喪中に結婚式を挙げても大丈夫?注意点を解説 | 東京の結婚式・結婚式場 ホテル椿山荘東京【公式】

FOR WEDDING

結婚準備ガイド

喪中に結婚式を挙げても大丈夫?注意点を解説

結婚式の日取りが決まってから、身内に不幸があり喪中になってしまうことがあります。

すでに式場を予約してあり招待状を発送済みの場合は、結婚式は延期すべきなのか悩む方も多いでしょう。結婚式に招待されている人が喪中になってしまった場合も、行っても良いものか気になります。喪中の結婚式に関する考え方は、さまざまあるため、両家でよく話し合って決めることが大切です。ここでは、喪中に結婚式を挙げても大丈夫なのか、延期や中止にする場合、予定どおり結婚式を挙げる場合の注意点をそれぞれ解説します。

目次

  • 1.喪中に結婚式を挙げても良いの?
  • 2.結婚式を延期するときの注意
  • 3.結婚式の延期を知らせる手順
  • 4.喪中でも結婚式を開催するときの注意点
  • 5.参加者は喪中に結婚式の参加をしても良いのか
  • 6.結婚式の参加を断るときのポイント
  • 7.ご祝儀の渡し方

1.喪中に結婚式を挙げても良いの?

喪中に結婚式を挙げても良いのかについては、さまざまな考え方があります。そのため、良いか悪いかを一概に断言するのが困難です。

喪中とは?

喪中とは親族が亡くなったときその人の死を悼み、華やかな行動は慎んで過ごす期間です。一般的には、2親等までの親族が亡くなった場合に喪に服するとされています。喪中の期間は、お祝いを意味するお正月や七五三などの行事は行いません。

忌中(きちゅう)とは?

喪中とよく比較される言葉に、「忌中」というものがあります。忌中とは、喪中期間の範囲に含まれます。仏式では故人が亡くなってから四十九日、神式では五十日祭までの期間のことです。忌中の期間は故人を偲び、身を慎んで過ごします。昔は外出することさえ避けて故人の死を悼み、身を慎んで過ごしていました。

喪中と結婚式に関する考え方

喪中は「お祝いごとを慎むべき」とされているため、お祝いごとの代表である結婚式は控えるべきといえます。しかし、結婚式に関しては、以下のようなさまざまな意見があります。

  • 一周忌が過ぎるまで延期すべき
  • 喪中期間が過ぎるまで延期すべき
  • 忌中を過ぎていたら行う
  • 喪中に関係なく行う

喪中にお祝いごとを避けるべき理由は、人が亡くなると邪気が集まっているため、お祝いごとを行うと悪いことを呼び込んでしまうことになるからだといわれています。特に年配の方は気にする場合が多く、注意が必要です。喪中と結婚式に関する考え方はさまざまありますが、両家でよく話し合って行うかどうかを決めてください。

結婚式を延期したほうが良い場合

明らかに、喪中の結婚式を延期したほうが良い場合もあります。例えば、パートナーが心神喪失状態にある場合です。悲しみの中にあり、とても結婚式をするような気分になれない場合には、延期したほうが良いでしょう。また、親族の中には、喪中に結婚式を挙げることを好ましく思わない方がいるかもしれません。結婚式は新郎新婦だけのものでなく、両家にとって大切なお祝いごとです。両家のどちらかの親戚や両家双方が反対している場合には、延期しましょう。

結婚式を延期する期間の目安

結婚式を延期する場合は、再度日程を調整しなければなりません。喪中を過ぎた1年後や一周忌が過ぎるまで延期するケースが多く、喪中の期間は、亡くなった人との関係性によって異なります。

  • 配偶者・父母:13ヶ月
  • 子供:3~12ヶ月
  • 兄弟姉妹:3~6ヶ月
  • 祖父母:3~6ヶ月

宗教や地域によって異なりますので、確認すると良いでしょう。

2.結婚式を延期するときの注意

結婚式を延期することが決まったら、やらなければならないことがいくつかあります。すでに式場の予約をしている場合は、キャンセルや延期をしなければなりません。結婚式を延期するときの注意点をご紹介します。

