【結婚準備マニュアル】結婚式までの流れを徹底解説!プロポーズから結婚までの準備マニュアル | 東京の結婚式・結婚式場 ホテル椿山荘東京【公式】

二人のための結婚準備応援 For Wedding.

ご結婚を間近に控えたお二人とご家族の皆さまのために。

【結婚準備マニュアル】結婚式までの流れを徹底解説!プロポーズから結婚までの準備マニュアル

プロポーズされてから結婚式を挙げるまで、具体的にどのような準備が必要なのか、具体的な手順をご紹介していきます。
婚姻届提出やハネムーンの時期はお二人の事情によりさまざまですが、一例としてご紹介します。

目次

  • プロポーズから結婚までの流れ
  • STEP1:プロポーズされたらまずは両親へ報告
  • STEP2:婚約指輪の準備をしよう
  • STEP3:結納/お顔合わせ
  • STEP4:入籍日を決め婚姻届を提出
  • STEP5:友人や会社への結婚報告
  • STEP6:結婚式場探し
  • STEP7:結婚式に向けた準備
  • STEP8:引っ越し/ハネムーン
  • まとめ

プロポーズから結婚までの流れ

プロポーズから結婚までには、一般的な流れがあります。以下で紹介する流れに沿って計画的に準備を進めていき、安心して結婚式当日を迎えましょう。

やることリスト

ハナユメが行なったアンケート調査によると、プロポーズをされた後、83.1%ものカップルが1年以内に入籍をしているという結果となっています。

出典元:ハナユメ結婚式準備ガイド

このように、プロポーズから結婚までの期間はわずか1年という点を考慮すると、計画的に準備を進めていくことが大切です。ただし、結婚関連の準備に関して、何から手をつけたらよいのかわからないという人も多いでしょう。

そこで、ここからはプロポーズから結婚までの流れについて順を追ってご紹介します。

STEP1:プロポーズされたらまずは両親へ報告

プロポーズプロポーズをされて結婚する意志を固めたら、まずはご両親に報告をするのが一般的です。今後家族になる人たちへの大事な挨拶になりますのでマナーを守ってご挨拶をし、お二人の結婚を認めてもらいましょう。

◇ご両親への挨拶
まず、今まで育ててくれたご両親に報告をしましょう。
電話などで一報を入れ、都合のいい日を確認し、両親と婚約相手を会わせる必要があります。ご兄弟などがいらっしゃる場合もありますので、当日の人数を確認したうえで、ご家族が好きなお菓子等を持参するといいでしょう。

当日は、結婚する旨をきちんと伝え、了承を頂きます。その後、両家顔合わせの日程調整、結納の有無について確認しましょう。

◇挨拶時の服装や手土産のマナー
結婚の報告をご両親にする際には、服装にも気を付けるのがマナーです。一例として、男性はスーツやジャケット、女性はスーツやワンピースなどのファッションにすると好印象です。このとき、服装だけでなく、清潔感のある身だしなみとなっているかどうかも鏡を見て確認しておきましょう。
また、挨拶のときには手土産を用意しておくと喜ばれます。たとえば、出身地のお菓子類などを持参すると、地元の話をするきっかけにもなるでしょう。
手土産で好印象を持ってもらいたいなら、相手の両親の好みや家族の人数などをリサーチしておくことが欠かせません。たとえば、相手のお父様が甘いものが苦手と聞いているのであれば出身地の日本酒を用意しておくなどの心遣いが求められます。手土産は2000円程度のものが相場で、日持ちのするものを用意しましょう。

STEP2:婚約指輪の準備をしよう

プロポーズの際に一緒に贈るイメージの婚約指輪ですが、最近ではお顔合わせの前にお二人で選ばれる方も増えてきているようです。
婚約指輪が出来上がるまでに3ヶ月ほどかかる場合もあるので、お顔合わせの日程も見越して準備するようにしましょう。

新婦の手に添えて永遠の誓いを立てる婚約指輪をプレゼントして喜んでもらいたいなら、デザインへの配慮も必要です。
婚約指輪は、仕事やプライベートなど、あらゆるシーンで身に付けることができるものです。そのため、華やかであることに加えて日常使いしやすいデザインのものが人気です。
普段の会話やファッションから彼女の好みをリサーチしておくと、婚約指輪をプレゼントしたときに特に喜んでもらえるでしょう。結婚指輪と合わせて付けられるタイプのものなら、セットリングとしても楽しめます。

