WEDDING

もう迷わない!婚約指輪・結婚指輪の選びかた

結婚準備のカテゴリー「指輪-人気」記事イメージ
プロポーズや結婚に欠かせない大切なアイテムが、婚約指輪と結婚指輪といった、光り輝くブライダルジュエリーです。
婚約指輪や結婚指輪には、どんな意味があるのか、どれくらいの予算が必要なのか、買う時期はいつ頃がいいか等々。
婚約指輪や結婚指輪にまつわるあれこれを、分かりやすく解説します。
婚約指輪や結婚指輪の購入は、一生に一度のこと。思いに満ちたブライダルジュエリーで、永遠の愛を誓いましょう。

 

ブライダルジュエリーの歴史

結婚の証であるブライダルジュエリー。その歴史は古く、指輪としては古代エジプト時代にまでさかのぼります。
もっとも当時は、魔除けや戦いの武器として使われていたようです。
その後、紀元前1世紀の古代ローマ時代の頃になると、婚約指輪として使われるようになりました。
古代ローマ時代は、結婚よりも婚約が重視され、婚約が成立した証明として「 鉄の輪 」が贈られていました。
それが時代を経て、鉄が金になり、そして中世に、現在のような宝石が付いた指輪になったのだそうです。
結婚指輪の歴史はやや新しく、9世紀ごろに始まります。
ローマ教皇ニコラウス一世が結婚指輪を指にはめたことから、貴族の間で 「 結婚の証 」として広まったとされています。
日本でブライダルジュエリーの習慣が広まったのは、西洋の文化が流入した明治維新後のことになります。

ブライダルジュエリーの持つ意味

ブライダルジュエリーは、「 指輪 」という形そのものが意味を持っています。というのは古来、太陽と月は【 永遠 】の象徴でした。
指輪が描く「 円 」は、夫婦が永遠の絆を誓うシンボルなのです。
また、ブライダルジュエリーの定番石であるダイヤモンドにも、特別な意味があります。
ダイヤモンドは世界でいちばん硬い物質です。その硬度から、ブライダルにおいてダイヤはふたりを結びつける「 固い絆 」を意味しています。
そして、ダイヤの高い透明度にも「 純粋な愛 」という意味が込められています。

ブライダルジュエリーはいつ購入すればいいの?

婚約指輪を購入する時期は、一般的にはふたりの「 結婚の意思が決まったタイミング 」と言われています。
男性側としては結婚への決意の表れとなるので、婚約指輪は男性が女性に送ることが大前提になります。
婚約指輪は、プロポーズの前に購入するのが一般的ですが、プロポーズ後にふたりで購入するケースもあります。

それに対して結婚指輪は、結婚式でふたりが交換し合って永遠の愛を誓うためのもの。ですからふたりで購入するのが一般的です。
購入時期は、特に決まりはありませんが、挙式の3ヶ月~6ヶ月の間に購入するカップルが多い傾向にあります。

近年、婚約指輪と結婚式を一緒に付けられるよう、デザインに統一性を持たせる「 セットリング 」が人気を集めています。
婚約指輪を購入するときは、結婚指輪の購入もあらかじめ想定しておくことをおすすめします。

婚約指輪を購入するときに心がけたいこと

婚約指輪は、婚約者としてはただひとつの「 目に見える結婚への証」になります。
男性が婚約指輪を購入するときは、婚約者の女性に対する思いをリングに込めましょう。彼女の喜びそうなデザインや石などをさり気なくヒアリングしておけば、専門店のアドバイザーがコーディネートしてくれます。
また、ダイヤモンドだけをプロポーズに渡すなど、ジュエリーショップによっては婚約指輪に特化したサービスを提供しているところもあります。

ブライダルジュエリーの相場はいくらくらい?

男性からの立場でいえば、婚約指輪や結婚指輪の金額は、いくらぐらいを目安にすべきなのか、実に悩ましい問題でしょう。
かつて婚約指輪は「 給料3ヶ月 」というのが一般的でした。
しかい現在、婚約指輪は30~40万円前後がひとつの目安となっています。

また、結婚指輪は(デザインの幅にもよりますが)婚約指輪よりも値段が下がり、20~30万円前後が相場です。

以前にくらべ、婚約指輪や結婚指輪の価値は「 手に届かない高級ジュエリー 」というよりは「 ずっと身につけていられること 」が重要視される傾向にあります。価値が身近に感じられる価格帯に変化してきているのは、そうした傾向からでしょう。

ブライダルジュエリーを購入する際のポイントは?

