【ガーデンウエディング】ワインをテーマにコーディネート こだわりいっぱいのウエディング | 東京の結婚式・結婚式場 ホテル椿山荘東京【公式】

【ガーデンウエディング】ワインをテーマにコーディネート こだわりいっぱいのウエディング

O.Kさま O.Yさま
●挙式日:2021.01.10
 ●披露宴会場:胡蝶 ●人数:42名

白を基調としたブーケ。アネモネをアクセントに入れて可愛らしくしました。ブーケのリボンにサムシングブルーを取り入れたのもポイントのひとつ。

ふんわりとした形&背中のデザインに一目惚れしました!( Hatsuko endo weddings)

光の入り方がとても綺麗なチャペル「ルミエール」。 百合の花の香りも魅力的でした!

東京雲海と共に庭園でのワンシーン。幻想的でした。

会場装花は白&グリーンのみでナチュラルなイメージにしました。

ケーキカットの代わりにプライベートガーデンにて『バルーンカット』。

カラードレスは、何層にも重なるチュールの色が1枚1枚異なっていて、光の当たり具合で印象が変わりとても綺麗でした。(Hatsuko endo weddings)

カラードレス時のブーケは、ドレスのイメージに合わせて自分で作りました!

花嫁の手紙の代わりに『ピアノ演奏』を行いました。

披露宴後は庭園のライトアップと一緒に撮影。

新郎・新婦より

出会って最初のデートがワインに特色のあるお店だったので、結婚式のテーマも『ワイン』にしました。
ワインボトルを飾ったり、ペーパーアイテムにグラスのデザインを入れたり、席札やリースはコルクを使って手作りしました!カラーもシャンパンゴールド&ワインレッドを意識して取り入れることで、より『ワイン』を連想させる空間になったと思います。

結婚式は「新郎新婦同士が共同作業を行うことで、絆を深めること」だと思います。
何があっても一緒にいたいと思うから結婚するのは当然ですが、プロポーズから始まって結婚式を挙げるまでの一連のプロセスを、お互いに確かめ合いながら進めることで、相手との絆がより深まると感じました。

ゲストからの嬉しかった反応として、新型コロナウイルスの感染対策に対して「安心だった」と言ってもらえたことも良かったです。
コロナ禍での結婚式だったので、招待状を送る段階から意識して「感染対策として行っていること」の詳細を説明する資料を入れたり、列席予定者には気遣いの連絡をこまめに入れるなどかなり気を使いました。
その結果、感染者が出なかったことは勿論、ゲストの方にも心置きなく楽しんでいただけた結婚式になったのではないかと思います。

これから結婚式を挙げる方へ

「こだわりたいことは、とことんこだわる!」「やりたいことは、我慢せずにやる!」
一生に一回の素敵な瞬間です。当日、人生で“一番素敵な笑顔”を新郎に見せるためにも、後悔しないように過ごしてください。しっかりとプランナーさんに相談することで希望は叶えられます!

私たちを担当してくださったプランナーさんは、小さなことでも連絡をすると毎回快く対応してくださいました。式直前に緊急事態宣言が発令され、ギリギリまでゲストの出欠変更があった時も、とても丁寧に対応してくださいました。コロナ禍での結婚式に対する負担もほとんどなく、感謝でいっぱいです!
また、当日の会場責任者さんはとても安心感のある方だったので、余計なことを考えずゲストの皆様と楽しむことができました!打ち合わせでは、テーブルラウンド中の写真撮影は親族のみと行う予定でしたが、当日「せっかくなので全テーブル撮りましょう!」と提案してくださったり、披露宴後には素敵な夜景のフォトスポットを教えてくださったりと“喜びに溢れた一日”になり感謝しています。

ブライダルコーディネーターより

この度は誠におめでとうございました。

慣れない生活の中でのご結婚式のご準備でご不安もたくさんあったと思います。そのような中でのご準備ではありましたが、おふたりの結婚式への想いやゲスト様へのお気遣いなど、お気持ちが強く伝わってまいりました。ご結婚式当日、笑顔いっぱいに輝いているおふたりを拝見し、自分のことのように嬉しく感じたのことを覚えています。

これからもおふたりの思い出の場所として、ホテル椿山荘東京を末永くよろしくお願いいたします。

ウエディングレポート一覧