冬に結婚式を挙げるメリットは?何月がおすすめ? | 東京の結婚式・結婚式場 ホテル椿山荘東京【公式】

結婚準備ガイド For Wedding.

ご結婚を間近に控えたお二人とご家族の皆さまのために。

冬に結婚式を挙げるメリットは?何月がおすすめ?

冬の結婚式にはメリットがたくさんあります。冬は街中のイルミネーションがキラキラと輝いて、まるで街中が結婚をお祝いしてくれているかのようにも思えてきますね。今回は、冬の結婚式にはどんな魅力があるのか?冬の結婚式のメリット・デメリットについて解説します。

目次

  • 1.冬に結婚式を挙げるメリットは?
  • 2.冬の結婚式のデメリット
  • 3.冬の結婚式のテーマ
  • 4.冬の結婚式の演出
  • 5.冬の結婚式にはどんな衣装が似合う?
  • 6.冬に結婚式を挙げる際のゲストへのマナー
  • 7.当日のゲストへのおもてなし
  • 8.冬の結婚式は新郎新婦もゲストも楽しめる

1.冬に結婚式を挙げるメリットは?

冬は寒さのせいで敬遠されがちですが、冬の結婚式にはメリットがたくさんあります。結婚式のオフシーズンだからこそのおすすめポイントを紹介します。

〇 日程選びがスムーズ
冬は結婚式のオフシーズンです。結婚式を挙げるカップルが少ないので、希望の日程が確保しやすいというメリットがあります。人気が高い季節は、土日祝日や縁起の良い日に結婚式を挙げようとしても、1年以上前から予約を取らなければ埋まってしまうということも少なくありません。閑散期の冬は、ほとんどの場合結婚式の日程選びがスムーズにできます。

〇 ドレスの種類が豊富
レンタルのウエディングドレスが貸し出し中や予約済のものが少なくなるので、さまざまな種類の中から選ぶことができます。ウエディングドレスは、結婚式当日のみ使うわけではありません。クリーニングの期間やサイズ直しの期間などを合わせると、1人の人がドレスを借りている期間は1~2週間程度あります。つまり、1着のドレスを借りることができる人は、1ヶ月に2人程度という狭き門なのです。シーズンオフの期間なら、人気が高いかわいいドレスを着ることができる確率も高くなるのです。

〇 費用がリーズブル
冬はハイシーズンの春や秋と比較すると、結婚式の費用がリーズナブルに設定されている式場が多いというメリットがあります。割引料金やお得なプランを用意していることがあるので、少しでも費用を抑えたいという人には、冬の結婚式をおすすめします。同じ演出をしても費用が安くなるなんて、お得ですね。

〇 イベントが多い
冬はクリスマスやバレンタインなどのロマンチックなイベントが多い季節です。結婚式の演出にも取り入れやすく、華やかな結婚式をすることができます。真っ赤なポインセチアを飾るだけで、クリスマスムードが出ます。クリスマスツリーを飾ることができるのも、冬に結婚式を挙げるカップルの特権ですね。新郎新婦がサンタさんの衣装を着て登場するという演出ができるのも冬ならではです。
1月に結婚式を挙げるカップルは、ケーキカットではなく日本酒の樽を割る「鏡開き」の演出をするのも1月らしく特別感があって良いのではないでしょうか。2月に結婚式を挙げるカップルは、バレンタインをイメージした演出ができます。かわいらしいものが好きな人は、ピンクや赤いハートを飾ってラブリーな雰囲気にしてみてはいかがでしょうか。かわいらしい演出に抵抗があるという人は、全体をチョコレートカラーのダークブラウンを使いポイントで赤を使うと大人っぽくバレンタインを演出することができます。