婚約指輪や結婚指輪を購入する際、一般的には「 デザイン 」と「 価格」がもっとも大きな購入のポイントになることは、言うまでもないでしょう。
結婚指輪は、結婚後も身につけることが前提なので、家庭や仕事など女性のライフスタイルにフィットするデザインが好ましいといえます。

それに対して婚約指輪じゃ、結婚指輪よりも華やかなのでフォーマルな場で着用する機会が多くなります。
このときは、結婚指輪を外して婚約指輪をはめるよりも、二つのリングを同時にはめたほうが、ゴージャス感が高まります。
そんな時のために、婚約指輪と結婚指輪のデザインに統一性のある「 セットリング 」を取り扱っている店舗もあります。

しかし、購入を検討する際に大切にしたいポイントは他にもあります。それは【 アフターサービス 】です。ブライダルジュエリーは「 一生もの 」
ふたりの結婚の証として生涯身につけるものになります。そのリングをずっと守っていける【 保証 】の有無も重要です。

購入した店舗で修理などのサービスが整っていない場合、他店舗に依頼をしても修理できなかったり、完全な復元が困難な場合もあります。
ブライダルジュエリーは買い替えを前提に購入するわけではありませんので、目に見える部分だけではなく、こうした目に見えない部分にも気を配りましょう。

ブライダルジュエリーで代表的なデザインは?

結婚準備のカテゴリー「指輪-人気」記事イメージ ブライダルジュエリーは常に女性の心を魅惑する新しいデザインが登場します。
その一方で、いつまでも変わらない普遍的な美しさも大切です。
ここでは、新鮮さと普遍性を兼ね備えた3つのジュエリーデザインを紹介します。

(1)ソリティア
フランス語の「 ソリテール(単独) 」が語源のリングです。
デザインは、リングの真ん中にダイヤモンドの宝石を1粒装飾し、6本または4本の爪で留めた婚約指輪の王道といえるものです。
余計な装飾がなく、高さがあり石が目立つので、きらめくダイヤモンドの輝きをもっとも美しく見せてくれるデザインです。
 
結婚準備のカテゴリー「指輪-人気」記事イメージ (2)メレ
フランス語で「 小粒石 」と意味するリングです。
センターストーンの周囲に散りばめられた、小粒のサイドストーンの組み合わせが特徴的。
ゴージャスで華やかな雰囲気を醸しだしてくれます。
ひと口にメレといってもさまざまなデザインがあり、石の配置によって、時には上品に、
時にはかわいらしい雰囲気を、さまざまな表情を演出してくれます。
結婚準備のカテゴリー「指輪-人気ブランド」記事イメージ (3)エタニティ
英語で「 永遠 」を意味するリングです。
リングの外周には同一サイズの宝石が埋め込まれているのが特徴。
宝石が途切れなく並んでいることから、永遠の愛の象徴とも言われています。
婚約指輪としても結婚指輪としても兼用できるほか
普段つけもできるオールマイティな指輪として人気です。
石が全周に配された「 フルエタニティ 」と、石が半周に配された「 ハーフエタニティ 」の
2種類があり、フルエタニティはゴージャスな華やかさ、ハーフエタニティは可憐な雰囲気を演出してくれます。

ブライダルジュエリーの購入は、結婚式場と提携している専門店がいい?

ブライダルジュエリーは、一生に一度のもの。人生の記念として残される大切な品です。どこで購入するかは、慎重に検討すべきものでしょう。
そんな時に有力な選択肢になるのが、結婚式場と提携しているジュエリー専門店です。

ブライダルジュエリーは、結婚式を彩る大切なアイテムのひとつでもあります。
結婚式場と提携している専門店で選べば、結婚式とのトータルなコーディネートが可能となります。
また、結婚式場からの紹介で、特別優待などのさまざまなフェアや限定の成約サービスなど、提携店ならではのさまざまな特典が享受できるのも大きなメリットと言えるでしょう。

関連コンテンツ

結婚準備

結婚式をお考えの方へ

プラン

プランのイメージ

挙式の時期や人数、スタイルによりさまざまなプランをご用意しています。

披露宴

披露宴のイメージ

人数やお好みの雰囲気にあわせて、披露宴会場をご提案いたします。