ホテル椿山荘東京の春夏秋冬Four Seasons

この森には、日本の季節がすべてある。
ホテル椿山荘東京の春夏秋冬。

SPRING

つぼみが花開くとともに、庭園を薄紅色に染める桜。あでやかに、風情豊かに咲き誇り、あたたかな春の訪れをお祝いします。

【3~4月】桜(さくら)、躑躅(つつじ)【5月】杜若(かきつばた)

  • 3月上旬

    黒文字-樹皮の模様が文字のように見えるところから、黒文字の名前が付いたと言われています。高級和菓子に添えてある楊枝の材料としても知られています。 4月頃になると黄緑色の新芽が顔を出します。

  • 3月上旬

    寒緋桜(かんひざくら)-釣り鐘状の花が特徴。 旧暦のお正月(2月頃)に咲き始めることから、元日桜(がんじつざくら)と呼ばれることもあります。

  • 3月上旬

    修善寺寒桜-冬と春が同時に、訪れているような景色。 早朝から降り始めた雪は、みぞれに変わり、しっとりとした満開の修善寺寒桜の姿もまた格別です。

  • 3月上旬

    山茱萸(さんしゅゆ)-春の花木の代表格。早春の光を浴びて輝くことから別名「春黄金花(はるこがねばな)」

  • 3月上旬

    春の山野草たち-ようやく穏やかな春風がやってきました。 そば処「無茶庵」に向かう階段の途中には、たくさんの山野層草が生息し、可愛らしい実や花をつけています。

  • 3月中旬

    おかめ桜-小さな花を下向きに咲かせる可憐な桜。 日本の美女「おかめ」になぞらえて命名されました。 イギリスの研究所で寒緋桜と豆桜を掛け合わせて誕生したそうです。

  • 3月中旬

    陽光桜-春を飾る大輪の桜。 染井吉野に先駆けて咲き、花の色が濃く、大きいのが特徴です。

  • 3月下旬

    椿の見頃-日ごとに移り行く庭園の花景色。 椿山荘の館内からもその様子がよくわかるくらいに、たくさんの花々が咲き誇っています。

  • 3月下旬

    東海桜-庭園の桜は次々に花を咲かせているのに、昨夜は雪がちらつき、まだまだ冬の陽気が続いていますね。 冷たい空気の中、チャペル「ヴァンヴェール」前に東海桜が咲いています。

  • 3月下旬

    おかめ桜-暖かな陽が出始めて、桜の木の下で記念撮影や庭園散策をされるお客様で賑わっています。 冠木門に向う道の途中には、可憐なおかめ桜が咲いています。日本の美女「おかめ」が名前の由来だそうです。

  • 3月下旬

    卒業写真卒業ソングにはよく桜が登場します。学校には、木に咲く花の数くらいたくさんの思い出があります。 そして、一枚一枚、枝から散りゆく花びらたちは、思い出とともに教室から旅立つ、友だち一人ひとりのようです。

  • 3月下旬

    雅桜-ほたる沢近くの緩やかな階段沿いでは、雅桜が満開を迎えています。 別名「プリンセス雅」とも呼ばれ、皇太子妃雅子様のご成婚記念として命名された桜です。

  • 3月下旬

    陽光桜-満開の雅桜の横に咲く、5部咲きの陽光桜。 同じ木でも陽の当たる角度によって、咲くタイミングが異なります。大輪の花びらの奥には、たくさんの蕾が咲くときを待っています。

  • 3月下旬

    染井吉野-都内各地でも桜開花情報が次々に発表されていますね。 椿山荘の「染井吉野」も蕾が大きく膨らみ、1週間後には見頃を迎えそうです。

  • 3月下旬

    染井吉野-気象庁から東京の桜(染井吉野)の開花が発表されました。 椿山荘の染井吉野は1~3分咲き。染井村の植木屋が江戸時代末期に品種改良(大島桜と江戸彼岸桜の雑種)をして誕生しました。

  • 3月下旬

    春の散歩道-今日は4月中旬並みの気候。 数日前に5部咲きだった陽光桜はあっという間にほぼ満開に。 暖かな風に包まれた春の散歩道には、ゆったりとした時間が流れています。