〇 花の種類が豊富
冬は、1年の中でもお花の種類が豊富な季節です。新婦が持つブーケの花もたくさんの種類の中から選ぶことができます。クリスマスのイメージが強いポインセチアの花言葉は「祝福」「幸運を祈る」なので、結婚式にぴったりです。ピンクや赤のアマリリスは白いウエディングドレスに合わせると、とても華やかなイメージになります。テーブルコーデにも選ぶ花が多いとバリエーションが楽しめますね。ただし、花言葉が結婚式に合わないものや香りが強い花は向いていませんので、注意しましょう。
季節ごとの結婚式の特徴について知りたい場合は、以下の記事も参考にしてみてくださいね。

2.冬の結婚式のデメリット

さまざまなメリットがある冬の結婚式ですが、デメリットもいくつかあります。

〇 ゲストの日程調整が難しいことも
結婚式が年末年始に近くなってしまう場合、ゲストに日程調整をお願いしなければならないケースが出てしまいます。
相手に無理のない範囲でお願いしましょう。

〇 雪が降る可能性がある
少しの雪は素敵な演出になってくれますが、大雪が降れば公共交通機関に遅れが出てしまう可能性があります。寒い時期、特に雪が降る地域で結婚式をする場合には、交通のことを考えて、結婚式は午後に行うことをおすすめします。遠方から参列してもらうゲストがいる場合には、前日宿泊できる場所の手配をすると安心です。新郎新婦が遅刻をしてしまうケースもあるので、前日は近くに宿泊するのも手です。

3.冬の結婚式のテーマ

イルミネーション 東京タワー

冬に挙げる結婚式には、どのようなテーマがあるのでしょうか?冬ならではのイベントを紹介します。

〇 11月のイベント
11月22日は「いい夫婦の日」として、結婚式を挙げることや入籍をするのに人気が高い日です。11月は冬の始まりの時期ではありますが、まだ肌寒い程度なので過ごしやすい季節といえます。
11月のテーマといえば、秋の味覚ではないでしょうか?11月は秋の味覚を楽しむことができるので、お料理に凝るのも良いでしょう。秋の味覚を使った温かいお料理でゲストをおもてなししてはいかがでしょうか。さつまいもに栗やかぼちゃ、リンゴやぶどうを使ったスイーツバイキングを行うと女性ゲストに喜ばれること間違いなしです。

〇 12月のイベント
12月のイベントといえば、やはりクリスマスです。ウエルカムスペースに大きなクリスマスツリーを飾ると、一気にクリスマスムードの溢れる結婚式になります。クリスマスカラーの赤と緑は色合いによって、かわいらしい雰囲気も大人のムードもどちらも出すことができる万能な色です。ゴールドをプラスすればゴージャスなイメージになり、雪を連想させるホワイトを足すとやわらかいイメージになります。テーブルに小さなクリスマスツリーをセットしたり、キャンドルを置いたりするのもクリスマスらしさが出ます。深い緑色のナプキンに赤いナプキンリングをしたり、ネームカードを靴下の形にしたりするのも良いですね。
12月は暗くなる時間が早いので、会場の照明を少し落としてイルミネーションを楽しむこともできます。キャンドルの灯りで幻想的な雰囲気にすることも、12月らしいのではないでしょうか。

〇 1月のイベント
1月の挙式のテーマはやはりお正月ではないでしょうか。会場の入り口に門松をたてて、BGMは和楽器にすると和の雰囲気になります。お正月らしくケーキカットの代わりにゲストも参加型の餅つきをするという演出ができる式場があります。結婚式で餅つきは珍しく、子供からお年寄りまで楽しめて、美味しく食べることもできるのでゲストの心に残るでしょう。1月は地域によっては雪が降る季節です。結婚式でゲストが白を着ることはマナー違反ですが、あえてドレスコードを白にすることもおすすめです。

〇 2月のイベント
2月のテーマはバレンタインがおすすめです。ウエディングケーキをチョコレートケーキにして、デザートビュッフェはチョコレート尽くしにすると、バレンタインらしくなります。チョコレートや甘いものが苦手な人には、チョコレートそのものをお出ししなくても、会場をチョコレートカラーにするとバレンタインらしさを出すことができるので、おすすめです。
和の雰囲気がお好みであれば、豆まきをするのはいかがでしょうか?豆まきと結婚式はなかなか結び付かない斬新な演出です。式場内で豆まきをして恵方巻を振舞うと、他とは違っていて思い出に残る結婚式になります。

