家族だけの挙式とは?少人数で行う魅力を紹介 | 東京の結婚式・結婚式場 ホテル椿山荘東京【公式】

結婚準備ガイド For Wedding.

ご結婚を間近に控えたお二人とご家族の皆さまのために。

家族だけの挙式とは?少人数で行う魅力を紹介

家族だけの挙式とは、家族や親族だけを招く少人数のウエディングスタイルです。派手さや華やかさよりも、アットホームな温かみを重視したいカップルにピッタリの挙式スタイルです。

この記事では、
・家族だけの挙式を行うメリット
・家族だけの挙式の演出例
・家族だけの挙式の会場選びのポイント
などについて詳しく解説していきます。一生の思い出に残るアットホームな式作りにお役立てください。

目次

  • 1.家族だけの挙式ってどんなウエディングなの?
  • 2.家族だけの挙式のメリット
  • 3.家族だけの挙式のスタイル
  • 4.家族だけの挙式スタイルのタイムスケジュール例
  • 5.家族だけの挙式で使う、会場選びのポイント
  • 6.家族だけの挙式で人気の演出例
  • 7.家族だけの挙式の席次例
  • 8.家族だけの挙式では引き出物は必要?

1.家族だけの挙式ってどんなウエディングなの?

色打掛 庭園

「家族だけの挙式」は、友人や知人をあえて式へ招待せず、新郎新婦の家族・親族など身内のみで行うスタイルです。ゲストの人数に明確な決まりはありませんが、30名以下が一般的です。この挙式の魅力は、アットホームで時間にゆとりのある式にできること。従来の結婚式では、ゲストの人数や式次第によっては、1人ひとりとゆっくり会話を楽しむ時間が限られてしまうこともあります。「あの人ともっと話したかった」「お世話になった人にゆっくり挨拶できなかった」ということもあるかもしれません。ゲストを家族と親族、ごく一部の友人だけに絞れば、1人ひとりとゆっくり会話できます。新郎新婦が「つなぎ役」となって、両家の絆を深める晴れの日にしやすいのが家族だけの挙式の魅力です。

2.家族だけの挙式のメリット

家族だけの挙式とは?少人数で行う魅力を紹介

家族だけの挙式のメリットはさまざまあります。とくに代表的なメリットをいくつかまとめてご紹介します。

・アットホームな式ができる
家族だけの挙式がもつ一番の魅力です。家族や親族だけを招待するので、新郎新婦も気を遣いすぎずリラックスして式にのぞめます。「賑やか過ぎるのは苦手」「ゲストが多すぎると緊張しそう」という方にぴったりなウエディングスタイルです。

・おもてなしに気を配れる
ゲストの数が多いと、どうしても細やかな気配りがしにくくなります。家族だけの挙式であればゲストが少人数であるため、1人ひとりと歓談する時間を十分に取れます。ゲストの好みに合わせてお食事やドリンクを提供するなど、1人ひとりへのおもてなしがしやすいのも魅力の一つです。

・準備がスピーディーに進む
家族だけの挙式であれば、ゲストの数が少ない分、招待状の準備や引き出物の選定、席次表の作成などの準備が楽になります。通常の準備が半年~1年かかるところを、式の内容によっては2~3ヶ月程度で整えられます。

・良心的な費用で挙式できる
家族だけの挙式ではゲストの数が少ない分、従来の結婚式に比べると準備の費用が抑えられます。全体の費用がリーズナブルになった分、料理や衣装など二人がこだわりたい部分に予算をかけられます。

3.家族だけの挙式のスタイル

家族だけの挙式

家族だけの挙式のスタイルは色々あります。挙式のみを行なうシンプルなものから、従来の結婚式と同じく挙式と披露宴をセットにしたスタンダードなスタイルまでさまざまです。近年はフォーマルな式と、カジュアルなパーティーの魅力をミックスした「1.5次会」というスタイルも注目されています。費用は、挙式スタイルによって変動します。式場や内容もよりますが、挙式のみとした場合は3050万円ほどになるケースが一般的です。

4.家族だけの挙式スタイルのタイムスケジュール例

家族だけの挙式

ここでは、一般的な流れやタイムスケジュールの一例を紹介します。一般的な規模の結婚式と比較した場合、家族だけの挙式スタイルは、全体的にゆったりとした流れになります。以下は、少人数婚礼のおおまかな流れです。

