【男性必見】女性が喜ぶプロポーズに最適な時期と必要な準備とは? | 東京の結婚式・結婚式場 ホテル椿山荘東京【公式】

二人のための結婚準備応援 For Wedding.

ご結婚を間近に控えたお二人とご家族の皆さまのために。

【男性必見】女性が喜ぶプロポーズに最適な時期と必要な準備とは?

付き合っている男性からプロポーズをされることに対して、うれしいと感じる女性はたくさんいます。しかし、多くの女性にとってプロポーズは特別なものであるため、男性側はプロポーズに適したタイミングなどを、しっかりと把握しておくことがとても大切です。

プロポーズの時期を逃さないためにも事前準備を徹底して行い、スマートなプロポーズを目指しましょう。この記事では、女性が喜ぶプロポーズのタイミングや必要な準備などについて詳しく解説していきます。

目次

  • 1.プロポーズの時期を考えるきっかけは?
  • 2.プロポーズの時期を逃さないために
  • 3.女性が喜ぶプロポーズのタイミングや仕方とは?
  • 4.プロポーズの準備はいつから?事前にやるべきこと
  • 5.まとめ

1.プロポーズの時期を考えるきっかけは?

プロポーズのことを考える男性

付き合っている人がいる場合、結婚を視野に入れた交際をしていると男女ともにプロポーズの時期が気になるものです。ここでは、一般的にどのようなタイミングでプロポーズを意識するようになったのかについて、具体的にご紹介していきます。

◇年齢
女性の中には結婚適齢期を意識する人も多いため、付き合っている期間が長いほど「いつプロポーズされるのだろう」という点が気になるものです。プロポーズを希望する年齢は人それぞれ異なりますが、男女ともに30歳前後になると結婚について考える人が多く見られます。

また、30歳前後になると、親しい友達や職場の同僚などの妊娠・出産報告を見聞きする機会が増える傾向にあります。その影響で自分が結婚するタイミングもおのずと気になるようになるのです。

◇交際期間
ある程度交際期間が続くと、お互いの性格などがよく分かるようになり、結婚後の生活を具体的にイメージしやすくなります。実際に結婚したカップルでは、交際を始めて1~2年程度でプロポーズに至る人が多いという傾向があります。

ただし、プロポーズを意識するタイミングには個人差があります。交際期間は長くても、「安定した仕事に就いていない」、「一緒に生活している姿がイメージできない」など、カップルによってそれぞれ状況が異なるため、「いつかは結婚したい」と思っていても、なかなかプロポーズに至らないケースもあります。

◇赤ちゃんを授かった
女性が妊娠したことが分かると、そのタイミングでプロポーズをして結婚する人も多くいます。2015年に厚生労働省が発表したデータによると、20代後半ではおよそ4人に1人が授かり婚をしています。

これまで結婚に対して消極的な男性でも、赤ちゃんを授かったことで結婚を決断するということはよくあるのです。結婚をして夫婦として新たなスタートを踏み出せば、精神的にもより安心した状態で赤ちゃんが迎えられます。

◇仕事が安定した・昇進した
仕事や収入が安定したり、昇進したりすると、それを「ひとつの区切り」と判断しプロポーズを行う男性はたくさんいます。仕事や生活が安定し、家族を養えると判断できると、一気に結婚へと踏み切るケースはよくあります。

◇記念日にプロポーズする
誕生日やクリスマス、バレンタインデーなど、記憶に残る記念日はプロポーズのタイミングとしてふさわしいといえます。ふたりにとって覚えやすい日にプロポーズをすると、結婚後も「大切な日」として一緒にお祝いができるというメリットがあります。

◇友人や同僚の結婚が続いた時
周りの友人や同僚の結婚が続くと、それに触発されて「自分も結婚したほうが良いのではないか」と考える人は少なくありません。男性が自分自身の結婚を意識しはじめると、特別な日でなくてもプロポーズをする場合があります。

◇転勤が決まった時
転居を伴う転勤が決まった場合、それがプロポーズのきっかけとなることがあります。遠距離恋愛になり、これまでのように頻繁に会うことができなくなると、「彼女と離れて暮らすのは寂しい」などの理由からプロポーズをする人もいます。

2.プロポーズの時期を逃さないために

結婚指輪

プロポーズのタイミングを逃してしまうと、将来的に結婚できなくなってしまう可能性もあります。ここでは、プロポーズの時期を逃さないためのポイントを2点紹介します。

◇プロポーズは男性側からしてほしいと思っている女性が多い
プロポーズは必ずしも男性がしなければならないというルールはありません。しかし、女性の多くが「プロポーズは、できれば男性からしてほしい」と考えています。

すべての人がプロポーズをされ、その後に結婚するという手順を踏んでいるわけではありませんが、プロポーズに憧れている女性はたくさんいるので、男性が勇気を持ってプロポーズをするのが好ましいといえるでしょう。

◇女性の「結婚してほしい」というサインを見逃さない
女性の中には、「結婚してほしい」というサインをさりげなく出す人がいます。特に、言葉ではなかなか「結婚してほしい」と言えない女性の場合、このサインを見逃してしまうと女性のほうが待ちきれなくなってしまい、結果的に別れにつながるケースもあるでしょう。

また、男性側がなかなか結婚に踏み切れず、交際期間が長期化しすぎると、たとえ恋人同士でも信頼関係が崩れてしまう恐れもあります。特に30代以降で結婚を強く意識している女性の場合、交際から結婚までの期間は短くなる傾向があるため、プロポーズのタイミングは逃さないよう日常の変化には十分気を付けることが大切です。

たとえば、女性がふたりの将来の話をしたり、両親に会わせたがったりした場合は、結婚してほしいというサインと判断できます。ほかに、結婚情報誌を購入して読みはじめた時も、結婚を視野に入れていると捉えることができるでしょう。

3.女性が喜ぶプロポーズのタイミングや仕方とは?

