WEDDING

もう一度チェック!結婚に際しての事務手続き

庭園
結婚が決まったら結婚式に向けての準備と並行して、各種の事務手続き行う必要があります。
特に女性は名字が変わる場合が多いので、男性以上に手続きが煩雑になりがちです。
スムーズな結婚準備のために、ひとつひとつ確実に手続きを行いましょう。

 

なるべく手間を省くために、役所に行く回数を減らす

結婚に関する事務手続きの手間を省くコツは、役所に行く回数を減らすことです。
例えば、婚姻届を出す前に引越しをする場合は、いま住んでいる市町村の役場で転出届けを出し、同時に国民健康保険に加入している人は
資格喪失手続きを行いましょう。
そのとき、婚姻届も一緒にもらいましょう( 婚姻届は全国どこの役場でも同じ書式です )

引越しをしたら、新住所の役場に転入届( 同一市町村なら転居届 )を出します。
このとき、国民年金の住所変更手続き、国民健康保険の加入手続きなども一緒に行います。肝心の婚姻届も、一緒に提出します。
こうすることで、婚姻届( 入籍 )と転出・転入といった引越し関連の手続きを一度に済ますことができます。

なお、転居・転入届は「 引越し後14日以内に提出する 」ことが義務付けられています。
この期間を守らないと、転入届と一緒に婚姻届が提出できなくなる可能性があるので、注意しましょう。
 

婚姻届を提出するときに必要なものは?

ウエディングのスケジュール「結婚後の手続き-婚姻届の届出」イメージ 婚姻届の提出には、婚姻届そのものもちろん、以下のものが必要です。
なお、婚姻届は全国どこの役場で入手しても同じものです。戸籍謄本( 抄本 )の取得や転出届の提出時に一緒に入手しましょう。

【 婚姻届に必要なもの 】
*婚姻届
*戸籍謄本( 抄本 )  ( 本籍地と婚姻届を提出する市町村が同じ場合は必要ありません )
*本人確認書( 運転免許証や健康保険証、マイナンバーカードなど )
*おふたりの印鑑
*20歳以上の証人2名 ( 通常は親や仲人、友人などになってもらいます )

なお、戸籍謄本( 抄本 )は、多忙な場合は代理人の取得や、郵送での請求も可能です。

婚姻届が承認された日が、入籍日( 結婚記念日 )となります。婚姻届を提出するタイミングは、結婚式の前でも、結婚式後でも問題ありません。
ただ、新婚旅行で海外に行く新郎新婦も多いでしょう。パスポートを書き換えすることなどを考えた場合は、結婚式の数ヶ月前に婚姻届を提出することをおすすめします。
 

氏名や住所変更等の事務手続きが必要なもの

ウエディングのスケジュール「結婚後の手続き-社会保険手続き」イメージ

婚姻届を提出し、氏名や住所などを変更した場合は、さまざまな氏名変更の手続きが必要になります。
また結婚を機に、退職や休職、転職をする人もいらっしゃるでしょう。
氏名や住所変更等の事務手続きが必要なものとしては、以下のものが挙げられます。婚姻届を出したら、すぐに手続きを行いましょう。
特に運転免許証は、身分証明書になるので早めに手続きすることをおすすめします。
なお、窓口に行かなくてもインターネット上で手続きできるものもあります。

【 事務手続きが必要なもの 】
*雇用保険( 退職し、再就職の意志のある人 )
*公的年金
*健康保険
*確定申告

【 氏名・住所変更等の手続きが必要なもの 】
*運転免許証・・・新住所を所轄する警察署( 交通課 )または運転免許試験場で手続きします。
*パスポート・・・都道府県の旅券発券窓口で手続きします。申請から受領までに通常で1週間程度かかるので、余裕を持って。
*生命保険・損害保険・・・  
   各保険会社に連絡し、必要書類を入手します。インターネット対応が可能な保険もあります。同時にプランの見直しも行いましょう。
*印鑑登録・・・転出時に廃止届を、転入時に登録届を出します。
*銀行口座・・・口座を開設した銀行の支店、または最寄の支店で手続きします。
*クレジットカード・・・各クレジットカード会社に連絡し、必要書類を入手します。
*自動車登録・・・登録方法が煩雑なので、ディーラーに依頼しましょう。
*電話・携帯電話・・・加入している電話会社に連絡します。インターネット対応が可能な場合もあります。
*インターネットプロバイダ・・・加入しているインターネットプロバイダに連絡します。インターネット対応が可能な場合もあります。
*有料放送( ケーブルテレビ・wowwowなど )・・・加入している有料放送会社に連絡します。インターネット対応が可能な場合もあります。
*NHK受信料・・・NHKに連絡します。インターネット対応が可能です。
*新聞・・・最寄の新聞販売店に連絡します。
 

勤務先に行う手続き

ルミエール 滝 特に女性の場合、結婚を機に名字が変わったり、退職・休職する人もいらっしゃるでしょう。
急な報告は会社に迷惑がかかる場合があるので、早めに行いましょう。

【 結婚の報告 】
結婚の報告は勤め先の上司や担当部署に、結婚式の3~4ヶ月前に行いましょう。

【 休暇届・退職届 】
結婚式の準備や新婚旅行などで休暇を取りたい場合は、3ヶ月前を目安に届出を行いましょう。
退職届も同様で、提出は退職予定日の3ヶ月前が余裕を持って準備できるでしょう。
 

郵便物の転送届は、必ず手続きを!

郵便物の転送届は最寄の郵便局で、引越しの1週間前から手続きできます。
転送届の手続きをしておくと、旧住所に送られてきた郵便物がそのまま転送されるので、
住所変更の連絡をし忘れていたものを、ダイレクトメールなどからチェックできます。
特に以前契約していて最近使用していないクレジットカードや、お気に入りのショップや美容院からのダイレクトメールなどは見落としがちなので、
注意しましょう。

 
いかがでしたか?結婚の事務手続きはすることが多く、何かと大変なものです。
この記事を参考に、スムーズに事務手続きを行いましょう。

関連コンテンツ

ウエディングのスケジュール

結婚式をお考えの方へ

プラン

プランのイメージ

挙式の時期や人数、スタイルによりさまざまなプランをご用意しています。

披露宴

披露宴のイメージ

人数やお好みの雰囲気にあわせて、披露宴会場をご提案いたします。