  • 4月上旬

    陽光桜満開-この季節ならではの色彩美。 空の青と桜のピンク色のコラボレーションは圧巻です。 染井吉野は一分咲き。来週末には満開を迎えそうです。

  • 4月上旬

    桜満開-夕暮れに近づき始める庭園。 満開の桜に包まれた椿山荘は、たくさんのお客様で賑わっています。庭園で桜鑑賞を お楽しみいただいた後は、カフェ「フォレスタ」でご休憩を・・・

  • 4月上旬

    チャペル・ヴァンヴェール付近の「乙女椿」と「陽光桜」が満開です。

  • 4月上旬

    フレッシャーズ真新しいダークカラーのスーツや制服に桜のピンクがとても映えます。 少し、緊張の面持ちで桜咲く庭園で記念写真をパシャリ。

  • 4月上旬

    神田川の桜並木-都内屈指の桜の名所「神田川沿いの桜並木」。 2㎞程続く染井吉野の桜並木は5分咲き。絶景のお花見&写真スポットです。

  • 4月上旬

    夜桜を照らすライトアップ! 桜など春の庭園をピンクやイエローの季節カラーのライトが美しく照らします。

  • 4月上旬

    夜桜-一斉に咲きほころぶ桜たち。 夕刻の姿もまた格別。

  • 4月上旬

    しだれ桃-春爛漫・・・ 絶好の散策日和。 桃やつつじも咲きそろいました。 桜と共にお楽しみください。

  • 4月上旬

    桜満開宣言-春爛漫、夕陽の中で深まる桜色。どこを見渡しても絵になる花景色は一驚です。

  • 4月上旬

    春の絶景-水面を彩る「花いかだ」の姿も薄っすらを現われはじめました。

  • 4月上旬

    しだれ桜-まだまだ続く椿山荘の桜景色。 庭園中央の古香井付近(井戸)では、しだれ桜が見頃を迎えています。

  • 4月上旬

    華いかだ-庭園の冠木門を抜けると、さらなる春の絶景が・・・ 散りゆく桜が水面に浮かび連なる姿・・・「花いかだ」。 神田川沿いの桜模様を心ゆくまでご堪能ください。

  • 4月中旬

    しだれ桜-今週もまだまだ続くお花見日和。 三重塔近く、満開の染井吉野の隣には、しだれ桜が咲き始めています。

  • 4月中旬

    「古香井」周辺のしだれ桜-豪快に咲くしだれ桜、古香井(庭園内の井戸)周辺にて。桜は子孫を確実に残す木だそうで、蕾や半開きの花のうちは、風や雨が吹き荒れようとも枝から離れることはないそうです。 来年も会えるのだろうけれど、でもあともう少しだけ、私たちに花見を楽しませてください。 この辺りには、5月頃から蛍が飛び交います。

  • 4月中旬

    桜、そして新緑へ-心地よい春風が吹いています。 桜の花びらが舞う頃、美しく輝きはじめる新緑。

  • 4月中旬

    春風-昨日の雨がまだ少し残る庭園に、春風をうけた桜が舞い散ります。 5月下旬ころから飛び始める蛍は、桜が散る雨の夜、水から上陸してまもなくさなぎになるようです。 幻想的な光が舞う初夏の夜が待ち遠しいです・・・

  • 4月中旬

    桜舞う春の庭園-たくさんの若葉も顔をだし、都内のお花見も終盤に差し掛かっていますね。 椿山荘では、これから遅咲きの「八重桜」が咲きはじめ、庭園の桜からはまだまだ目が離せません。

  • 4月中旬

    春のお客様-今日は、春爛漫のポカポカ陽気。可愛らしいお客様が桜を眺めながら日向ぼっこをしています。

  • 4月中旬

    妖艶水車の横に異彩を放つ「黒椿」。 太陽の光は眩しそうで、曇天や夜にその妖艶な姿の魅力が増していきます。

  • 4月中旬

    恵比寿さんのつぶやき あせびさん、あせびさん、一年ぶりですね。 わたしはあなたが咲く季節が一番好きです。 若葉が萌える椿山荘は本当にきれいで。 桜もいいけれど、新緑のときにもお客さんにたくさん来ていただきたいものです。広い庭園で私の仲間を見つけながら散策するのも楽しいと思いますし。 あ、仲間はあと7人いますからね、6人じゃぁ、ありませんよ、ここは! 商売繁盛♪商売繁盛♪

