WEDDING

婚約指輪のお返しって必要?不要?

結婚準備のカテゴリー「指輪-人気」記事イメージ
婚約するときに男性から贈られるのが婚約指輪です。
婚約指輪を貰ったら、女性は婚約指輪のお返しを男性にプレゼントしたいものです。
どんなものが、婚約指輪のお返しに向いているのでしょうか。お返しに人気のアイテムを紹介いたします。
ぜひ参考にしてみてください。

 

婚約指輪のお返しは必要?

結婚準備のカテゴリー「指輪-人気ブランド」イメージ 婚約指輪のお返しは、必ずしも必要というわけではありません。
マイナビウエディングの調査によると、婚約指輪のお返しをした女性は、約3割というデータがあります。

3割というのは、数字だけで見れば決して高いものではありません。
しかい、むしろ「 3割の人はお返しをしている 」と捉えた方が良いように思われます。
というのは、日本には「 お返しの文化 」が存在します。気持ちのこもったプレゼントや贈り物に対しては、その感謝の気持ちとしてお返しを贈り、そのやり取りが心の交流を深めます。

婚姻の世界でも、結納に対して「 結納返し 」があります。
近年では結納の簡略化が進み、婚約指輪を「 結納品 」と捉える向きもあります。
そうなると、婚約指輪のお返しは、結納返しにあたることになります。
結婚は、ふたりだけの問題ではありません。
ご家族やご親族も含め、多くの人が関係する出来事です。婚約指輪のお返しも気にしない人がいないとも限りません。
婚約指輪にも、感謝のしるしとしてお返しをした方が、結婚に対する互いの気持ちを再確認できます。

(出典)マイナビウエディング 「 婚約指輪のお返しって必要? みんなの実情をアンケート 」 http://wedding.mynavi.jp/ring/contents/column/propose/2015/10/entry_41979/
 

婚約指輪のお返しは、男性の生活を豊かにするものがおすすめ

女性へのプレゼントといえば、アクセサリーや服、バッグなどファッション関係がメインになります。
しかい男性へのプレゼントとなると、「 何をあげたらいいんだろう? 」と悩む女性もいることでしょう。
男性へのプレゼントのポイントは、その男性が喜んでくれることはもちろんですが、生活を豊かにしてくれるものが好ましいといえます。
プレゼントの具体的なおすすめ内容は、別途紹介します。

婚約指輪のお返しは、ふたりの思い出の品になるものです。
ただ、値段が高いものではなく、年月を超えて思い出をいつまでも共有できるものにしましょう。
 

婚約指輪のお返しの予算は、いくらぐらいがいいの?

婚約指輪のお返しを検討するとき、悩みどころは予算です。ルールはありませんが、やはりもらった結婚指輪の値段から決めるのが妥当でしょう。
一般的には、婚約指輪のお返しの品の値段は、婚約指輪の3分の1~半額程度とされています。
例えば、婚約指輪が30万円だった場合、10万円~15万円が平均的な価格帯ということになります。
とはいえ、値段よりも「 何をあげれば喜んでくれるか 」ということの方が大切なことは、言うまでもありません。
 

腕時計は婚約指輪のお返しに人気

腕時計は、婚約指輪のお返しとしては定番的な人気です。品格のある腕時計は、オトコとしての価値観をアピールさせてくれるアイテム。
また女性の指輪のように、オンもオフも肌身離さず身につけられます。
腕時計の長所は、一生モノとして使えることです。品格あるアナログの文字盤、金属やレザーのベルトなどで大人を意識できるものがおすすめです。
 

ビジネスマンならスーツや靴、ネクタイピンもおすすめ

男性が仕事でスーツを着こなすビジネスマンなら、プレゼントにスーツを選択する方法もあります。
上等なスーツは高い気品があるので、ビジネスマンとしての品格を上げてくれます。
また男性が礼服を持っていないときは、礼服をプレゼントするのもおすすめ。ワンランク上のブランドを選んではいかがでしょうか。
また「 オトコのおしゃれは足元から 」と、靴をチョイスするのもいいものです。
ネクタイやネクタイピン、カフスボタンといったスーツの装飾品や付属品もおすすめです。
デザインが年齢的に合わなくなったとしても、人生の思い出として大切にしまっておくことができます。
 

財布やポーチ、メガネ

革製の財布やポーチは、高級感を感じさせるだけでなく、大切に使えば使うほどに味が出るものです。
ファッションのワンポイントとして、おしゃれにも活躍します。
メガネをかけている男性に対しては、メガネをお返しにするのもいいでしょう。
女性目線でコーディネートすれば、男性本人では気付かなかった魅力を再発見できるかもしれません。
 

高級文具は大人のたしなみ

今やメモもスマホで取ってしまう時代ですが、大人として自筆の手紙や書類をしたためる機会も増えるでしょう。
そんなとき、大人のたしなみとして、万年筆などの高級文具をプレゼントするのもおすすめです。
メールやワープロなどコンピューターでは表現できない、手書きの温かさを再認識させてくれます。
作家の池波正太郎は「 万年筆は男の武器 」といいました。
上質な万年筆なら一生もので使用でき、使うほどに味わいが深まります。またスーツのポケットにさせば、装飾品として存在感を示します。
 

男性の趣味から選ぶ

男性が趣味を持っている場合、趣味の道具をお返しにするのも選択肢のひとつです。
例えば釣りが好きなら、釣竿などはいかがでしょうか。
スポーツが好きなら、スポーツ用品やウエア、サングラスといった小物類もいいでしょう。
 

婚約指輪のお返しの注意点

結婚準備のカテゴリー「結納」記事イメージ 婚約指輪のお返しは、ただのプレゼントではありません。
結婚に対するお互いの気持ちを確かめるものです。
ですから、一生の思い出に残るものを選ぶべきです。
ポイントをおさえて、長く愛用できるものを選びましょう。

( 1 )流行りものは避けたほうが無難
流行りものは、その時はもらって嬉しいものです。
しかし流行が過ぎてしまうと、なかなか使いづらいものです。
逆に流行に左右されないものは、時代を超えて長く使うことができます。

( 2 )電子ガジェットは慎重に
婚約指輪のお返しに、ipadなどの電子ガジェットを選ぶ場合もあります。
確かに電子ガジェットは便利ですが、新機種が続々と登場するので
数年のうちに買い替えが必要になることも珍しくありません。
お返しを電子ガジェットにする時は、慎重に選びましょう。



婚約指輪のお返しについていかがでしたか?
男性が女性への気持ちを伝えるものが婚約指輪なら、そのお返しは女性が婚約に対する感謝を男性に伝えるものです。
男性が喜び、一生の宝物にできるようなお返しを考えましょう。

関連コンテンツ

結婚準備

結婚式をお考えの方へ

プラン

プランのイメージ

挙式の時期や人数、スタイルによりさまざまなプランをご用意しています。

披露宴

披露宴のイメージ

人数やお好みの雰囲気にあわせて、披露宴会場をご提案いたします。