ホテル椿山荘東京70周年 | 東京のホテルならホテル椿山荘東京。
これからも東京のオアシスであり続けられるよう努めてまいります 70周年 これからも東京のオアシスであり続けられるよう努めてまいります 70周年
70周年 70周年
70周年 70周年
70周年 70周年
70周年 70周年

想い OUR THOUGHTS

2022年11月11日、
ホテル椿山荘東京は、
1952年の開業からおかげさまで
70周年を迎えます。

開業以来、“東京のオアシス”として
皆さまと歩んできた私たちは、
次の70年も時代に求められる
オアシスであり続けます。

Anniversary
Movie

ホテル椿山荘東京の 七季 SEVEN SEASONS

椿、桜、新緑、蛍、涼夏、秋、冬。
七つの季節、いつ来ても、いい景色がある。

そんな癒しと絶景に出会える場を、
これからも目指してまいります。
七季折々に異なる風情を魅せる庭園へ
是非お出掛けいただき、
どうぞやさしい時間をお過ごしくださいませ。

季節1 椿 - Tsubaki -

南北朝時代には既に椿が自生する景勝地で、「つばきやま」と呼ばれていたという記載があるように椿が美しいことから「椿山荘庭園」に。自然の椿約100種2300本と、空間演出によってアートとしてお楽しみいただける椿をご堪能いただけます。

季節2 - Sakura -

2月初旬から咲き始める河津さくらなどの早咲きの桜から、枝垂れ桜など4月中旬まで庭園を彩る約20種100本の桜。
うす桜色の「東京雲海」と、昼も夜も春色の庭園でお迎えします。
また、神田川沿いの約2kmに渡るソメイヨシノも絶景です。

季節3 新緑 - Shinryoku -

若草色が煌めく新緑の季節には、庭園のすべての植物が息を吹き返すように芽吹き始めます。
紫陽花やかきつばた、つつじなど春の花のほか、夜には三重塔の裏手の椿の群生林エリアに幻想的な竹籠灯りが灯ります。

季節4 - Hotaru -

初夏の風物詩として、約70年に渡りお客様にお楽しみいただいている「蛍」。
蛍の出現エリア、東京雲海の出現エリア、そして竹籠灯りの灯るエリアと庭園全体の散策が心地よい季節です。

季節5 涼夏深緑 - Ryoka / Shinryoku -

目白通り沿いのアスファルトと、椿山荘庭園内の木陰とでは、約10~15度も気温差があり、木陰の多い庭園内は都会の避暑地としてお過ごしいだけます。通常期より20%増量した東京雲海「涼雲海」や聴覚でも涼を感じられる風鈴の演出も登場します。

季節6 - Aki -

東京の紅葉は少し遅めで全体が色づくのは11月下旬からですが、木々が徐々に赤みを帯びていく様もまた美しいです。
自然由来の香りをお楽しみいただける「香る、東京雲海」も外が心地よいこの季節のお楽しみです。

季節7 - Fuyu -

11月中旬頃からが見頃といわれるオーロラが、東京の夜空にも出現します。
ホリデーシーズンの新たな楽しみ方も加わり、クリスマスのライトアップとともに華やかな季節をお過ごしいただけます。

椿

新緑

涼夏深緑

特別プラン SPECIAL PLANS

本年から2023年11月10日までを
開業70周年記念期間とし、
記念プランの発売や
記念イベントの開催など
さまざまな活動を行ってまいります。

開業70周年YEAR! 70組様ご宿泊ご招待キャンペーン
開業70周年YEAR! 思い出エピソード募集
記念植樹式 参加者募集
”目白の森”芸術祭

Finish

“目白の森”芸術祭 オーケストラ・ガラコンサート
“目白の森”芸術 クリスマスファミリーコンサートビュッフェ

ホテル椿山荘東京のSDGs SDGs

「ずっと、ずっと、オアシス」

ホテル椿山荘東京は、
自然や史跡、文化、日本のおもてなしの心を
受け継ぎ、皆様をお迎えしているホテルです。
「いつの時代も、その時代が
必要とするオアシスであり続けること」が
私たちの使命であり、
豊かな緑と、水に恵まれ、
人も生物も自分らしく生き生きと
生きられる未来を願っています。
持続可能な開発目標(SDGs)の
指針に沿った企業活動を通して、
従業員もお客様も一組に取り組むことにより
持続可能な世界の実現を目指しています。