4.冬の結婚式の演出

空気が澄んでいる冬だからこそできる結婚式の演出があります。イルミネーションは、冬の方がきれいに見えます。暗くなるのが早いので、夕方からの結婚式でもイルミネーションを使った演出をすることができます。
中にはスノーマシンを用意してくれる式場があるので、雪をテーマにした演出をしてみてはいかがでしょうか?お色直しの後、雪の中から入場するというロマンチックな演出が似合うのは冬ならではです。スノーマシンの演出をするなら、会場のデコレーションに雪の結晶を使ったり、テーブルにスノードームを置いたりするのも素敵です。新郎新婦が雪の結晶をモチーフにしたアクセサリーを身につけることもおしゃれですね。
キャンドルを使った演出は寒い冬にしかできません。空気は冷たくてもキャンドルの温かい炎が幻想的な空間を作ってくれます。結婚式の厳かな雰囲気にぴったりです。
心に残る素敵な結婚式にするためには、式場のロケーションはとても重要です。思い出の深い結婚式にするための式場選びは、ロケーションを確認することがとても大切です。ホテル椿山荘東京は、緑豊かな庭園があり都会にいながら大自然を感じることができます。空気が澄んでいる冬なら、高層フロアから富士山を眺めることができます。1~2月は晴天の日が多く、高確率で富士山を望む結婚式をすることができます。

ブーケをもつ花嫁

5.冬の結婚式にはどんな衣装が似合う?

新郎新婦の出で立ちを、冬ならではのスタイルにすることもおすすめです。

〇 冬の結婚式に合う新郎の衣装
結婚式では新婦の衣装が目を引きますが、新郎新婦のバランスが整っていることも重要です。新婦のドレスと同じ色のチーフをする、差し色をそろえるなど細かいところを一緒にするのもおしゃれです。12月の結婚式ならサンタクロースのコスプレをして、ゲストにプレゼントを配るという演出もユニークです。冬は寒いという特徴があるため、温かい和装を選ぶのも良いでしょう。

〇 冬の結婚式に似合う新婦の衣装
冬の結婚式では新婦は寒さに耐えなければなりません。夏だと暑く感じる和装も冬なら温かく過ごすことができるため、おすすめです。また、暑い時期に深みのある色合いのドレスを着ると重たい印象になりますが、冬ならゴージャスな雰囲気になります。ツイードなどの厚みのある生地のドレスも冬にしか着ることができません。肩が出るデザインのドレスを着るのでしたら、フワフワのケープをつけるとプリンセス気分を味わうことができますね。

6.冬に結婚式を挙げる際のゲストへのマナー

どの時期に挙式するにしても、参列してくれるゲストに対する配慮は欠かせません。一般的に注意すべき点に加えて、冬の結婚式ならではの注意点を解説します。

〇 日程の連絡を早めに行う
冬の時期、特に12月や1月は何かと忙しい時期です。忙しい時期に結婚式を行う場合は、日程が決まったらなるべく早く連絡をするようにしましょう。ゲストに予定を空けてもらうために、冬のシーズンに結婚式を行うことが決まった時点で、予め連絡をしておくと良いでしょう。

〇 交通手段を確保する
結婚式が決まったら交通手段を確保する必要があります。ホテルや結婚式場の場合、マイクロバスで送迎してくれることがあります。冬場、雪が多い地域では電車に遅れが生じるなどのトラブルが発生する可能性もあります。冬場に結婚式をする場合は、交通の便が良い駅から近い場所が良いでしょう。

〇 寒さ対策をする
冬の結婚式では寒さ対策は欠かせません。受付で温かいおしぼりやオリジナルの使い捨てカイロを作って配るというおもてなしも良いでしょう。ブランケットを用意しておくと喜ばれます。

