SDGs × ホテル椿山荘東京

「ずっと、ずっと、オアシス」

ホテル椿山荘東京は、自然や史跡、文化、
日本のおもてなしの心を受け継ぎ、皆様をお迎えしているホテルです。

「いつの時代も、その時代が必要とするオアシスであり続けること」が私たちの使命であり、
豊かな緑と、水に恵まれ、人も生物も自分らしく生き生きと生きられる未来を願っています。

持続可能な開発目標(SDGs)の指針に沿った企業活動を通して、従業員もお客様も一組に取り組むことにより
持続可能な世界の実現を目指しています。

SUSTAINABLE DEVELOPMENT GOALS

環境に対する取り組み

楽しく、無駄なく、豊かにCO2排出量削減、資源循環、廃棄物発生抑制、自然環境保全など、お客様やパートナー企業様とともに実現してまいります。

プラスチック製品使用削減

・プラスチックストローの廃止
ホテル施設で使用しているプラスチック製ストロー全てを、紙製または生分解性ストローへ切り替えました。

・客室アメニティの循環資源化
アメニティのプラスチック廃止(一部)を2022年4月より開始いたしました。

・基礎化粧アメニティのプラスチック容器廃止
客室での基礎化粧アメニティの容器を、瓶・紙包装紙(一部再生紙)に切り替えました。

・テイクアウトカトラリーのプラスチック廃止
テイクアウト商品におつけするカトラリーを、木の素材(一部を除く)に変更しました。

資源循環を実現するパートナーを採用

・「ロクシタン」 100% R‐PET バスアメニティ
客室バスアメニティのロクシタンのボトルは、プラスチックの新規生産をせず、リサイクルによって造られ、またリサイクルが可能な素材で造られています。ロクシタンの「グリーンプログラム」に賛同し、これまで廃棄されていた客室アメニティの空きボトルを回収、リサイクルする取り組みを全国のホテルに先駆けてご案内を開始しております。

・「ネスプレッソ」 繰り返し再利用できるカプセルコーヒー
客室に設置しているコーヒー、ネスプレッソのアルミカプセルは、半永久的にリサイクル可能です。

庭園環境整備

庭園に湧き出る地下水や近くを流れる川の水を生かした環境整備を行い、毎年、お客さまに蛍の飛翔をお楽しみいただくとともに、お子さま向けの勉強会を開催し、環境保全の大切さをお伝えしています。

新

自然保全活動の推進支援

・レッドカーペット・プロジェクト
ホテルショップにて、岩手県気仙地域に咲く椿から作られる「椿茶」を仕入れ販売することにより、震災後平地となった土地に、椿の木を植樹する「レッドカーペット・プロジェクト」を支援しています。

・#インセクトコレクション寄付
昆虫と共に大人も子どもも成長してほしい、そんな想いから誕生した服育事業「Insect Collection」。購入商品をSNS投稿すると自然保護団体へ寄付される#インセクトコレクション寄付に賛同し、ホテルショップにて期間限定で商品の販売などを行っています。

・ウォーターズ・リバイタルプロジェクト
“日本の清流を守る活動”を推進する、NPO法人「ウォーターズ・リバイタルプロジェクト」の、南四国の河川環境の調査や整備により、とることができる天然遡上鮎を使用したコラボレーションイベントを開催。

庭園内の木々を植樹

受け継いでいきたい自然を後世に残す企画の一貫で、自然での体験や感じることをテーマにした作文を募集し、これからの時代を担うお子様ご家族を招待し、庭園内の木々の植樹式、自然に触れ育てる盆栽作りワークショップを2019年より毎年実施しています。

新

エコ清掃、エコリネン交換

客室清掃不要カード、ベッドリネン交換不要カードを客室にご用意し、お客様とともに環境保護活動を推進しています。

新

3010運動

3010運動は、宴会時の食べ残しを減らすためのキャンペーンで、<乾杯後30分間>は席を立たずに料理を楽しみましょう、<お開き10分前>になったら、自分の席に戻って再度料理を楽しみましょう、呼びかけて、食品ロスを削減するものです。ポスターの掲示をビュッフェイベント時など館内に掲出しています。

二次元バーコードのイメージ

紙利用の削減

館内にて配布していた紙のチラシやアンケートを大幅に削減し、デジタル化を実施しています。

多様な価値観に対する取り組み

楽しく、正しく、不便なく多様な個性を尊重できる社会の実現に、お客様やパートナー企業様とともに取り組んでまいります。

ユニバーサルデザインの客室

ご家族や介助者の方ともお部屋の行き来ができるコネクティングルームでのご用意、車いすでも十分に動くことのできるスペースの確保や、手すりや引き戸の配置など、どなたでもホテルでのご滞在をお楽しみいただける仕様の客室をご用意しています。

庭園のバリアフリー

ホテル館内はもちろんのこと、庭園の2/3エリアも、車椅子でも散策可能なバリアフリー。お子様のベビーカーから、ご年配のお客様まで、ホテルへお越しいただいた際には、自然あふれる庭園のご散策をお楽しみいただけます。

新

多機能トイレ・ジェンダーフリートイレの増設

館内に既に設置されている多機能トイレに加え、2022年8月、ホテル棟5階にジェンダーフリーでご利用いただけるトイレが新設されました。

新

フェアトレードの推進

・ホテルオリジナルエコバッグ
フェアトレードの認証を受けたコットンと、ペットボトルの再生繊維から作られたリサイクルポリエステルの2種のホテルオリジナルエコバッグをホテルショップにて販売しています。

・Dilmah(ディルマ)紅茶
ロビーラウンジで提供しているアフタヌーンティーの紅茶ラインナップに、スリランカのディルマ紅茶を採用することにより、スリランカの「MJF慈善基金」の活動を支援しています。

新

グルテンフリー、ムスリムフレンドリーメニュー

小麦粉を一切使用していないグルテンフリーの会席料理や、ハラール認定食材を使用したムスリムフレンドリー会席料理をご用意し、お客様が安心して食事を楽しんでいただけるよう取り組んでいます。また、従業員施設内に礼拝室を設置し、ムスリムのスタッフが働きやすい環境も整えています。

社内研修の充実

全従業員を対象に、公募型のノーマライゼーション研修や手話コンクールを毎年実施。接客等のサービス技能を競うコンクールに手話部門を設けることで、従業員間で手話技能を高める工夫をしており、従業員の手話レベルの向上に取り組んでいます。
また、外国人教師による英会話教室も設け、従業員が自主的に勤務中や空いた時間などで学ぶことができるようにしています。

ダイバーシティ推進活動/女性活躍推進

従業員によるダイバーシティ推進活動委員会の設置や、若手女性従業員研修などを実施し、女性の活躍推進に取り組んでいます。

ロビー看板イメージ

バイリンガル表記のスタンダード

館内に設置している看板やチラシなどには、全てバイリンガル表記をスタンダードにしています。