  • 4月下旬

    山吹色庭園の方々に山吹が咲いています。 キラキラ、ソワソワしている新緑の合間に落ち着いたイエローの山吹色はどことなく安心感があります。

  • 4月下旬

    シャガ-庭園はすっかり春から初夏の色に移り変わりました。 すらりと伸びる爽やかな白いシャガの花。近くで見るとこんな素敵な模様が。

  • 4月下旬

    牡丹-古香井付近の牡丹が満開です。 中国の国花。 新年を祝う花として中国で最も愛されている花です。 日本へは奈良時代に渡来してきたそうです。

  • 5月上旬

    風薫る5月になりました根津神社のつつじ、見頃を迎えているようです! 文京区のもう一つの庭園、椿山荘でもつつじが見頃を迎えています。 何か、子供の頃を思い出すつつじ、是非お楽しみくださいませ。

SUMMER

紫陽花の咲く水無月が過ぎると、陽射しを浴びて生い茂る緑の木々。初夏には、幻想的なほたるの飛翔もお楽しみいただけます。

【6月】紫陽花【7~8月】百日紅

  • 5月上旬

    鴨さんぽ~幽翠池(ゆうすいち)の畔のあやめが休憩中の鴨を見つめています。 鴨もずーっと何処か一点を見つめています。 空や水面を渡る姿は優雅に見えるけれどけっこう、くたびれるのでしょうか? 世の中を渡り歩く人間だって今はGWでお休み中。 鴨もひと休み、ひと休み。

  • 5月上旬

    コイさんぽ~幽翠池の主の鯉が池の際をスイスイとさんぽ中。 久留米ツツジの前で仲良く2ショットです。 オスとメスなら「鯉」の「恋」さんぽでしょうか。

  • 5月中旬

    美しい三重塔-深まる緑の中で、誇らしげに立つ「三重塔」。

  • 5月下旬

    庭園の真中ですくすくと大きくなった夏みかんの木。 この季節、橙色の実に隠れるように白い花が咲きます。

  • 5月下旬

    ほたるが飛び始めました-庭園にほたるが飛び始めました。 水辺に美しい光の弧を描いています。 ぜひ観に来てください。

  • 5月下旬

    紫陽花-日本の梅雨の風景としてもお馴染みの紫陽花。 みずみずしい爽やかな花々は、気候や土壌の変化によって、夏にかけて少しずつ色が変わっていきます。

  • 5月下旬

    紫陽花-ドレスのような淡く優しい色の花々。 万葉集にも詠まれている歴史の古い花、紫陽花。

  • 6月上旬

    紫陽花-あじさい-椿山荘には数種類の紫陽花があちらこちらに植栽されています。 様々な植物に見られる現象ですが庭園に高低差のある椿山荘では、同じ品種の花や樹木でも植栽されている場所が違うと、花の咲くタイミングが異なってきます。 気温や日のあたり具合が違うからなのですね。 でも、写真の紫陽花は同じ場所であるのに見事に真っ二つ、満開の花とこれから咲く花です。

  • 6月上旬

    古香井の周りでは-この辺りには、夜になるとたくさんのほたるが飛び交います。 ほたるは今見頃を迎えています! そして、井戸のすぐそばに「クレソン」の花が咲きました。椿山荘の清流で育ったこのクレソンは、時折レストランの食材としても登場しています。

  • 6月中旬

    チャペル付近の紫陽花四葉のクローバーのような可愛らしい形の花をつけた紫陽花。庭園内チャペル「ヴァンヴェール」付近にて。

  • 6月中旬

    初夏の野草-庭園の片隅で小さな蕾を見つけました。日差しに照らされてキラキラと光る雫が夏の訪れを感じさせます。

  • 6月中旬

    庭園で一番緑深い、静寂に包まれたお蕎麦屋の無茶庵では美しい音が響く「水琴窟」が皆様をお出迎えいたします。 写真に見える茶色の石に水を流して水の音色を奏でてみてくださいね。 その後は、ぜひ、無茶庵にお寄りいただいてお蕎麦を啜る音も奏でてくださいね。