1.受付

2.挙式

3.会食

4.お見送り

新郎新婦の家族だけを招待する場合、受付は必要ないことが多いです。しかし、親族なども招待するのであれば、受付があったほうが良いかもしれません。受付は兄弟姉妹やいとこなど、新郎新婦と近い立場の人に依頼しましょう。また、会食からお見送りまでの時間は、2時間30分程度が目安です。会食の時間があまりに長すぎると、お子様や高齢の方は疲れてしまうおそれがあります。
挙式の前後は、親族との写真撮影などが行なわれることが多いので、スケジュールにある程度の余裕を持たせておくとよいでしょう。また、司会進行役を立てておくと会食をスムーズに進められます。そして、お見送りの際にはプチギフトなどを渡しながら、お礼の気持ちを伝える場を用意するのが、一般的です。

<タイムスケジュール例>

09:00      新婦 お仕度スタート

10:00      新郎 お仕度スタート

11:00      新郎新婦お仕度上がり/二人のスタジオ写真撮影

11:30      ご列席者ご集合/親族紹介/親族ご集合写真の撮影

12:00      挙式/フラワーシャワー

12:30      集合写真撮影

13:00      受付/ウエルカムドリンク

13:30      会食開始/ウエルカムスピーチ・乾杯

14:00      ケーキカット/ファーストバイトなど

15:50      お開き/お見送り

 

・新郎新婦ご入場~開式、新郎新婦プロフィール紹介
少人数婚礼に遠方から出席するなど、なかなか会えない家族や親族がいる場合は、会食時に新郎新婦のプロフィール紹介をするとよいでしょう。このとき、新郎新婦からのスピーチもあると、新郎新婦の人となりを理解してもらいやすくなります。一般的の規模のご披露宴ですと、司会者より紹介となりますが、新郎新婦がそれぞれ紹介し合うスタイルも人気です。

・親族紹介
通常、親族紹介は挙式前に行ないますが、会食時にあらためてゆっくりと紹介するのも良い方法です。親御様からおひとりずつ紹介する方法とおひとりずつ自己紹介をする方法とありますので、事前にご両家でご相談ください。

・乾杯
乾杯後にお食事スタートとなります。乾杯の音頭は、事前に親族に依頼しておくとスムーズです。乾杯のタイミングは、親族紹介の前に行なっても良いため、この点は打ち合わせで相談しておきましょう。

・歓談タイム
お食事がある程度進んだタイミングで新郎新婦がゲストのもとへご挨拶に回られるのもおすすめです。その際にグループごとに写真撮影をするのもよいでしょう。歓談タイムでは親族の余興なども可能です。

・ケーキカット
ケーキカットでは、ファーストバイトなどのイベントを行なうこともできます。ケーキカットのタイミングは、乾杯の前後で検討してみるとよいでしょう。

・結びの時間(感謝の手紙~花束贈呈、両家代表挨拶など)
感謝の手紙と親御様へ花束贈呈を行ないましょう。家族だけの挙式の場合でも、家族への手紙を読んで感謝の気持ちを伝える場を用意するのがおすすめです。家族の絆を深めるきっかけになるかもしれません。最後に両親の挨拶があり、お開き・お見送りという流れになります。

5.家族だけの挙式で使う、会場選びのポイント

家族だけの挙式

家族だけの挙式の式場を選ぶ際は、ゲストの人数を基準にすると良いでしょう。人数規模ごとにぴったりな会場の例を紹介します。

・10名規模
両家の家族と親しい親族だけを招待する場合は、10数名規模の式になるでしょう。この規模の家族だけの挙式には、レストランや料亭の個室などを使うのがおすすめです。大がかりな披露宴やお色直しをしないという方も多いため、式の内容は会食がメインになります。

・20名規模
両家の家族や親族に加え、一部の親しい友人を招待すると20数名規模になります。この場合は、料亭や人数に見合った披露宴会場を利用するのがおすすめです。

・30名以上の規模
両家の家族と親族だけでなく、友人も多めに招待すると30名以上の規模になるでしょう。料亭やレストランを利用したり、式の演出によっては結婚式場の宴会場を使ったりするのがおすすめです。この人数だとかなり賑やかになってくるため、ちょっとした余興やケーキカットなどの演出があるとゲストも盛り上がれるでしょう。家族だけの挙式ならではのアットホームな時間を確保しつつも、ゲストも一緒に盛り上がれる演出を取り入れるのが理想です。

 

 

 

会場選びの決め手は「ロケーション」。

ゲストも喜ぶ会場で記憶に残るウエディングを。

一生の思い出に残るウエディングにするなら「ロケーション選び」が何よりも大切です。ホテル椿山荘東京は、さながら森のような日本庭園に囲まれた都会とは思えないほど自然にあふれたホテルです。四季折々の自然と共に、一生記憶と記念に残るウエディングが叶います。色彩豊かな庭園が写真に彩りを与え、お二人の思い出に残る素晴らしいカットをご提案します。家族だけの少人数の挙式にも対応しています。ブライダルフェアも開催していますので、優雅な景観をその目でお確かめください 。

