【NEWS】3/15(水) ホテル内に鰻専門店 奈良菊水楼「うな菊」が新規オープン! | 東京のホテルならホテル椿山荘東京。【公式サイト】

ホテルからのお知らせ

2023.01.16
  • ご宿泊
  • レストラン
  • ご宴会・会議
  • イベント
  • アクティビティ
  • ウエディング
  • スパ
  • ホテル
  • ショップ
  • お知らせ

【NEWS】3/15(水) ホテル内に鰻専門店 奈良菊水楼「うな菊」が新規オープン!

2023年3月15日(水)、ホテル椿山荘東京 庭園内に、創業130余年の老舗料亭の鰻専門店「奈良菊水楼 うな菊」が東京に初出店いたします。歴史が紡ぐ味わいをどうぞご堪能くださいませ。 (English follows)

 

 ●2月27日(月)~  THE FUJITA MEMBERS会員様 ご予約先行受付開始
※事前のTHE FUJITA MEMBERSご入会はこちら(入会費・年会費なし)

 ●3月6日(月)~    一般ご予約受付開始

 


奈良菊水楼「うな菊」ホテル椿山荘東京店 概要
■開業日 :     2023年3月15日(水)
■予約開始日 :   2023年3月6日(月)正午~
■営業時間 :    昼)11:00~L.O. 15:00 夜)17:00~L.O. 21:00
■席数 :      34席
■定休日 :     なし
■場所 :      庭園内(そば処「無茶庵」跡)
■主なメニュー :
・ホテル椿山荘東京オリジナルメニュー うなぎ鉄鍋まぶし(3名様分)   13,200円
・ホテル椿山荘東京オリジナルメニュー うなぎづくしコース 12,100円
・うな重 一尾   5,280円
・あいのせ重    5,455円
・椿御膳 あいのせ(季節の一品・茶碗蒸し付き) 6,490円
・うまき    1,650円   ほか
※消費税込み、サービス料別途

 


詳細はプレスリリースよりご確認くださいませ →

 


◆奈良菊水楼 「うな菊」のご紹介

創業明治24年老舗料亭「菊水楼」の伝統技術 江戸前うなぎ。
かつて大和と呼ばれた奈良は、日本のはじまりとされる地です。日本最古とされる寺社が残り、世界遺産が点在する、まさに類なきロケーションです。万葉集にも数多く詠まれてきたその美しさは、悠久の時を超え今も人々を魅了します。春日大社一の鳥居前に「菊水楼」が誕生したのは、明治24年(1891年)のことです。奈良で国内外からの賓客をお迎えできる場所として多くの貴人、要人に愛されてきました。「ここへ訪れることが名士の証」と謳われる老舗料亭として、季節ごとに最もおいしい食材を厳選し、持ち味を余すところなく引き出す料理で、130余年の歴史を刻んでまいりました。
興福寺興善院跡地に、寺院ゆかりの豪華な部材と希少な宮大工の匠の技で建てられた建物は国の登録有形文化財に指定。創業当初から会席の一部として人気を博していた「鰻」料理。タレも長年継ぎ足しされてきたタレが存在します。2016年に鰻専門店として「うな菊」は誕生いたしました。

東京初出店の老舗の美味にどうぞご期待ください。皆さまのご来店を一同でお待ちいたしております。

 

On March 15th (Wed.) 2023, the first Tokyo location of the historic eel restaurant Nara Kikusuiro Unakiku, which carries a 130-year history, will be opened within the garden of Hotel Chinzanso Tokyo. We hope that guests will look forward to experiencing this traditional cuisine.

Eel Restaurant UNAKIKU
Opening date:      March 15th (Wed.) 2023
Start of reservations:   From March 6th (Mon.) 2023, morning
Opening hours: Lunch:  11:00 a.m. to 3:00 p.m., dinner: 5:00 p.m. to 9:00 p.m.
Capacity: 34
Location:        In the garden
Menu outline:
Hotel Chinzanso Tokyo Original Dish: Eel Tetsunabe-Mabushi 13,200 yen
Hotel Chinzanso Tokyo Original Dish: Eel Luxury Course 12,100 yen
Eel over rice (1 eel) 5,280 yen
2 kinds of eel on rice 5,455 yen
*Prices include tax, but service charge will be collected separately.

 

About Nara Kikusuiro Unakiku

Kikusuiro is a ryotei restaurant founded in 1891, serving traditionally prepared Edomae-unagi eel. Nara, once known as Yamato, is regarded as the starting place of Japanese civilization. Home to the shrine thought to be Japan’s oldest as well as numerous world heritage sites, it is a location like none other. Its beauty, celebrated greatly in historical documents like the Manyoshu, transcends time to delight the people of today. Kikusuiro was founded in front of the Ichi no Torii of Kasuga Taisha in 1891. Nara was host to visiting guests both from Japan and abroad, and adored by nobles and important people. Earning the reputation of a must-visit location for the famous, Kikusuiro made use of carefully selected seasonal ingredients, drawing upon their natural flavors to realize a history spanning over 130 years. The Kikusuiro building was built at the former site of the Kofukuji temple Kozenin, and made use of fine building materials for temples and the skills of temple artisans to complete a building that was declared a national registered cultural asset. Since the opening of Kikusuiro, eel had been a popular dish among Kaiseki courses. The unique sauce is also the result of long tradition. From this history, eel restaurant Unakiku was opened in 2016.

We look forward to welcoming guests to the first Tokyo location of this historic restaurant.