  • 6月下旬

    紫陽花の色-梅雨の中休み。眩しい日差しに夏を感じます。 紫陽花は、土壌の変化で色を変える性質があり、咲き終わるにつれて色が変わっていきます。真っ白だった紫陽花は、ほんのりピンク色に。

  • 6月下旬

    空の青、芝生の青髪型は、切り立てより1,2週間くらいたったころが格好がいいといいますが、芝生も同じなのだそうです。 少し前に庭師たちによって刈られた三重塔前の芝生地は梅雨の晴れ間の今日、芝の青が太陽の光でキラキラしています。

  • 7月上旬

    七夕-どんな願いを短冊に込めますか? ロビーの笹に提げられているカラフルな短冊が庭園からも良く見えます。 皆さんの願いが届きますように・・・

  • 7月上旬

    幽水池の鯉-夏の「涼」を感じてください。 椿山荘の庭園の中央にある「幽水池」には、たくさんの鯉が優雅に泳いでいます。写真だと金魚のように見えますが、実物はかなりの大きさです!

  • 7月中旬

    盛夏-梅雨が明けました。 いよいよ本格的な夏が始まります。

  • 7月下旬

    夏の史跡めぐり-庭園内の史跡「羅漢石(らかんせき)」。江戸時代中期の画家・伊藤若冲の下絵によって作られ、京都伏見の石峰寺にあったものとされています。 日に日に深くなる庭園の緑の中で、「羅漢石」も苔に覆われ、夏の装いに。

  • 7月下旬

    盛夏-緑の匂い、涼しげな水の音。 燦々と降り注ぐ陽の下で、暑さを和らげる爽快な空間が広がります。

  • 7月下旬

    夏の音-雨上がり、涼しい風が通りぬけ、庭園につけられた江戸風鈴も美しい音色を奏でています。

  • 8月中旬

    百日紅(さるすべり)-百日紅と書いて、さるすべり。 名前の由来には、2つの意味があります。 1.100日間もの長い間、花を咲かせる夏から秋まで白色や紅色の花が楽しめます。 2.幹がスベスベで、猿も登れない猿滑りと書くこともあるそうです。

  • 8月下旬

    滝のトンネル滝の轟を聴きながら宙に放たれ、走り下りる水流を見ていると心が洗われるようです。 *カメラマンT氏撮影写真

  • 8月下旬

    夏色-チャペルの近くで、上品に咲くマリーゴールド。 発色のいいオレンジ色が夏の終わりを飾ります。

  • 9月上旬

    百日紅(さるすべり)-残暑はまだ続きそうですが、吹く風に秋の気配を感じます。 初秋の空に百日紅の花が揺れています。

  • 9月上旬

    夜になると秋の気配 残暑がまだまだ続いております。 でも、夜になると風もやさしく秋の気配を感じます。 そろそろライトアップも、月明かりのようなライティングに変わって夜の庭園も秋モードに。 お彼岸の頃から、鈴の音の合唱も聴こえてくるでしょう。 提灯を手に空きの庭園散策♪お楽しみください。

  • 9月中旬

    初秋-遅い秋の訪れ・・・ 秋本番に向けて、植物たちも動き始めています。

AUTUMN

色づき、舞い落ちる葉に心奪われる紅葉の季節。ムクドリやメジロなどの野鳥も訪れ、懐かしいさえずりを耳に届けてくれます。

【9~10月】秋の七草【11月】紅葉

  • 9月下旬

    秋色の紫陽花-気候はすっかり秋へ。 梅雨時からずっと観察していた紫陽花も秋色に装いを変えていました。

  • 10月上旬

    暑さ寒さも暑さ寒さも彼岸まで・・・ とはいいますがまだ、お昼間は日差しが強く暑さを感じます。 ホットな色をした彼岸花も、滝の近くで涼めてほっとしているかのようです。

