになる場合が多い傾向があります。
そのため、ウエディングドレスも動きやすいデザインがお勧めといえます。
また、照明はムードが出やすい間接照明やキャンドルのライトとなります。
ウエディングドレスの色はナチュラルな白色、お色直しのドレスはパープルやレッド系といった暖色系の照明にマッチしたものがお勧めです。

春や秋に開催するナイトウエディングには、肌寒い場合もあるでしょう。
夜は身体が冷えないよう、ブランケットなどを用意しておきましょう。






 

ナイトウエディングのおすすめシーズン

夜

ナイトウエディングのメインシーズンは、やはりガーデンウエディングが快適な夏の季節と言えるでしょう。
夏は日没時間が長いので、17時半ごろから結婚式を始め、19時ごろから披露宴をスタートすることになると、
夕暮れから夜にかけての空の景色のうつろいも楽しめます。
日中は暑い夏ですが、日が落ちると気温が下がって過ごしやすくなるため、とても快適なガーデンウエディングとなります。

春や秋の季節は、基本的には窓越しに夜景がきらめく室内で挙式や披露宴・パーティーを行い、
デザートなどの演出のときに夜間の庭園を利用しましょう。
結婚式場によっては、春の可憐な桜や、秋の燃えるような紅葉が美しくライトアップされ、ウエディングに彩りを添えてくれます。
冬の季節は寒いため、基本的には室内でのウエディングとなり、日没時間が早いため16時ごろから結婚式を挙げることができます。
時期的にはクリスマスに代表される、ライトアップが一年でいちばん美しいシーズン。
窓からの夜景を満喫しながら、ロマンチックなナイトウエディングを過ごせます。

 

ナイトウエディングはホテルの結婚式場がおすすめ

チャペル このように魅力がいっぱいのナイトウエディング。
素晴らしいナイトウエディングを行うには、会場選びはさまざまな要素から検討すると、ホテルの結婚式場を第一候補に挙げることをおすすめします。

まずホテルには豊かな格式があります。建物の重厚さや洗練されたスタッフのサービスが、ナイトウエディングの雰囲気をひときわ高めてくれます。
もちろん料理やお酒も、自慢のホテルクオリティを満喫できます。
また庭園が併設されたホテルなら、ガーデンウエディングのための施設がある場合もございます。チャペル、神殿、バンケットなど館内施設の中からも、庭園の美しい夜景を楽しむことができます。

お開きの時間が遅いナイトウエディングは、ご親族やゲストの宿泊にも配慮する必要があります。
その点、ホテルなら移動せずにそのまま宿泊ができます。時間に余裕を持って過ごすことができ、翌日もゆっくりスタートができます。
赤ちゃんの授乳室やベビーベッド、車椅子の対応も安心。多くの世代が集まるウエディングだからこそ、ホテルのホスピタリティが光ります。

ナイトウエディングを検討しているなら、ぜひいちどホテルのウエディングプランナーに相談してみてはいかがでしょうか。
きっと素晴らしいプランを提案してくれることでしょう。
 

関連コンテンツ

結婚準備

人気記事ランキング

結婚式をお考えの方へ

プラン

プランのイメージ

挙式の時期や人数、スタイルによりさまざまなプランをご用意しています。

披露宴

披露宴のイメージ

人数やお好みの雰囲気にあわせて、披露宴会場をご提案いたします。