また、婚約指輪を購入する際には、アフターサービスが充実しているショップで購入するのがポイントです。普段から指輪を付けていると、傷ついたり、変色したりすることもあります。加えて、サイズ直しが必要になることもあるでしょう。このような場合でも、アフターサービスの保証があれば、素早く対応してくれるというメリットがあります。

STEP3:結納/お顔合わせ

結納 顔合わせどのようなスタイルでするのか、ご両家で相談します。
結納とは、「結婚する両家が結ばれ、一つに納まる」と言うことです。結ばれる家同士が、お互いの品を交換します。現在は、ホテルなどで結納を行なう略式結納の形が増えています。
すでに、挙式会場を決めている場合は、その会場で結納を行なうことで、結婚式当日のイメージわき、よい体験となるでしょう。
結納をする前に、結納品、結納金、当日の服装などについて両家での調整をしっかりと行なうことが大切です。
ただし、結納とお顔合わせは、それぞれ意味が異なるものです。お顔合わせをする場合は「お顔合わせの食事会」として、ホテルや料亭などで行なわれるケースがほとんどです。お顔合わせには、結納で行なうような金品の受け渡しはありません。そのため、結納よりも堅苦しくなく、和やかな雰囲気で進んでいくのが一般的です。

現在では伝統を重んじる結納よりも、食事のみを行なうお顔合わせを選ぶカップルが多い傾向にあります。しかし、結納やお顔合わせに対するご両家の意向もあるでしょう。すべてをお二人で決めてしまうのではなく、事前にご両親に相談することも大切です。
また、場所について、新郎新婦の新居の近く、新婦の実家近く、実家同士の中間地点など、一番負担のない場所を選んでください。さらに、食事代を誰が払うのかを事前に決めておけば、会計の際に気を使わなくて済むでしょう。

結納とは

STEP4:入籍日を決め婚姻届を提出

最近では、結婚式を挙げる前に婚姻届を提出するカップルもたくさんいます。
事前に入籍日を決めておき、当日に市役所などの窓口に提出します。婚姻届は、24時間365日提出可能です。また、住居地や本籍地以外の場所でも提出できますので、お二人の思い出の場所がある自治体に提出される方もいらっしゃいます。

婚姻届を提出する際には、次の3点を用意しましょう。

・本人確認書類(免許証など)
・婚姻届
・戸籍謄本または戸籍抄本

2021年に入籍を予定しているのであれば、入籍日として適した日をチェックしておき参考にしてみましょう。

おすすめの入籍日

STEP5:友人や会社への結婚報告

会社への結婚報告入籍日が決まったら、会社の上司や友人への報告も忘れずにしましょう。会社で結婚報告をする際には、親しい人から順番に報告していくのではなく、必ず上司から報告するようにします。
最初に上司に報告しなければならないことには、理由があります。業務上のことをまずは直属の上司に相談するのと同様に、結婚の報告も上司からするのが一般的なマナーです。先に同僚や部下に報告をしてしまい、それが偶然耳に入ったことで気を悪くする上司もいるため、会社に結婚報告をする場合は、報告をする順番にも十分に配慮しましょう。

上司に結婚報告を済ませたら、続いて同僚や部下に報告をします。このとき結婚式に招待するのであれば、結婚式の日取りを伝えたり、招待状を送る旨を伝えておくとスマートです。上司か同僚かにかかわらず、会社への報告に関しては口頭で伝えるようにしましょう。
また、友人に結婚報告をする場合も、口頭での報告がベストです。しかし、相手の状況なども考慮して、最近ではSNSで報告する人も増えています。

結婚報告

STEP6:結婚式場探し

素敵な結婚式へ向けて準備期間も楽しみましょう結婚式の時期や招待するゲストの人数など、お二人とご両親と事前に相談しておくとスムーズです。

結婚式場の候補が決まったら、ブライダルフェアへの参加がおすすめです。ブライダルフェアでは、挙式会場や披露宴・挙式会場の見学、お料理の試食などが行なえます。当日の会場の雰囲気や、ゲストの様子を想像して、ご自身が心から楽しめそうな結婚式場を選んでください。

ホテル椿山荘東京のブライダルプランは、多彩な種類でお客様の細かいご要望にもお応えしています。

・チャペル式プラン
ホテル椿山荘東京のチャペル式プランを利用すると、チャペルで、聖歌隊やオルガンの美しい音色に包まれながら厳かな雰囲気で結婚式が行なわれます。また、挙式の季節によっては、新緑や紅葉などを背景に美しい花嫁姿が撮影できます。

