二人のための結婚準備応援 For Wedding.

ご結婚を間近に控えたお二人とご家族の皆さまのために。

結婚式の水先案内人!何でも相談できるウエディングプランナー

結婚式は一生に一度の大イベント。
当然、準備も未経験のことばかりです。やるべきことが多すぎて、混乱してしまう新郎新婦も少なくありません。
そんなとき、頼りになるのがウエディングプランナーです。
ウエディングプランナーは、結婚式のプロデューサー。
その豊富な経験から、おふたりの結婚式を大成功に導いてくれます。
ウエディングプランナーとはどんな仕事なのか、どんなアドバイスや提案をしてくれるのかを紹介します。

ウエディングプランナーとは?

ウエディングプランナーは、いわば結婚式のプロデューサー的な存在です。
場合によっては、「 ブライダルコーディネーター 」や「 ウエディングプロデューサー 」などとも呼ばれますが、基本的にはまったく同じものです。
一生に一度の結婚式は、新郎新婦にとって当然ながら初めての経験です。何から何まで、分からないことばかりと言っても過言ではありません。
ウエディングプランナーは、そんな新郎新婦を全面的にサポートし、誰もが満足できる素晴らしい結婚式を作り上げていく、縁の下の力持ちなのです。

ウエディングプランナーに相談するメリット

ウエディングプランナーに結婚式の相談をする最大のメリットは、今まで何組もの結婚式を成功させてきた豊富な経験から、具体的な提案をしてくれることです。
例えば、一生に一度の結婚式では「 あれもしたい、これもしたい 」と思いばかりが膨らみやすいもの。
しかし、準備期間や予算などから思うようにいかないケースも少なくありません。
また、スケジューリングやそれにともなうさまざまな準備もあります。「 一体、何から手をつけていいの? 」と頭を抱えてしまうこともあるでしょう。
そんなときは、ふたりで悩むよりも、ウエディングプランナーに相談しましょう。
ポイントをひとつひとつ整理し、希望される条件の中で、最高の結婚式を作り上げるお手伝いをしてくれます。
また、ウエディングプランナーの豊富な経験から、おふたりの中では思い浮かばなかった新しいプランを提示してくれる場合もあります。

信頼されるウエディングプランナーとは?

結婚するおふたりにとって、結婚式は一生の記憶となり、けじめになります。
ご両親や親しい方への感謝や祝福、ときに涙と、温かな感情が溢れてくる場となります。
そんな結婚式を実現し、「 結婚式をしたい 」というおふたりの思いをかなえるため、最初から結婚式場の都合を押し付けることなく、前向きに準備に取り掛かってくれるウエディングプランナーを選びましょう。
また、ウエディングプランナーも人間です。スキルや能力にかかわらず、人間同士の相性も重要なポイントといえます。
相談を重ねるなかで「 この人なら安心して、私たちの結婚式を任せられる! 」と信頼関係を結ぶことができるウエディングプランナーを選びましょう。
結婚式に関して安心して任せられる相談相手が、信頼できるウエディングプランナーの証です。

まずはブライダルサロンに行こう!

良い結婚式場には、かならず有能なウエディングプランナーが在籍しているものです。
結婚式場に常設されているブライダルサロンでは、専任のウエディングプランナーが、会場見学はもちろん、費用の見積もり、日程などの相談にのってくれます。
このとき、対応するウエディングプランナーの印象で、結婚式場そのものの印象が決まると言っても過言ではありません。
結婚式場の施設やサービスはもちろんですが、ウエディングプランナーとの『 出会い 』も結婚式場を決定する重要な要素といえます。
なお、ブライダルサロンは平日の夜でも足を運ぶことができます。

ブライダルフェアやウエディング相談会で、結婚式を擬似体験!

結婚式場では、さまざまな「 ブライダルフェア 」を開催しております。
ブライダルフェアは日によってテーマがあり、挙式・披露宴会場の見学はもちろん、シェフ自慢の料理の試食、テーブルコーディネート見学、
和婚の和装試着など、さまざまなテーマで行われています。
実際に見て回って説明してくれるので、サロンでの説明よりもはるかにイメージをつかみやすいというメリットがあります。
わからないことや不安なことは、その場で気軽にウエディングプランナーに相談できます。

また仕事帰りに立ち寄れる平日のウエディング相談会を開催している結婚式場もあります。
平日なので、ゆったりと館内やガーデン( 庭園 )などの施設を隅々まで案内してくれるのが、平日ウエディング相談会の魅力。

格式あるチャペル、おごそかな神殿、そして本番さながらにコーディネートされたバンケット。大人数の挙式から少人数の挙式など
さまざまな挙式スタイルをじっくりと見て回りながら検討できます。
もちろん、このときもウエディングプランナーが帯同してくれます。

ウエディングプランナーがお手伝いできること

ウエディングプランナーは、結婚式場の初めての見学から、新郎新婦のおふたりと
打合せを重ねる中で、結婚式を具体化していきます。

( 1 )提案
ブライダルサロンやブライダルフェアに参加された結婚を希望されるおふたりに、
どのような結婚式を希望されているのかヒアリングし、大まかな提案を行います。
そのとき、以下の要素を考慮し、プランニングします。
*希望される結婚式のスタイル
チャペル式、神殿式、人前式、ガーデンウエディング、1.5次会、
フォトウエディングなど、どんな結婚式を希望されるかヒアリングします。
*日程
結婚式の日程は、結婚式場を半年ほど前に決定し、4ヶ月ほど前から具体的な準備に移ることが多いです。
しかし、授かり婚など急遽結婚が決まった場合でも、式場次第では最短で3~4週間で結婚式を挙げることが可能です。
*予算
可能な予算をヒアリングし、その枠で最適なプランを提示します。
*こだわり
結婚式に込められた、おふたりのこだわりをヒアリングします。
それにより、結婚式のスタイルや予算などを調整することになります。
*衣裳・料理などを決定していきます。

( 2 )成約後の打合せと事前準備
結婚式場の成約後、ウエディングプランナーがおふたりの要望を打合せの中でヒアリングしながら、より詳細な結婚式の内容を詰めていきます。
また同時進行で、招待状の送付などの準備も進めます。
*婚約指輪・結婚指輪の購入
結婚式場によっては、提携しているジュエリーショップがあるので、紹介をしてくれるでしょう。
*結納
近年は、簡略化されたり、行われなかったりすることもあるのですが、両家が顔合わせをし共に家族になる重要なセレモニーです。
同時に、結婚式に仲人を立てる場合は、結納のタイミングで仲人を依頼します。
*日程のスケジューリング
当日までの日数を逆算し、具体的なスケジュールを立て、「 この日までに何をしておくか 」を明確にします。
それに沿って、準備が進むことになります。
*招待客リストの作成・招待状送付
結婚式に招待する招待客のリストを作成し、招待状を送付します。
招待する人の基準がわからないなど、判断に困る場合はウエディングプランナーに相談しましょう。
*式の進行準備
おふたりの希望に沿うかたちで、当日の進行をウエディングプランナーから提案します。
当日の式場レイアウトや料理はもちろん、ドレス、BGMなど細部にわたりチェックします。

人気記事ランキング

鮮やかな文様に秘められた、打ち掛けの魅力
結婚式を美しく締めくくる!新郎新婦の手紙&スピーチの秘訣はこれ!
キャンドルを使った ウエディング演出&コーディネート