女性が喜ぶプロポーズには、一定の傾向があるようです。ここからは、女性がうれしいと感じるプロポーズの仕方やタイミングについて見ていきましょう。

◇「なんでもない日」のプロポーズは事前に伝えるべき
あるアンケート調査によると、「なんでもない日」にプロポーズをした男性は全体の約57%となっています。(出典元:ハナユメ結婚式準備ガイド https://hana-yume.net/howto/propose-knowledge/)半数以上の男性が、プロポーズをするのにあえて誕生日やクリスマスなどの記念日を選んでいないという点は意外だと感じる人も多いでしょう。

ただし、大切な思い出となるプロポーズの日には心の準備をきちんとして、メイクや服装にも気を使いたい女性もいます。そのため、いわゆる「なんでもない日」にホテルやおしゃれなレストランなど、かしこまった場所でのプロポーズは控えたほうが良い場合もあります。

◇女性が理想とするプロポーズの時期やシチュエーション
女性の場合、1~2年程度付き合ってからプロポーズされるのを理想としている人は多くいます。結婚を意識している女性の多くが30歳をひとつの区切りと捉える傾向にあるため、長期間にわたって恋人関係を望んでいないケースもあります。

また、シチュエーションなどにこだわる以上に、彼氏が「結婚しよう」と決断してくれたこと自体をうれしく感じる女性はたくさんいるのです。

◇指輪やプレゼントは事前に準備しておくべき
プロポーズの際には、婚約指輪やプレゼントを渡す人が多いようです。プロポーズと婚約指輪はセットと考える人もいますが、プロポーズをする時に指輪は必ずしも必要というわけではありません。婚約指輪を用意する場合は、彼女の指輪のサイズや好みのデザインなどを事前にリサーチし、計画的に準備をすることが大切です。

また、婚約指輪というと高価なイメージを持たれがちですが、価格帯の幅がありますので、ご自身の価値観に合ったものを選ぶとよいでしょう。普段指輪をしない彼女なら、プロポーズでは指輪以外のものをプレゼントするという選択肢もあります。たとえば、ネックレスや花束などもプロポーズをする際の定番のプレゼントです。

4.プロポーズの準備はいつから?事前にやるべきこと

ハートの印のついたカレンダーの記念日

プロポーズをしようと決めたら、準備を計画的に進めていくことが大切です。

◇プロポーズ当日の計画を立てる
彼女にとって、プロポーズをされた日の出来事は、一生の思い出としていつまでも心に残るものです。そのため、プロポーズ当日は段取りよく進めるため、しっかりとスケジュールを立てておくことが重要です。最初に行うこととして、プロポーズの日程を決めます。たとえば、彼女の誕生日やクリスマスなどの記念日にプロポーズをする場合は、その日から逆算して準備を進めていくことがポイントです。

そして、プロポーズをする場所もあらかじめ決めておいたほうがスムーズです。たとえば、レストランやホテルなどでプロポーズをするのであれば、事前予約をしておきましょう。その際、プロポーズのセリフも決めておくことがポイントです。シンプルに「結婚しよう」だけでも、女性はとても喜んでくれます。当日は緊張して言葉が出てこないことが心配なのであれば、事前に手紙を用意しておくなどの工夫をしましょう。

◇プレゼントを準備するためにはリサーチが必要
プロポーズで彼女に婚約指輪をプレゼントする場合、指輪のサイズは必ず把握しておきましょう。加えて、婚約期間中に指輪を付けてもらいたい場合、好みのデザインについてリサーチしておくことも大切です。

また、指輪以外のアイテムをプレゼントする場合でも、彼女が「どんなものをプレゼントされたら喜ぶか」を調査したうえで、花やジュエリーなど彼女がうれしいと感じるものを準備しておき、忘れられない1日を演出しましょう。

◇彼女の両親への挨拶
両親への挨拶は、婚約後でも問題はありません。しかし、婚約前に彼女の両親に会っておくと、その分印象も良くなります。プロポーズをしていないにもかかわらず、両親への挨拶を快諾してくれたということは、結婚を申し込んだとしても受け入れてもらえる可能性が高いといえるでしょう。

5.まとめ

一定期間お付き合いをしていると、自然と結婚を意識するようになるものです。ただし、プロポーズは女性にとって特別なものであるため、タイミングなどを考慮したうえで、婚約指輪など必要な準備を進めていくことが大切です。

プロポーズが成功したら、いよいよ結婚に向けての準備が進んでいきます。「ホテル椿山荘東京」のブライダルフェアに参加して、結婚にまつわるさまざまな相談をしてみてはいかがでしょうか。専門のスタッフがおふたりのご要望に合わせて、さまざまなウエディングスタイルをご提案しますので、ぜひ一度ご来館ください。

インスタグラム

人気記事ランキング

ハツコエンドウ ウェディングスに聞いてわかった!トレンドを押さえておしゃれなお色直しにする方法
がらりと雰囲気が変わるお色直しは、新郎新婦だけではなくゲストのムードも一気に……
今話題のマイクロウエディングとは?マイクロウエディングのメリットや成功させるコツを解説
近年人気を集めているマイクロウエディングをご存知でしょうか?多くのゲストを招いて行なう……
3密を回避!コロナ禍における結婚式の挙げ方を徹底解説
当たり前のように行なわれていた結婚式もここ半年で大きく変化しています。ここではその変化を具体的に見ていきたいと思います。