・ご家族・少人数での会食をご検討の方プラン
ご家族のみ、または少人数での結婚式を検討している方に適したプランもご用意しています。このプランを利用した場合でも、結婚式の選択肢は複数あります。たとえば、庭園内にある料亭での和婚や、スモールバンケットを利用して少人数でお祝いをするなどが挙げられます。
結婚式の相談も専用のスタッフが親身になって対応しますので、ぜひ一度ブライダルフェアへお越しください。

STEP7:結婚式に向けた準備

結婚準備会場が決まった後は、結婚式全体のテーマや、料理、ドリンク、披露宴の進行や演出、衣装や装花、引出物など、具体的に決定していきます。

◇ウエディングドレス
ウエディングドレスは、シルエットに合わせて、Aライン、プリンセスライン、マーメイドラインなどがあります。ご自身の好みや、会場の雰囲気に合わせて選びましょう。ドレスショップは、結婚式場と提携している会社を選ぶとよいでしょう。
会場の雰囲気に合わせたドレスの提案や、今まで結婚式をされた花嫁の例などを聞くことができるので、安心して本番に臨めます。
ウエディングドレスが決定した後は、ウエディングドレスを引き立てるためのブーケ選びや、ブライダルエステの検討を始めましょう。

◇ゲストのとりまとめ
ご招待する方のリストアップはご両親の意向も伺ったうえで行ないましょう。
祝辞、乾杯の挨拶、友人代表挨拶、当日受付などを頼みたい方には、改めて結婚の報告をし、依頼をしましょう。

招待状は、一般的には結婚式の約2ヶ月前の吉日の発送がおすすめです。1ヶ月前に招待状の返信はがきが返送され、ゲストが確定すれば、披露宴での席次表の準備をします。

招待状とは

 

◇引出物
引出物は、記念品、引き菓子、縁起物(鰹節など)などを用意するのが一般的です。地域差があるので、ご両親に確認しておきましょう。また、主賓の方や、上司、親族、友人など、それぞれの立場や好みに合わせて、品物を贈り分ける場合もあります。
引出物

◇前撮り
結婚式の写真をゆっくりと撮影したい方は、前撮りを行ないましょう。前撮りには、以下のような特徴があります。

・本番では着ることのない衣装を楽しめる
・落ち着いた気持ちで写真撮影ができる
・当日とは違う季節の写真撮影が行なえる

また、結婚式までに時間がない方で、当日とは違う写真を残しておきたい場合は、結婚式後の「アフターフォト」を依頼しましょう。

 

STEP8:引っ越し/ハネムーン

3月~4月は、引っ越し件数が多く、費用が高く設定されているので注意が必要です。
引っ越しに伴う手続きとして、ガス・水道・電気などの切替手続きや、免許証や保険証などの住所変更手続きがあります。
また、入籍と引っ越しを同時に行なう場合は、氏名の変更手続きも必要です。この場合は、婚姻届を提出した後に住所と氏名の変更を行なうとよいでしょう。
引っ越しに伴う手続きに関しては、さまざまなものがあります。手続きの内容を把握して、効率よく進めていきましょう。以下は、引っ越しの際に必要となる手続きの一部です。

・転入届の提出
・郵便物の転送届
・国民健康保険
・国民年金
・運転免許証
・パスポート

また、仕事などの都合により、時期が変更になる場合、職場の結婚休暇の取得可能時期を確認しておきましょう。

まとめ

プロポーズをされて結婚の意志を固めたら、お二人で協力して準備を進めていく必要があります。また、結婚式を挙げるまでにはご家族の理解や協力が必要となる場面もあるため、それぞれのご両親にしっかりと相談をすることも求められます。
結婚式は、人生における大切なイベントです。結婚式を検討している方は、本記事を参考に結婚の準備を進めていきましょう。
また、ホテル椿山荘東京ではブライダルフェアを実施しておりますので、ぜひお越しください。

人気記事ランキング

ハツコエンドウ ウェディングスに聞いてわかった!トレンドを押さえておしゃれなお色直しにする方法
がらりと雰囲気が変わるお色直しは、新郎新婦だけではなくゲストのムードも一気に……
今話題のマイクロウエディングとは?マイクロウエディングのメリットや成功させるコツを解説
近年人気を集めているマイクロウエディングをご存知でしょうか?多くのゲストを招いて行なう……
3密を回避!コロナ禍における結婚式の挙げ方を徹底解説
当たり前のように行なわれていた結婚式もここ半年で大きく変化しています。ここではその変化を具体的に見ていきたいと思います。