婚姻届を提出するときに必要な戸籍謄本とは?入手方法や注意点を解説! | 東京の結婚式・結婚式場 ホテル椿山荘東京【公式】

二人のための結婚準備応援 For Wedding.

ご結婚を間近に控えたお二人とご家族の皆さまのために。

婚姻届を提出するときに必要な戸籍謄本とは?入手方法や注意点を解説!

結婚するカップルにとっての大きなイベントともいえるのが婚姻届の提出です。しかし、婚姻届を提出する際にもう1つ必要な書類として「戸籍謄本」があります。

戸籍謄本と聞いてもあまりよく分からないという方は、意外にも多いのではないでしょうか?

ここでは、婚姻届と戸籍謄本の関係をあまり知らない方に向け、戸籍謄本がどんな書類なのか、なぜ婚姻届の提出で必要になるのかなどを分かりやすく解説します。場合によっては、戸籍謄本を用意しないと、婚姻届が受理されない場合もあるため注意しましょう。

目次

  • 1.婚姻届の提出には戸籍謄本が必要?
  • 2.戸籍謄本の入手方法
  • 3.婚姻届の提出に必要な戸籍謄本の期限
  • 4.婚姻届と合わせて提出する戸籍謄本の注意点
  • 5.まとめ

1.婚姻届の提出には戸籍謄本が必要?

婚姻届 戸籍証明等交付申請書

日本で結婚するには、基本的に婚姻届と戸籍謄本が必要です。以下で、戸籍謄本とは何か、なぜ必要なのかについてご紹介します。

◇戸籍謄本とは?
戸籍謄本(こせきとうほん)とは、同じ戸籍全員分の身分事項である氏名や、続柄などが記載された文書です。つまり、戸籍謄本を取得すると、その人の誕生日、どこで生まれたのか、親、独身、既婚といった身分関係が分かります。最近では、戸籍謄本をデータ化して管理するようになり「戸籍全部事項証明書」とも呼ばれています。

戸籍謄本には、

  • 本籍
  • 戸籍の筆頭者氏名

戸籍に記載されている全員の、

  • 氏名
  • 生年月日
  • 父母の氏名と続柄
  • 出生事項
  • 婚姻事項

などが記載されています。

◇婚姻届の提出に戸籍謄本が必要ないケースもある
婚姻届を提出するときに、戸籍謄本が必要なケースと、必要がないケースがあります。まず戸籍謄本が必要ないケースとして、2人の本籍地が同じ市区町村で、その市区町村の役所で婚姻届を提出する場合には必要ありません。戸籍謄本が必要ない理由としては、提出先の役所で2人の戸籍が確認できるためです。

ただし、2人のうちどちらか1人でも本籍地と違う市区町村に婚姻届を提出するケースは、戸籍謄本が必ず必要になるので注意しましょう。

◇戸籍抄本との違いは?
戸籍謄本と間違えやすい書類として、戸籍抄本(こせきしょうほん)があります。戸籍謄本と戸籍抄本の違いは、記載されている情報が全員分か個人分かという点です。

戸籍内の全員分の記録が記載されている戸籍謄本と違い、戸籍抄本は戸籍の内容を一部抜粋した文書です。個人の身分事項を抜粋して証明するものなので「個人事項証明」とも呼ばれています。

婚姻届の提出時は、全ての情報が記載されている戸籍謄本が必要になるので、間違って戸籍抄本を提出しないように注意しましょう。

2.戸籍謄本の入手方法

戸籍謄本 婚姻届

戸籍謄本は、役所の窓口、郵送請求、代理人に依頼して取得することができます。注意点として、都道府県では戸籍管理をおこなっていないため、都道府県庁では戸籍謄本を受け取れません。

一般的な入手場所は、戸籍が管理されている本籍地の市区町村にある役場です。その他に、戸籍謄本の発行請求が可能な場所として、行政サービスセンター、市民センター、各支店でも受け取りができます。また、役所に行く時間がなかったりする場合は、郵送や代理人受け取りも可能となっています。

以下では、戸籍謄本の入手場所や入手方法、必要書類や金額をご紹介します。

◇窓口で入手する場合
窓口で戸籍謄本を入手する場合、必要なものは以下の3点です。

  • 印鑑(認印可)
  • 本人確認書類
    運転免許証・パスポート・マイナンバーカードなど顔写真付きの書類
  • 手数料1通450円

    実際に窓口に行ったら交付申請書をもらい、戸籍筆頭者の氏名、必要枚数を記入すればその場で受け取れます。時間としては窓口の混み具合によって異なりますが、長くても30分程で受け取ることができるでしょう。