  • 10月上旬

    目白の清秋-庭園散策に最適なシーズンがやってきました。この庭園には、四季折々の新しい発見がたくさん詰まっています。普段、何気なく通る道に、見たことのない植物たちも。

  • 10月中旬

    椿開花-椿の蕾が膨らみはじめています。 冬に見頃を迎える椿ですが、早くも開花をはじめている花も。 そば処「無茶庵」近くにて。

  • 11月上旬

    十月桜が咲きました-桜と紅葉を同時に楽しむことができる贅沢な光景。 春と秋に2度咲く、十月桜が咲きました。 スカイテラス近くにて。

  • 11月上旬

    紅葉、黄葉へ-緑から黄や紅へ移りゆく姿を楽しめるのもこの時期ならでは。 秋風に吹かれて、色とりどりの葉が揺れています。

  • 11月中旬

    秋の庭園散策-色付き始めた木々。 秋の優しい日差しが降り注いでいます。 庭園の石灯篭の上にも落ち葉が。

  • 11月下旬

    紅葉の季節-澄んだ空気の中で、紅葉の赤に包まれる椿山荘。 秋風に誘われて、ゆったりと散策をお楽しみください。

  • 11月下旬

    冬桜-紅葉と共に桜を楽しめる贅沢な光景。 冬桜が咲き始めています。

  • 11月下旬

    秋から冬へ-今日で11月も終わり。 色とりどり葉が風に揺れていました。

  • 12月上旬

    雅桜の落葉-今日から師走。 風の冷たさに肩をすぼめ、ふと足元を見るとまだ少し秋が残っていました。

  • 12月上旬

    伊呂波紅葉(いろはもみじ)-久々の雨模様。しっとりと濡れた葉も格別の風情があります。 ~伊呂波紅葉~ 日本で最もポピュラーな紅葉。歯のギザギザを「イロハニホヘト」と数えたことからこの名が付きました。

  • 12月上旬

    幸せの丘 椿山荘~好きな二人が結ばれて 紅い紅葉も手をたたく ウエディングベルがこだまする 幸せの丘 椿山荘 「椿山荘の歌」より

  • 12月上旬

    三重塔、喜-寒風が吹いていますが、三重塔(圓通閣)は、温かい色味の樹々に囲まれてなんだかとっても気持ちよさそう。 なんだかとっても喜んでいるよう。

  • 12月上旬

    山紅葉(やまもみじ)-ずっと眺めていたくなるような和の空間。 木春堂「尚庵」より。 ~山紅葉~ 北海道や本州日本海岸に多く分布し、鮮やかな赤で輪郭にギザギザがある重鋸の形状が特徴です。

  • 12月上旬

    同じ瞬間<とき> 秋と春の代名詞、紅葉と桜。綺麗といわれる瞬間(とき)を同じに過ごして。

  • 12月上旬

    夜さんぽ-雨の後の清らかな空気に包まれた日本庭園の夜さんぽ 赤や黄いろの、この季節だけのいろはかえでの星の輝きを見つけて

  • 12月中旬

    山茶花(さざんか)-花の少ない晩秋から初冬にかけて咲きはじめ、大輪の鮮やかな花を楽しむことができます。 ほたる沢の赤橋付近にて。

  • 12月中旬

    素敵な予感・・・ 神聖な月と煌めくクリスマスツリー こんなに美しいと何かミラクルなことが起こりそうですね。

  • 12月中旬

    さて、ここはどこでしょう?-京都かしら?金沢かしら? いいえ・・・東京 目白なんです。 緑色から、やまぶき色、赤色へのグラデーションに思わず、言葉を失う美しさです。