7.当日のゲストへのおもてなし

結婚式当日は、寒い中参列してくれたゲストに対しておもてなしをしましょう。
ウエルカムドリンクとして温かいスープを用意することができる式場もあります。温かいスープを飲むことでほっとすることができるので、おすすめです。雪が降る地域では、雪のため電車などの公共交通機関が止まってしまう可能性があります。帰りの交通機関を確保するために、タクシーチケットを用意しておくと安心です。

8.冬の結婚式は新郎新婦もゲストも楽しめる

寒い冬に結婚式をすることは敬遠されがちですが、メリットがたくさんあります。
夏の結婚式では行うことができない演出やおもてなしが満載で、ゲストの心に残ること間違いなしです。寒いがゆえに空気が澄んでいて、イルミネーションがよりキラキラしてとても幻想的です。クリスマスやバレンタイン、日本ならではの豆まきなどのイベントに合わせた演出をすることもできます。オフシーズンなのでお財布にやさしいという部分も嬉しいポイントです。冬の結婚式を検討してみてはいかがでしょうか。
結婚式に参列するゲストの楽しみのひとつは、美味しいお料理です。ホテル椿山荘東京では、四季折々の食材を使った美味しい料理でおもてなしを致します。

関連コンテンツ

プロポーズするならサプライズもあり!素敵な演出例を紹介
ダーズンローズが結婚式を盛り上げる!意味を含めて解説。
結婚式・披露宴の時間の長さはどのくらい?開催時間の目安と主なタイムスケジュールとは
サムシングフォーとは?結婚式・披露宴での上手な取り入れ方を解説
春(3~5月)に結婚式を挙げよう!おすすめのテーマや演出をご紹介!
結婚式におけるブライズメイドとは?意味・由来・役割・依頼方法を解説
冬に結婚式を挙げるメリットは?何月がおすすめ?
30代・40代・50代必見!大人の結婚式スタイルとは?
クリスマスに結婚式を挙げるメリット・デメリット
結婚パーティーとは?「自分たちらしさ」の演出ポイントを解説
少人数婚礼の魅力は演出にあり!身近なゲストならではの演出アイデア9選
ロマンチックな結婚式ならナイトウエディングがおすすめ!メリットや注意点を解説
幸せな結婚を願う「サムシングブルー」とは?意味や上手な取り入れ方
感謝と感動を伝えるムービー演出のいろは
「海」をテーマにした結婚式のアイデア
「星」をテーマにした結婚式のアイデア
ゲストを楽しくお出迎え! ふたりらしさが光るウェルカムボード10選
お母さまに贈る「ありがとう」の想い。おすすめの演出&アイテム集
【最新版】結婚式・披露宴の人気演出一覧|定番からサプライズ演出まで
アットホーム婚で伝えよう!お世話になった方への感謝の気持ち
披露宴とは?盛大な披露宴からアットホームな披露宴まで進行例
もう迷わない!BGMの選びかた
結婚式で受付やスピーチをお願いされたときは?
自然の温もりにあふれたラスティック・ウエディングとは?
披露宴・二次会をさらに思い出深く!新郎新婦を祝福する「 余興 」
開放的な庭園付き結婚式場の魅力って?
結婚式を美しく締めくくる!新郎新婦の手紙&スピーチの秘訣はこれ!
キャンドルを使った ウエディング演出&コーディネート

人気記事ランキング

ハツコエンドウ ウェディングスに聞いてわかった!トレンドを押さえておしゃれなお色直しにする方法
がらりと雰囲気が変わるお色直しは、新郎新婦だけではなくゲストのムードも一気に……
今話題のマイクロウエディングとは?マイクロウエディングのメリットや成功させるコツを解説
近年人気を集めているマイクロウエディングをご存知でしょうか?多くのゲストを招いて行なう……
結婚式クラスターは起こさせない!コロナ禍でも一生の思い出になる式作り
新型コロナウイルスの影響が無視できない昨今。結婚式を挙げるのを戸惑ってしまうカップルは多いでしょう。そこで今回は、3密やクラスター発生を回避しながら感動的な結婚式を挙げるための方法を紹介します。
送る