日程変更料を実費で支払う

すでに式場の予約をしている場合は、日程の変更やキャンセルをしなければなりません。その場合は、日程変更料を実費で支払う必要があります。
日程変更料は、結婚式の日程が近くなるほど高くなります。式場によって異なるので確認してください。日程変更料は、相手側と折半できません。一方的な都合で延期にすることになるため、全額負担するようにしてください。

結婚式総合保険とは、何かしらの理由による挙式などの延期をはじめ、挙式当日での機器や衣装の破損や出席者の救急搬送など、不測の事態が起こった際に補償を受けられる保険です。補償内容は保険によって異なりますが、結婚式の前に加入しておくことでトラブルにかかった金額を補償してくれます。挙式をキャンセルした場合、結婚式をやり直すことも可能です。

また、ホテル椿山荘東京のブライダルフェアは、結婚を考えている方のご要望を叶えるためにウエディング相談会を開いています。結婚式会場の選び方や日取りの決め方など、結婚式のことでご不明点がございましたら、ホテル椿山荘東京にご相談ください。

結婚式に関するお悩みやご要望、ホテル椿山荘東京が解決します

ゲストへの連絡

結婚式の延期が決まったら、できるだけ早くゲストへ連絡をしてください。招待状を発送済みであった場合には、手紙で知らせるのが良いでしょう。結婚式の中止または延期を知らせる手紙には、予定どおり行えないことへのお詫びの文章を添えてください。挙式予定日が近い場合には、電話やメール、LINEで知らせても問題ありません。ゲストが有給休暇の申請をしている場合には、変更や取り消しを行わなければならないため、早めに連絡してください。美容院、交通機関や宿泊の手配が済んでいる可能性もあります。変更や取り消しにともない料金が発生する場合には、費用はできる限り負担しましょう。

なお、結婚式を延期した場合、日程の再調整が難しいケースもあります。人気が高い式場を予約していた場合は、式場の空き待ちまで半年から1年ほど待たなければならないこともあり、希望した日に結婚式を行うのは難しいということを頭に置いておきましょう。

3.結婚式の延期を知らせる手順

結婚式の延期が決定したら、順序良く関係各所への連絡を行いましょう。

結婚式を延期する旨を式場へ連絡

式場の予約をしている場合には、できるだけ早く担当者に連絡してください。

手配しているアイテムの延期

宿泊の予約をしているホテルや、ドレスのレンタルや外部のネイルサロンなどへの連絡も忘れないようにしてください。

ゲストへ結婚式を延期することを連絡

ゲストへの連絡は、とりいそぎ電話やメールで知らせた場合も、封書で通知します。

4.喪中でも結婚式を開催するときの注意点

喪中期間中に結婚式を行うときの注意点をご紹介します。

親族に理解を求める

喪中期間に結婚式の開催を決定する前に、両家のみんなで話合いをしましょう。年長者の中には、喪中期間に結婚式を挙げることを好ましく思わない人もいます。誰か1人でも反対する人がいたら、理解を求められるように何度も話合いをして納得してもらうことが大切です。

参列者に開催の連絡をする

参列者の中には、身内に不幸があったことを知っている人がいるでしょう。結婚式を予定どおり行うかどうか心配している人もいます。「故人の希望もあり、予定どおり行います」などと伝えると、安心します。不幸を知らない人には、わざわざ事前に伝える必要はありません。

式中にスピーチで説明する

喪中期間に結婚式を挙げる理由について、式の中で軽くスピーチで説明し、参列者に理解を求めてください。「故人の希望で予定どおり結婚式を挙げることとなりました」などと、説明すると良いでしょう。披露宴では、故人の席を用意して、お料理も参加者と同じように出すと、一緒にお祝いしてくれている空気に包まれ、故人を偲ぶ気持ちが伝わるでしょう。

喪中期間であることを忘れない

喪中期間に結婚式を行う場合は、故人を偲ぶ気持ちを忘れてはいけません。喪中期間はお祝いごとを避けるべきという中で、周りの協力や理解によって結婚式ができるということを意識しましょう。感謝の気持ちを忘れずに。

キリスト教式で行う

キリスト教では、人が亡くなることを「天に召される」として穢れという考え方はありません。そのため、喪中の概念はありません。身内が亡くなっても、結婚式を行うことは問題ありません。