WINTER

寒気に包まれながら凛と咲く梅や椿は、庭園を彩る冬の風物詩。雪の降る情景は、水墨画のような趣を醸し出します。

【12月】山茶花 【1月】梅 【2~3月】椿・早咲き桜

  • 12月下旬

    姫侘助(ひめわびすけ)‐茶人「笠原侘助」が好んだことから「侘助」と名付けられました。今でも茶花として愛されています。そば処「無茶庵」にて。

  • 1月上旬

    椿山荘からも、美しい富士山を見ることができました。一富士二鷹三茄子に象徴されますように、皆々様にとりまして、本年がすばらしい1年となりますように…。

  • 1月上旬

    蝋梅(ろうばい)新春の庭園を彩るたくさんの花々。満開の山茶花の横では、蝋梅が咲きはじめています。

  • 1月中旬

    寒咲赤侘助(かんざきあかわびすけ)‐無茶庵に向かう道の途中に咲いた小さな侘助。まだ蕾が目立つ椿の木々は、深まる寒さと共に次々に開花をはじめています。

  • 1月中旬

    もうすぐ見頃です!~椿~わたしの周りの、つぼみたち、見えますでしょうか?週末の雨を浴びて、ますます、きれいに咲く準備をしています。是非是非、わたしたちを、愛でに遊びにいらしてくださいね。

  • 1月中旬

    河津桜‐寒空の下、早咲きの河津桜が開花。今日の時点では、5輪ほどの桜が確認できました。プラザ1F付近のウッドデッキにて。

  • 1月下旬

    雪景色~わたしの目の前に広がる銀世界、きれいです!皆さんも是非見にいらしてくださいね。雪の下に椿も見頃です。

  • 1月下旬

    虹の三重塔~本日は「文化財防火デー」。屋根の高さを超える放水を含む、訓練が行われました。皆さんに愛されている文化財を、今後もしっかりと守ってまいります。

  • 1月下旬

    椿の蕾‐たくさんの蕾が膨らみ始めています。いよいよ椿の季節がやってきます。

  • 1月下旬

    雪つり‐雪の重みで松が折れないよう、縄で枝を守る手法。雪が少なくなった近年でも、毎年冬の風物詩として取り付けられています。

  • 2月上旬

    庭園内の史跡も雪化粧に包まれ、いつもと違った表情を見せています。

  • 2月上旬

    藪椿‐暦の上では、今日から春の始まりです。春の季語でもある椿が次々に開花しています。

  • 2月上旬

    山野草‐たくさんの綿毛をつけて、春を向えるための準備。枯れた山野草に、とても強い生命力を感じ、思わずシャッターを切りました。

  • 2月上旬

    100種1,000本の椿‐庭園には、なんと100種1,000本の椿が生息しています。品種によって「大きさ」「色」「開花時期」「咲き方」は様々。次はどの椿が花を咲かせるのでしょうか。

  • 2月上旬

    河津桜が盛んに咲き始めています。~河津桜~早咲き桜の代表格。河津町に原木があることからこの名前が付きました。

  • 2月上旬

    1週間前に雪が積もったのが嘘のような陽気。庭園では椿の花が次々と開花しています。可憐な姿をお楽しみください。

  • 2月中旬

    雪どけ‐暖かい日差しに照らされ、雪どけの雫が庭園のいたるところに。長松亭の芽葺き屋根もキラキラと輝いています。

  • 2月中旬

    乙女椿(おとめつばき)‐その名の通り、愛らしい姿の椿。花言葉は「理想の愛」「完璧な魅力」。ふんわりと重なるピンク色の花びらは、まるでハートのようにも見えますね。

  • 2月下旬

    白妙(しろたえ)‐紅、ピンク色に続き、純白の椿。日に日に色付く庭園をご満喫ください。そして、早咲きの河津桜は、ほぼ満開を迎えています。

  • 2月下旬

    世界の椿~ミッドナイト・セレナーデ~‐椿といえば「和」のイメージを連想しますが、海外にもたくさんの品種があります。そば処「無茶庵」付近の「椿山」にもアメリカやヨーロッパが原産の椿がたくさん植えられています。まだ蕾ですが、これからどんな花が咲くのか楽しみです。

  • 2月下旬

    紅乙女椿‐鑑賞する角度によって、様々な表情を見せます。正面から、横から、裏から、是非じっくりとご覧ください。チャペル「ヴァンヴェール」付近にて。

  • 2月下旬

    ほたる沢の植物‐ほたるが棲むほたる沢。ここにも藪椿や白菊椿などたくさんの椿が生息しています。赤橋の影の先にも椿の花を見つけました。