【和婚】秋から冬へと移りゆく季節 ゲストへの想いを込めたウエディングパーティー | 東京の結婚式・結婚式場 ホテル椿山荘東京【公式】

【和婚】秋から冬へと移りゆく季節 ゲストへの想いを込めたウエディングパーティー

中島 孝輔さま 和絵さま
●挙式日:2019.11.24
 ●披露宴会場:胡蝶 ●人数:88名

大きなクリスマスツリーの前で

自然の緑と優しい日の光を感じる神殿「杜乃宮」

ホテルの庭園でゲストのみなさまにご挨拶

秋の実や木の幹などで装飾したウエルカムスペース

ハツコ エンドウ ウェディングスで選んだこだわりの1着

新郎・新婦より

「日頃お世話になっているゲストへ感謝を伝えること」をテーマに準備を進めました。

挙式会場として選んだ場所は、庭園内神殿「杜乃宮」です。
神殿内に大きな窓があり、緑に囲まれ、優しい光を感じながら式を挙げられます。
本来なら親戚のみの神前式ですが、“親しい友人も招くことができる”ということが決め手となり選びました。
ゲストの笑顔と、温かな空間に包まれた挙式を思い出に残すことができました。
披露宴会場は「胡蝶」です。会場から庭が見えるため季節感が得られること、
広さが丁度よく高砂席からもゲストひとりひとりの顔が見えることでした。
当日はゲストの方々の表情がよく見え、それが嬉しく安心してパーティーを楽しむことができました!

ゲストへ日頃の感謝を伝える事が大きなテーマだったため、会場演出にこだわりました!
プロフィールムービーやBGMはゲストとの思い出にちなんだものや、ゲストへのメッセージを含んだものを選びました。
時間の都合上ムービーに載せきれなかった思い出の写真は、メッセージを入れてウエルカムスペースに飾りました。
ゲストの方々が「来てよかった」と思ってくださるように、
ゲストひとりひとりの顔をイメージしながら、メッセージ作成や会場の装飾、選曲を行いました。
式が終わった後に「品はあるのに、どこかアットホームで温かみのある式でよかった」「2人らしい和やかな式だった」というお声が聞けた事が嬉しかったです。
こだわったウエルカムスペースは「可愛らしさもあるのに全体的にダイナミックな飾りになっていて、圧巻だった」と好評をいただきました。

これから結婚式を挙げる方へ

私達は新郎両親がホテル椿山荘東京で挙式をしていた事がきっかけで見学に行きました。

希望の神前挙式ができる事、季節を楽しめる庭園がある事が決め手となり、こちらを選びました。
担当プランナーさんは直接会えない時でもメールや電話で情報を共有してくださり、当日はイメージ通りの演出をしてくださり助かりました。
みなさんも結婚式当日を思い描きながら、準備から当日までの全てを楽しんでください!

ブライダルコーディネーターより

この度はおめでとうございました。
お二人は、お越しくださるゲストのみなさまのためにとご準備を一生懸命に進められていましたね。ゲストのみなさまからいただいたお声は、私も自分のことのように嬉しく感じております。またお二人にお会いできるのを楽しみにしております。ぜひまた遊びにお越しください。

ウエディングレポート一覧