    ◇郵送で入手する場合

    郵送で入手する場合、以下の書類を用意して本籍地にある役所に郵送しましょう。

    • 申請書
      各自治体の公式サイトからダウンロードし印刷。必要事項を記入
    • 本人確認および現住所確認書類のコピー
      運転免許証、健康保険証、マイナンバーカードのコピー※現住所が記載されていない場合は、公共料金の領収書のコピーを同封
    • 手数料1通450円
      ※現金ではなく、郵便局で定額小為替に換えて同封
    • 返信用封筒
      戸籍謄本を送ってもらうための返信用封筒です。
      ※住所、氏名を記入し、切手も貼り付けておく

    ◇代理人が入手する場合
    代理人が戸籍謄本を入手する場合は、委任状が必要となることもあるので注意してください。

    以下の方は委任状なしで申請できます。

    • 配偶者
    • 直系親族の親
    • 直系親族の子
    • 同じ戸籍に記載の未婚の兄弟

    その他の方は委任状が必要なので用意しましょう。代理申請時に必要なものは以下のとおりです。

    • 委任状
      本人が署名、捺印したもの
    • 確認書類
      代理人の本人のもの
    • 印鑑
      代理人のもの
    • 本人確認書類のコピー
      委任した本人のもの
    • 手数料1通450円

    戸籍謄本を入手したら、婚姻届の届出、手続きを行います。婚姻届の詳しい手続きの方法については、以下のページをご確認ください。

    https://hotel-chinzanso-tokyo.jp/wedding/for-wedding-sub/prepare/life_step/life_step_c2/

     

    3.婚姻届の提出に必要な戸籍謄本の期限

     

    基本的に戸籍謄本は婚姻届と同時に提出する必要があります。しかし、入手し忘れていた場合や、婚姻届の提出日に取得が間に合わなかったなどの事情がある場合には、後日でも提出が可能です。以下では、戸籍謄本の有効期限や提出期限をご紹介します。

    ◇戸籍謄本に有効期限はある?
    戸籍謄本に有効期限はないので焦る必要はありません。しかし、家族関係は時間が経つと変化するものであり、数年前の戸籍謄本では記載内容に変更がある場合も考えられます。状況が変化しているのであれば、再度取得し直してから提出しましょう。

    ◇戸籍謄本の提出期限はある?
    事情があり、婚姻届と戸籍謄本が同時に提出できない場合は、後日提出も認められています。後日提出に期限はありませんが、なるべく早めに提出しましょう。

    戸籍謄本がなくても婚姻届は提出すれば受理されることもありますが、役所によって対応は変わる場合もあるので、事前に役所へ確認すると良いでしょう。

    4.婚姻届と合わせて提出する戸籍謄本の注意点

    戸籍抄本 婚姻届

    婚姻届を提出する際、気を付けないと戸籍謄本の再申請など2度手間になることがあります。以下では戸籍謄本を取得する際の注意点をご紹介します。

    ◇戸籍抄本と間違えないようにする!
    「戸籍謄本」と「戸籍抄本」を間違えてしまう方が多くいます。名称も似ているので気を付けましょう。「戸籍謄本」は戸籍に載っている全員分の情報が記載されている書類になり、「戸籍抄本」は戸籍に載っている人のうち、1人の情報が記載されている書類です。

    市区町村によっては戸籍抄本でも受理してくれる場所もあります。見分け方としては婚姻届と同時に提出する必要書類として、「戸籍謄(抄)本」などと書かれている場合は、戸籍謄本、戸籍抄本どちらでも問題ありません。もし不安な方は、書類申請前に役所へ連絡してみると良いでしょ

    ◇郵送で取り寄せる場合はスケジュールに余裕をもっておく本籍地の市区町村が遠方の場合、郵送で戸籍謄本を取り寄せられます。しかし、注意点として窓口で受け取るよりも時間がかかります。自治体によって異なりますが、届くまでに12週間かかることもあるので、婚姻届と同時に提出するためには1ヵ月ほど早めに請求すると良いでしょう。

    5.まとめ

    婚姻届を提出する際には、基本的に戸籍謄本が必要になりますが、2人の本籍地が同じ市区町村で、その市区町村の役所で婚姻届を提出する場合には必要ありません。

    婚姻届を無事に提出できた後は、結婚式になります。結婚式の予定をこれから決めようと考えていた方は、世界中のVIPに愛される、ラグジュアリーホテル「ホテル椿山荘東京」で大事な時間を過ごしてみるのはいかがでしょうか?

    高級感のある内装やゲストルーム、幻想的な庭園が魅力的なホテル椿山荘東京では、素敵な結婚式を全力で提供させていただきます。式場選びに悩んでいる方は、ぜひご検討ください。

    人気記事ランキング

    前撮りには指輪を用意しておくべき?写真撮影時におすすめのポーズや注意点をご紹介!
    結婚式の前撮りは白無垢で!白無垢の選び方やおしゃれな着こなし方を解説
    最適な入籍日の決め方マニュアル!2020年で縁起が良い日を紹介