6.家族だけの挙式で人気の演出例

ゲストの数が少ない家族だけの挙式だからこそ、演出にこだわることでより思い出に残るセレモニーになります。家族だけの挙式を華やかに彩る、おすすめの演出例を紹介します。

・ケーキカットの各演出
新郎新婦がケーキを食べさせ合う「ファーストバイト」以外の演出も取り入れてみましょう。たとえば「ラストバイト」の演出がおすすめ。これは、お母さんから「食べ納め」の意味を込めて新郎新婦へケーキを振舞う演出です。その他、親しい友人やお世話になったゲストへケーキを振舞う「サンクスバイト」も、ゲストに感謝の気持ちを伝える演出として喜ばれるでしょう。

・フラワーガール・リングボーイ
フラワーガールとは、花束をもってバージンロードの花嫁さんを先導する女の子のこと。リングボーイは、新郎新婦の結婚指輪を運ぶ男の子です。どちらも小さなお子様に協力してもらえる演出なので、とても和やかでほほえましい雰囲気になります。

・フォトラウンド
新郎新婦がゲストのテーブルを回り、写真撮影をする演出です。思い出の写真を残せるうえ、ゲストとの会話する時間もしっかり確保できます。

7.家族だけの挙式の席次例

家族だけの挙式の席次は、マナーに縛られすぎる必要はありません。ゲスト全員が満足できる・楽しめる席であれば、席次を調整するのも良いでしょう。ただし、その場合はゲストへ席次を調整する旨を一言伝えておきましょう。

・新郎新婦とその家族・親族が同席する
大きめの楕円型テーブルや長方形テーブルを使い、新郎新婦とその家族・親族が同席するスタイルです。家族同士がしっかりコミュニケーションを取れて、家族だけの挙式ならではの温かみを感じられます。

・高砂席脇に両親の席を配置する
「二人を育ててくれた両親も結婚式の主役」として、高砂席の両脇に両親の席を配置するレイアウトです。「感謝の気持ちを込めて、両親の特等席を作る」という演出は、それだけで心温まる演出になります。

8.家族だけの挙式では引き出物は必要?

家族だけの挙式で、引き出物を贈るか否か判断に迷ってしまう方もいるのではないでしょうか。もし家族だけの挙式であってもご祝儀をいただくのであれば、引き出物は必要です。ただ、会費制であれば必ずしも引き出物を用意する必要はありません。引き出物のかわりに、引菓子やプチギフトを贈ってゲストへ感謝の気持ちを示すことが大切です。
引き出物の費用は、従来の結婚式と同様「ご祝儀の1割程度」を目安に選ぶと良いでしょう。会費制にする場合は、ご祝儀は不要とする旨を事前に伝えることも大切です。
結婚式は大きな晴れ舞台。だからこそあえて大人数のゲストを招くのではなく、大切な家族と過ごしたいと考える方もいるはずです。家族だけの挙式は、そんな方にぴったりな挙式スタイル。家族だけの挙式だからこそできる演出やお料理にこだわって、アットホームな結婚式を叶えてみてはいかがでしょうか。

 

 

選ばれる理由は「多彩なウエディングスタイル」

ホテル椿山荘東京では、ご要望にあわせて、多彩なウエディングスタイルをご提案いたします。

<ホテル椿山荘東京のウエディングスタイル>

・家族だけの挙式(少人数の挙式)  ・神前挙式  ・ガーデンウエディング

・チャペルウエディング  ・レストランウエディング  ・おめでた婚

ゲスト一人ひとりに行き届いたおもてなしを大切にするホテルウエディングを。「少人数でアットホームな挙式にしたい」、「森のような庭園の緑を感じる和やかな披露宴にしたい」など、お二人のイメージをお聞かせください。実際の結婚式が体験できるブライダルフェアも開催しております 

関連コンテンツ

人気記事ランキング

ハツコエンドウ ウェディングスに聞いてわかった!トレンドを押さえておしゃれなお色直しにする方法
がらりと雰囲気が変わるお色直しは、新郎新婦だけではなくゲストのムードも一気に……
今話題のマイクロウエディングとは?マイクロウエディングのメリットや成功させるコツを解説
近年人気を集めているマイクロウエディングをご存知でしょうか?多くのゲストを招いて行なう……
結婚式クラスターは起こさせない!コロナ禍でも一生の思い出になる式作り
新型コロナウイルスの影響が無視できない昨今。結婚式を挙げるのを戸惑ってしまうカップルは多いでしょう。そこで今回は、3密やクラスター発生を回避しながら感動的な結婚式を挙げるための方法を紹介します。