庭園の四季の彩り(冬) | 東京のホテルならホテル椿山荘東京。【公式サイト】

庭園の四季の彩り

この森には、日本の季節がすべてある。

寒気に包まれながら凛と咲く梅や椿は、この森を彩る冬の風物詩。雪の降る情景は、水墨画のような趣を醸し出します。

【12月】山茶花 【1月】梅 【2~3月】椿・早咲き桜

冬の花ごよみ

ホテル椿山荘東京の冬の庭園を彩る、主な花々をご紹介します。

12月中旬〜下旬    寒気に包まれながら凛と咲く梅や椿は、この森を彩る冬の風物詩。

  • 山茶花(さざんか)

    花の少ない晩秋から初冬にかけて咲きはじめ、大輪の鮮やかな花を楽しむことができます。

    場所:ほたる沢・弁慶橋付近

  • 姫侘助(ひめわびすけ)

    茶人「笠原侘助」が好んだことから「侘助」と名付けられました。今でも茶花として愛されています。

    場所:無茶庵周辺

1月上旬〜1月下旬    新春の庭園を彩るたくさんの花々。満開の山茶花の横では、蝋梅が咲きはじめています。

  • 蝋梅(ろうばい)

    新芽が出る前につややかな半透明な黄色の花を咲かせます。

    場所:庭園内各所

  • 寒咲赤侘助(かんざきあかわびすけ)

    無茶庵に向かう道の途中に咲いた小さな侘助。まだ蕾が目立つ椿の木々は、深まる寒さと共に次々に開花をはじめています。

    場所:無茶庵周辺

  • 河津桜

    寒空の下、早咲きの河津桜が開花。今日の時点では、5輪ほどの桜が確認できました

    場所:バンケット棟1F付近のウッドデッキ

2月上旬〜2月中旬    庭園内の史跡も雪化粧に包まれ、いつもと違った表情を見せています。

  • 藪椿

    暦の上では、今日から春の始まりです。春の季語でもある椿が次々に開花しています。

    場所:庭園各所

  • 椿

    庭園には、なんと100種2,300本の椿が生息しています。品種によって「大きさ」「色」「開花時期」「咲き方」は様々。次はどの椿が花を咲かせるのでしょうか。

    場所:庭園各所

  • 河津桜

    河津桜が盛んに咲き始めています。~河津桜~早咲き桜の代表格。河津町に原木があることからこの名前が付きました。

    場所:三重塔 周辺

  • 乙女椿(おとめつばき)

    その名の通り、愛らしい姿の椿。花言葉は「理想の愛」「完璧な魅力」。ふんわりと重なるピンク色の花びらは、まるでハートのようにも見えますね。

    場所:杜乃宮 周辺

  • 園内20種類。2月中旬から4月上旬にかけて楽しめる。

    場所:庭園各所

  • 早春、甘い香りを保ちながら、冬枯れの枝に小さな花を咲かせます。

    場所:庭園各所

2月下旬    庭園内の史跡も雪化粧に包まれ、いつもと違った表情を見せています。

  • 白妙(しろたえ)

    紅、ピンク色に続き、純白の椿。日に日に色付く庭園をご満喫ください。そして、早咲きの河津桜は、ほぼ満開を迎えています。

    場所:椿山

  • ミッドナイト・セレナーデ

    椿といえば「和」のイメージを連想しますが、海外にもたくさんの品種があります。そば処「無茶庵」付近の「椿山」にもアメリカやヨーロッパが原産の椿がたくさん植えられています。

    場所:椿山

  • 紅乙女椿

    鑑賞する角度によって、様々な表情を見せます。正面から、横から、裏から、是非じっくりとご覧ください。

    場所:チャペル「ヴァンヴェール」付近

ホテル椿山荘東京の春夏秋冬