5.参加者は喪中に結婚式の参加をしても良いのか

基本的に、結婚式の出席を控えるのがマナーです。近年では四十九日後であれば、結婚式の参加は問題ないとする意見が多くなっています。心理状態的に出席できる余裕があれば、出席しても良いでしょう。ただし結婚式に参加する前には、主催者側への配慮も必要です。自分が喪中であることを伝えたうえでご参加ください。

6.結婚式の参加を断るときのポイント

喪中期間であるため、結婚式の参加を断らなければならないという状況になることがあります。結婚式はお祝いごとなので、断るときにはポイントを押さえる必要があります。結婚式の参加を断るときのポイントをご紹介します。

理由が喪中であるということは伏せる

結婚式を欠席する理由が喪中であった場合、理由は伏せるのがマナーとされています。結婚式というおめでたい席で、不幸があったということを幸せな2人に知らせることは避けましょう。理由を聞かれた場合は「やむを得ない事情」とだけ、伝えてください。良識のある人であれば、それだけで察してくれます。万が一、伝わらなかった場合は「身内に不幸がありまして」とだけ伝えて、詳しい理由については、結婚式が終わってしばらく経ってから伝えるようにしましょう。

出席の返事をした後でも断って良い

結婚式に出席するという連絡をした後に、身内に不幸があるということもあり得ます。主催者側が出席を望んでくれたとしても、気持ちの整理がつかない場合にはお断りしましょう。一度出席をするとの連絡をしていても、喪中になったことを理由に欠席してもマナー違反にはなりません。ただし、できるだけ早く連絡をするようにしてください。

7.ご祝儀の渡し方

喪中が理由で結婚式を欠席する場合、ご祝儀はいつ渡したら良いのでしょうか?ご祝儀の金額はどれくらい包むべきなのか迷う方もいらっしゃるでしょう。喪中が理由で結婚式に欠席した場合のご祝儀についてご紹介します。

ご祝儀を渡す時期

ご祝儀は、忌明け後に渡すことが一般的です。欠席の連絡をするときに、ご祝儀が遅くなることを伝えてください。ご祝儀は直接会って渡すことが望ましいのですが、難しい場合には現金書留で送ってもマナー違反にはなりません。

ご祝儀の金額

ご祝儀の金額は、欠席の連絡をしたのがいつかによって異なります。結婚式に出席する場合に3万円を包むと仮定した場合の金額をご紹介します。
結婚式の出席を打診された時点で欠席を伝えた場合のご祝儀の金額は1万円です。事前に打診されるということは、相手とはごく親しい関係であるということでしょう。ご祝儀の他に贈り物をするのも良いでしょう。

招待状が届いて欠席の連絡をした場合のご祝儀の金額も1万円です。結婚式を挙げる人が職場関係の人であった場合は、当日祝電を送ると良いでしょう。招待状には「出席」で返事をしたのに、欠席をすることになった場合には、ご祝儀の金額は1万円もしくは3万円です。もし、結婚式直前の急な欠席となる場合は、出席した場合と同じ金額を包むほうが良いでしょう。

結婚式が決まってから喪中になってしまった場合、結婚式を挙げるべきか?延期や中止にすべきかを解説しました。

新郎新婦を中心に両家でよく相談をして、状況に合わせて決めてください。例えば、故人から「万が一のことがあっても結婚式をしてね」と言われているケースもあるでしょう。悲しみの中にあるのに無理に挙げる必要はありませんが、もし心理的に式を挙げられるようであれば、故人の希望を尊重して開催を検討してはいかがでしょうか。
結婚式に参加する予定だったのに喪中になってしまった場合は、まずは主催者に相談して決めるようにしてください。

人気記事ランキング

ハツコエンドウ ウェディングスに聞いてわかった!トレンドを押さえておしゃれなお色直しにする方法
がらりと雰囲気が変わるお色直しは、新郎新婦だけではなくゲストのムードも一気に……
今話題のマイクロウエディングとは?マイクロウエディングのメリットや成功させるコツを解説
近年人気を集めているマイクロウエディングをご存知でしょうか?多くのゲストを招いて行なう……
結婚式クラスターは起こさせない!コロナ禍でも一生の思い出になる式作り
新型コロナウイルスの影響が無視できない昨今。結婚式を挙げるのを戸惑ってしまうカップルは多いでしょう。そこで今回は、3密やクラスター発生を回避しながら感動的な結婚式を挙げるための方法を紹介します。